最初のページ更新履歴当サイトのご案内です駅弁をお探しの方はこちらへ掲示板です
駅弁に関する話題駅弁についての読み物ですリンク集ですご意見・お問い合わせはこちらへ


           掲示板です   

2004年4月の記事  最新の記事  2004年6・7月の記事

●駅弁掲示板 2004年5月の記事
--------------------------------------------------------------------------------
花善さんへのご意見掲示板について 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月27日(木)14時55分57秒

皆様こんにちは。
現在、期間限定で開設している「花善さんへのご意見掲示板」ですが、この
一ヶ月余り、花善さんがなかなか対応出来ない状況にあり、私も新規の書き
込みなどを控えていたため、開店休業状態になっており大変失礼致しました。
ようやく対応が出来る状況になりましたので、改めてご案内申し上げます。
再度皆様からのご意見、ご要望など、お寄せいただければ幸いに思います。
http://6716.teacup.com/torimeshi/bbs
--------------------------------------------------------------------------------
「駅弁コラム」など更新しました 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月25日(火)01時36分56秒

皆様こんばんは。
週末は地味な整理作業に没頭していたので、あまり大きな更新は出来ませんでしたが、
「駅弁コラム」に新たに「実態の無い駅弁」を掲載しました。
GWに北海道へ行った際、現地での販売実態が無かった静内駅弁について、私なりの考えを
まとめてみました。
以前のコラムと主旨が重複する部分もあり、改めて書くべきか思案したのですが、やはり
何らかの形で書き留めておくべき問題だと思い、掲載することとしました。
ご意見・ご感想などいただければ幸いに思います。

>駅弁のあら竹 ぴーちゃん:
テレビ放送の情報ご提供、ありがとうございます。
ローカル番組はこちらで見られないのが残念ですが、いつも詳細なレポートが掲載される
ので、何となく見たような気分すらしています。(^-^)
今回はいつものエプロン姿ではなくて、少しおめかしモード(?)でしたね。

>倒壊ていおーさん:
Ekiben Bookを入手のご報告ありがとうございます。私はようやく請求を済ませたところ
です。(^^;
売り切れご免は駅弁の宿命ではありますが、今回の対象駅弁は各駅の主力商品またはイチ
押しの商品が多いので、比較的売り切れで泣きを見ることは少ないような気がします。
それでも、確実な入手にはやはり「予約」が無難ですね。

三文字の駅名というと、老朽通勤電車に二時間揺られないとたどり着けない○○○駅か、
対象駅弁が季節限定な上に予約扱いの●●●駅あたりで苦労しそうな感じがしています。
--------------------------------------------------------------------------------
Ekiben Bookを手に入れました 投稿者:倒壊ていおー  投稿日: 5月22日(土)20時37分58秒

 遅ればせながら、駅弁の達人(Ekiben Book)を手に入れました。
 買いに行ったのはいいけど、すでに売り切れパターンが考えられますね。
 個人的には、どの方面が攻略しにくいか考えていましたが、方向よりは季節限定のものでしょうか。
 特定の駅名では、○○○駅が結構難しいかも。
 私だけでなく、大半の人がそう思っているのではないでしょうか。
 とりあえず私は、攻略プランの作成に力を注ぐ日々です。
--------------------------------------------------------------------------------
クイズに挑戦〜♪ 投稿者:駅弁のあら竹 ぴーちゃん  投稿日: 5月21日(金)11時56分21秒

のーむさん、こんんちは〜♪

↓のパズル本なかなか面白いですよねぇ。
のーむさんのような上級者の方には高水準な問題に手応えあり、ぴーちゃんのような初心者にはトライするだけで、知識がつきます〜〜~~*
難易度1,2,3と分かれてますので、みなさんも レッツ トライ!!!

『駅弁案内処』というクレジットもしっかり拝見しました〜♪

のーむさんの番外クイズにも挑戦のぴーちゃんよ。
あとからメールしますね~~*

ところで、テレビ放送のご案内です。
関東は流れないので残念ですが、地元三重・愛知・岐阜・静岡まででしょうか〜?
番組は5月23日午前9:30分〜 東海テレビ「てれび博物館 それってホント!?」です。
若手講談師の神田山陽さんが、松阪駅で爆笑トークを連発です。
詳しくは、「ぴーちゃんの予告レポート」をご笑覧くださいませ〜♪

http://www.ekiben-aratake.com/tvannai/tvhakubutukan.htm

http://www.ekiben-aratake.com
--------------------------------------------------------------------------------
日本縦断JR鉄道パズル 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月18日(火)22時13分21秒

皆様こんばんは。
既に↓下でぴーちゃんからご紹介がありましたが、昨日発売された「日本縦断JR鉄道パズル
(オレンジページムック・650円)」に、駅弁を題材にしたパズルが掲載されています。
オレンジページ公式サイト「オレンジ書店」↓
http://www.orangepage.net/Books/life/hobby/puzzle.html

駅弁のパズル自体は、ここの常連さんであればすぐにお分かりになるようなものですが、
これ以外にも、鉄道を題材にした各種のパズルが多数掲載されており、なかなか楽しめる
内容になっています。
一冊全編「鉄道」を題材にしたパズル本、というのは珍しい気もしますが、パズルを楽しみ
ながら鉄道の知識も身につくという構成は、初心者のみならず、中・上級者でも意外な発見が
あったりして楽しめるかと思います。

実はこの本に、当処として若干のお手伝いをさせていただきました。クレジットに「写真協力」
として当処の名前もこっそり載っていますが、大したことはしていなくて、単にここで使用
している写真を何枚か提供したまでです。(^^;
大部分は駅名標ですが、一枚だけ駅舎の写真が掲載されています。

さて、せっかくの機会なので、ちょっとしたお遊びを考えてみました。
この本に掲載されている、当処提供の写真を探して見て下さい。全部で9枚あります。個別の
写真にはクレジットが入っていないので、各ページにある写真から拾い出して下さい。
一応、ヒントを挙げておきます。
(1)掲載ページは2ページのみです。
(2)駅舎写真が1枚、駅名標が8枚です。
(3)駅弁パズルのページ以外にも掲載があります。
(4)今日(5月18日)の時点で、未公開の駅が3駅含まれています。
(5)どの駅も「駅弁販売駅」です(←当たり前?)

お答えは「駅舎:●●駅、駅名標:×駅、▲▲駅、☆★駅・・・」という形でご記入の上、
お送りいただければと思います。ご応募の時点では、ハンドルネームとメールアドレスのみ
ご記載いただければ結構です。
ご応募はメールにて受付させていただきます。締切は5月31日(月)、当日受信分まで有効と
させていただきます。
賞品は、名乗りの無かった前回のキリ番プレゼントから、北海道で仕入れ来た駅弁関連な
品物を差し上げたいと思います。
なお、正解者多数の場合には抽選とさせていただきます。ご容赦下さい。

本編がパズル尽くしなので、番外編のパズル(?)もお楽しみいただければ、と思います。

>駅弁のあら竹 ぴーちゃん:
早速のご案内ありがとうございます。今回も色々とお世話になりました。
発売前日の日曜日に告知をしようと思っていたのですが、久し振りに集中して更新を進め
たら、そこでエネルギーが尽きてしまいました。(^^;
記念すべき活字媒体初登場となりましたが、駅弁の写真や解説ではなく、駅の写真で登場と
いうのが、駅弁サイトを名乗りながら駅弁の画像がひとつも無い当処らしいところです(笑)。
そろそろ、この奇妙な状態からは抜け出したいところですが、相変わらずのスローペースな
もので・・・。
気長にお付き合いいただければ幸いに思います。
--------------------------------------------------------------------------------
お知らせですぅ♪ 投稿者:駅弁のあら竹 ぴーちゃん  投稿日: 5月18日(火)09時42分41秒

のーむさん、おはようございます!!

掲載記事の更新をご覧いただけてうれしいです。

> これだけまとめて拝見すると、なかなか壮観ですね。
> 広報担当ぴーちゃんの面目躍如、というところでしょうか。

ありがと〜〜♪ございます。
「壮観」とは、とってもうれしいお褒めの言葉〜〜♪♪
でもねぇ、実際のHP作りって、つくずく整理能力が必要と感じる今日この頃(~~;;;猛爆)
家の中をいかに整理整頓して、わかりやすく、いつでも簡単に探し物がわかるようにしておくこと、これって、簡単なようで、難しいですよね・・・。
特に、あとからどんどん追加していくことの方が、やっかい・・・。
のーむさんのご苦労もお察し申し上げます・・・・・(笑)

ところで、編集者の方からお届け済みと思いますが、のーむさんの収集写真が掲載の
「日本縦断鉄道クイズ」(オレンジページ)が、弊社にも送られてきました。
たくさんのご協力を心より感謝いたしますm(_ _)m
弊社のHPにも掲載誌の案内ということで、昨夜アップしました。
車両、駅、路線のクイズがいっぱいで、鉄道ファンにはとても面白いかも〜〜〜〜♪
もちろん、うちの駅弁もクイズの問題になってます。
こちらからご覧くださいませ~~*

http://www.ekiben-aratake.com/sinbunzasikeisai/pazuru.htm
http://www.ekiben-aratake.com
--------------------------------------------------------------------------------
ご来処ありがとうございます 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月17日(月)02時13分21秒

皆様こんばんは。
昨日の更新で、北海道地区の10駅(網走、北見、遠軽、厚岸、厚床、苫小牧、南千歳、留萌、
稚内、小樽駅)の情報を新規に掲載いたしました。
その際、今後の作業性と整理を兼ねて、各ページを階層建てに変更したため、トップページと
この掲示板本体以外のアドレスが全て変更になっております。
もし各ページ(特に掲示板のTOPなど)をBookmarkされている場合には、お手数ですが再度設定を
お願い致します。

また、「駅弁の達人」の対象駅弁について、遅まきながら各駅のページにアイコン付与を開始
致しました。まだ岡山駅のみですが、既掲載駅への付与と合わせて、情報未掲載駅の作業を
少しづつ進めて行きたいと思っています。

>駅弁あら竹 ぴーちゃん:
結局のところ、レンタルモデム交換で金曜日の深夜に復旧しました。
この週末は溜まっていた未掲載駅を、久し振りに二桁の単位で片付けられました。

また、更新情報のご提供ありがとうございます。
これだけまとめて拝見すると、なかなか壮観ですね。広報担当ぴーちゃんの面目躍如、
というところでしょうか。
媒体への登場は他の駅弁屋さんでも決して少なくは無いはずですが、このような形で
記録に残している事例をほとんど見かけないのは残念に思います。
それだけに、このように続けている姿勢と努力に頭が下がる思いです。

>tmrさん:
ご来処ありがとうございます。また、先日は出発前のお忙しいところにお時間をいただき
ありがとうございました。無事にお帰りのようで何よりです。
ご当地の駅弁には、掛紙が無い品が多いのが残念ですが、それでも網走と合わせてまだまだ
未食の多い地区でもありますので、また再訪したいと考えております。
その節はよろしくお願い致します。
お客様から「駅弁」のご相談などありましたら、ぜひご贔屓のほどお願い致します。
--------------------------------------------------------------------------------
無事終了 投稿者:tmr  投稿日: 5月15日(土)23時12分46秒

のーむ様無事全行程終了のご様子、頭が下がります。
私も10日無事帰国しました。高齢の方々で、いろいろありましたが結果オーライでしょう。
ゆっくり時間が取れず恐縮でした。
またの機会を楽しみにしております。北見より!
--------------------------------------------------------------------------------
更新のお知らせ 投稿者:駅弁あら竹 ぴーちゃん  投稿日: 5月14日(金)20時03分8秒

のーむさん、PC復旧なさいましたか??
この間、歯がゆい思いをなさってることと想像しております。
まぁ、これもオメメと頭脳の休養と思し召して、これまでにない余暇を(笑)お楽しみくださいませね。

ところで、春前からたまっておりました、新聞&雑誌の掲載記事をまとめてアップしました。
やれやれ〜〜〜ってカンジ・・・・。
○秘が解消された気分で、爽快です。
(お食事時の方、ごめんなさい~~;;;;)

まずは「必読・雑誌掲載記事」を更新し、一挙、5件もアップしましたのよ〜〜〜^^;;;
(最近、取材が多くて、ついつい溜まってしまいました・・・・あせります)
上から順に5個、「NEW」マークのついたものが新しいです。

http://www.ekiben-aratake.com/sinbunzasikeisai%20bun.htm

「必読・新聞掲載記事」は「モー太郎」グッズの新発売関連記事です。
一番最後の「ローカルみえ」が、「モー太郎」のネーミングのはじまりからグッズの新発売まで、流れがわかりやすくて、詳しいと思います。
そのままで新聞記事本文も読んでいただけるように画像も大きくしました。
でも、その分、少し重くなっております。
お時間かかる方ありましたら、そのあたり、ご容赦くださいませ。

http://www.ekiben-aratake.com/sinbunkiji/sinbun-motarou-goods.htm

なにせ、お弁当と同じでHPも手作りです。
お見苦しい点が多々ありますことは承知ですが、同じことが2度出来ない「アバウトぴーちゃん」をお許しくださいませ〜〜〜~~;;;;

http://www.ekiben-aratake.com
--------------------------------------------------------------------------------
更新情報&お詫び 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月12日(水)23時12分3秒

皆様こんばんは。

昨日ようやく、連休中の調査成果第一弾として、深川・名寄両駅の情報を掲載しました。
その他、長万部・登別・池田・帯広の各駅も写真の追加と情報の修正を行いました。
ご覧いただければ幸いです。

と、そのデータをサーバーに転送した後、突然我が家のADSLモデムが停止してしまい、
復旧まで数日かかる見込みです。
今は別の環境から緊急避難的に接続はしているものの、ページ更新作業や受信メールの
チェックが滞っております。
今週末には復旧出来る予定ですので、その間メール等の対応が遅れる場合があると思い
ますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

>Seiko Trainさん:
ご感想ありがとうございます。
食べて歩くのも楽ではありませんが、移動中に書くのもまた大変・・・などと思っていた
のですが、帰宅してから改めて読み直すと、読まれた皆様も結構大変だったかも・・・と
思ってしまいました。相変わらずな長文にお付き合い頂きありがたく思います。
連休はのんびり、これは一番贅沢な過ごし方のようにも思います。
貧乏性な私は、長い休みはついつい「遠くへ行かねば!」と思ってしまいます。(^^;

>倒壊ていおーさん:
収穫のご報告ありがとうございます。
拝見する限りなかなかハードな日程ですね。往復「日本海」というのが通好みなところ
ですね。
大館のコンビニは、両側から利用可能と記載しておりますが、表現が分かりにくかった
でしょうか。対面販売の売店では両面対応は珍しくありませんが、ウオークインタイプ
の売店で両側利用可能とは珍しい気がします。

盛岡駅は新幹線改札内以外の販売箇所というと、1階の旧みどりの窓口前に「あ文字家」
売店と、ステーションデパート地下1Fに伯養軒の売店があることを、昨年12月の調査
では確認しています。また、品数は少ないですが南北改札外通路にあるウオークイン型
売店でも駅弁の販売はありました。
ご出発前に情報を掲載できていればお役に立てたかも知れませんが、大きい駅は売店の
情報以上にメニューの把握・照合が難しく、なかなか作業が進まずにいます。m(__)m

「駅弁の達人」挑戦されるには有利なお住まいのようですね。多数の新作も登場して、
エリア外から羨ましく眺めています。(^^;
ご挑戦の際にお役に立てるよう、情報の整備を急ぎたいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
連休の収穫駅弁 投稿者:倒壊ていおー  投稿日: 5月12日(水)21時13分21秒

 のーむ様ほどハードなスケジュールではありませんが、私もこの連休を利用して
おでかけしてきたのでご報告します。
 なおルートを簡単に書きますと、岡山→京都→(日本海一号)→秋田→五能線→
大館→花輪線→盛岡→(快速はまゆり)→宮古。
二日目が、宮古→岩泉→茂市→盛岡→角館→鷹ノ巣→男鹿→秋田→(日本海四号)
→京都→岡山です。
 三泊四日うち寝台二泊はなかなかの疲労でした。発車時にゆれすぎです。カップ
のコーヒーこぼれました。ソフトな運転を望みます。

(1)あなごずし つぬがフーズシステム(株) 敦賀駅
(2)鯖街道さばずし    同 上      敦賀駅
(3)鶏めし        花 善      大館駅
(4)かにちらし弁当    魚 元      宮古駅(購入盛岡駅)
(5)いちご弁当      同 上      宮古駅(購入盛岡駅)
(6)前沢牛めし      NRE盛岡    盛岡駅
(7)北の彩        同 上      盛岡駅
(8)瀬戸のしゃこ飯    えのき      播州赤穂駅(購入新幹線車内)

 まずは、日本海一号の敦賀での停車時間を利用して(1)と(2)を購入。
(1)はあなごという感じも、寿司という感じもしないのがなんともいいがたい。可も
なく不可もなく、ちょっと中途半端な味付けかと。
(2)はさばずしにしてはあっさりしていて食べやすい。これまで、このての駅弁の味
付けは濃いものという認識でしたが、あっけなく食べられました。

 朝五時半頃の秋田駅は思ったより人が多い(失礼)。
六時頃から中央改札すぐ外のコンビニにNREさんの駅弁が陳列されましたが、ハ
タハタ酢飯がなかったこともあり、購入をあきらめました。
 その後、ぐるっと五能線をまわって弘前から大館へ。
 大館の駅弁は、改札外のコンビニと書いてありましたが、中からも入ることがで
きました。
 あたたかいのもありますということで、あたたかい(3)を購入。こういう配慮は
ありがたいですね。
 冷たいから味がいまいちに思える駅弁が結構ありますからね。
 ガラガラの花輪線から満車の快速はまゆりを乗り継いで宮古へ。
 はまゆりは、釜石からは五人の乗車でそのまま終点宮古となりました。

 二日目朝、六時過ぎに宮古駅に行くとやはり駅弁は売っていなかったので、おば
ちゃんをせかしながら駅そばをすするはめに。
 
 岩泉線に乗ったら、小雨で線路が滑って押角駅手前でストップ。うなるエンジン、
人が歩くほどの速度、しかもトンネル内での停車。貴重な経験ができました。雪の日
はどうやって走ってるいるんでしょう。

 茂市から快速リアスで盛岡へ。盛岡では(4)〜(7)を購入。
 盛岡駅は新幹線改札内しか駅弁を販売していない様子。
 (4)(5)はうわさに聞いていたとおりの美味しい弁当ですね。
 以前食べたパサパサのうに弁当(どこのかわすれました)に比べると雲泥の差です。
 惜しむは、前日の夜に新鮮なウニとアワビをいただいたので、感動とまではいきま
せんでした。

 銀河鉄道ビールを飲んで良い気分になって、ついでに(6)(7)を購入。
 同行者いわく、牛飯は近江牛の方がうまいとのこと。まあ、冷たい駅弁というのも
しかたがないのでしょう。
 (7)はいわゆる海鮮ちらしの部類。いたってシンプルで及第点です。

 その後、秋田内陸縦貫鉄道、男鹿線を往復し、秋田で一杯飲んだあと、満員の日本
海四号へ乗車。秋田駅では少なく見積もっても百人近くは乗車したみたいです。
 そして、岡山までの帰りの新幹線で(8)を購入。しゃこは三匹と物足りないものの、
味付けご飯が美味しく、また、偶然にも駅弁の達人のシールまでありました。
 こうなると、駅弁の達人に応募して、がんばって集めようという気になってしまいます。
岡山周辺の駅弁多いみたいですね。地の利を生かして集めまくってやろうかな。
--------------------------------------------------------------------------------
お疲れ様でした〜。 投稿者:Seiko Train  投稿日: 5月10日(月)18時47分59秒

のーむ様、皆様、こんばんわ。

のーむ様、すーんごいレポ有難うございます。
5日間でよくぞ…という感じです。。
(私は自宅でゴロゴロしてました〜)
お疲れ様でした。
--------------------------------------------------------------------------------
長い長い帰り道・下(収穫報告13) 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月 6日(木)01時45分46秒

洞爺からは函館へ直行し、余裕が出来た分、函館駅の構内をゆっくり見て歩きました。売店の
位置などは新駅舎開業後から変わっていませんが、みかどさんの品揃えにあまり変化が無い
のに対して、JR北海道系列の「和華」の方にはなかなか魅力的な新作も登場していました。
品切れだったので購入こそしませんでしたが、頑張らないと大変なことになりそうな気がします。

(35)は名前の通り、茶飯の上にうにといくらを盛り付けたもの。良く言えば「直球勝負」な
駅弁ですが、同様の商品は山ほどあるのでもうひと工夫が必要かと思います。容器も小振りな
上に上げ底なので、1,260円という価格も高く感じてしまうのが辛いところ。発泡スチロールの
枠にプラスチック製の底板を貼り付けた、このタイプの容器は各地でよく見かけますが、内側に
段差が出来るので、うにやいくらのように最後にかき集める作業が必要な駅弁には、どうも
向いていない気がします。
ただ、味は決して悪くないので、もう一工夫を期待したいところです。
(36)は長方形のプラ容器を紙箱に入れ、中には鮭と鯖の押寿司が3カンずつ入るもの。安さに
釣られてつい購入しましたが、この価格にしてはまずまずな味。ちょっともう一品、という
ときに丁度良いボリュームです。

函館からは「S白鳥28号」〜「はやて28号」と乗り継ぎ仙台へ。その途中、盛岡での停車時間を
利用して購入したのが(37)。
さすがに五日間魚介類漬けだったので、とにかく肉が食べたくなり、売店にあった中で最初に
目に付いたのがこれ。
白ご飯に牛そぼろと、漬け焼き風なステーキが二枚入るもの。ステーキは柔らかく味もまず
まずかと思いましたが、もう一度食べたい、と思うほどのインパクトはなかったような気が
します。

仙台で降りたのは、はやての指定席が仙台までしか取れなかったためと、先日駅弁デカさん
から聞いていた、新幹線ホーム上売店の変化を調査するため。
確かに、これまでこばやしさん、伯養軒さんの二者が隣り合わせや背中合わせで競合して
いましたが、全て三者共同の売店に変わっていました。

選ぶ側からすると、全ての駅弁を同時に見比べることが出来るので、便利ではあると思い
ますが、二者が良きライバルとして競い合ったあの営業形態が、コンコースの一カ所を除いて
見られなくなるのは寂しい気もします。
最初は仙台でも何か買うつもりでしたが、さすがにこれだけ駅弁を食べて来ているので、
どれを見ても食指が動かず、見送ることに。

今回の遠征で大散財してしまったので、しばらくはおとなしくして、体力と財政状態の回復に
努めたいと思います。
五日間にわたり、長々とした収穫報告にお付き合いいただき、ありがとうございました。

>駅長さん:
ご来処ありがとうございます。
道中でのアドバイス、色々とありがとうございました。
今回は「未調査駅の一掃」というテーマで渡道しましたので、かなり突っ込んだ内容には
なったかと思います。
ただ、それもひとえに駅長さんのサイトで得られた情報がベースにあってのことでして、
それが無ければゼロから始めるとなると、広い北海道だけに、何日あっても足りません。
このような形で地元発信の情報サイトがあると、私のように遠方から行く者としては大変
助かります。改めてお礼申し上げます。

>上ちゃん:
新作情報のご提供ありがとうございます。限定期間が短いので、これから入手出来そう
なのは「港あじ鮨 春バージョン」くらいでしょうか。
遠くはないのですが、いつでも行けると思うところほど、後回しになりますね。
「ホームラン弁当」のおまけですが、せっかくのお楽しみをバラしてはいけないかと思い、
内緒にしておこうと思ったのですが、駅長さんが公開されたようですね。(^^;
ただ、私が貰った物は「蒲鉾」ではなく、お菓子でした。一応「札幌」と名前の付くある
スナック菓子、とだけしておきます。あとはご試食に行かれた際、ファイターズの勝利を
願って・・・。おまけだけにかなりランダムに変化するようですね。
でも、遊び心と愛着心を湧かせる、楽しい企画だと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
長い長い帰り道・上(収穫報告12) 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月 6日(木)01時44分31秒

皆様こんばんは。のーむ@やっと帰京しました、です。
長いような短いような五日間でしたが、色々な方々のお力添えをいただきながら、何とか
全行程を終了することが出来ました。
未取材駅を全て回る計画を立てると、結果的には森を除く全販売駅を回っていることになって
しまい、それに伴って収穫数も、最終日に日持ちするお土産系駅弁を含めて8個を収穫し、
合計37個の大漁となりました。
以下、最終日の報告です。

5月5日(水)
(30)小樽駅 小樽駅構内立売商会「特製おたる御弁当」850円(7:30)
(31)小樽駅 小樽駅構内立売商会「おたるかにめし」850円(8:30)
(32)札幌駅 札幌駅立売商会「桜ますの押寿し」1,000円(お土産)
(33)札幌駅 札幌駅立売商会「北の鮭寿司」1,000円(お土産)
(34)母恋駅 ブロートン99「母恋めし」890円(11:30)
(35)函館駅 みかど「うにいくら弁当」1,260円(16:00)
(36)函館駅 みかど「おし寿司」460円(18:00)
(37)盛岡駅 伯養軒盛岡「前沢牛弁当」1,150円(20:30)

昨晩の「利尻」で稚内から札幌へ移動。自由席もさほど混んでいませんでしたが、喫煙の
指定席は完全に貸切状態で、車掌さんが「寂しくありませんか?」などと心配するほど。
こんな風に聞かれたのも、長い汽車旅歴で初めてのことですが。

それでも「周遊きっぷ」のゾーン券では料金別払いの指定席を選んだのは「利尻/サロベツ」
の指定席には、全ての座席にコンセントが備えられているため。デジカメは予備のバッテリー
があるので二日くらいは大丈夫ですが、この文章を書いているザウルスと携帯が二日非充電に
なると厳しいので、それらの充電と4席独占で寝られるならばとの理由で3,030円を別払いして、
快適な一夜を過ごしました。

札幌からはまず小樽へ移動し、コンコースのコンビニ型キヨスクで駅弁を物色。ほのかに
温かい駅弁を冷蔵ケースで販売するという不思議な状況でしたが、これはいかがなものかと
思いました。商品は駅弁大会でよく見かける「北海手綱」「海の輝き」などを含めて五品が
並んでおり、未食のものを購入しました。

(30)は昔でいうところの中等幕の内でしょうか。市販の汎用箱に掛紙を掛けて、何故かこれ
だけラップに包まれていました。特記するほどのことは無いものの、値段と内容のバランスは
取れており、安心して食べられる品だと思います。
(31)は見た感じは長万部の「かにめし」を思い出させる盛り付け。ほぐし身ながらカニの
風味は結構強く、人によっては臭みと感じるかも知れません。私的には好きな味でした。

快速「エアポート」で空港駅に向かう途中、札幌での10分停車を利用して(32)と(33)を購入。
いずれも賞味期限が翌日までと長いのでお土産用として個数を稼ぐことにしました。
ただ、実際問題としてこのように切り分けが必要な駅弁を車内で食べる(写真を撮る)のは
なかなか骨が折れるので、長めの賞味期限は普通のお客さんにとってもありがたいかも知れ
ません。

新千歳空港駅では三美さんの売店(台売り)は開店前で、今回の収穫は無し。と同時に再度
訪れる必要が出来てしまいました。滅多なことでは飛行機に乗らない罰が当たったのでしょうか。

南千歳は乗り換えで立ち寄るも、初日に苫小牧でも二品を購入しており、今回は後を考えて
見送り。
南千歳から「北斗」で東室蘭、乗り換えて母恋に到着し、ここでは昨夏取り逃がした(34)を、
予約を入れて購入。
いわゆる「公式」な駅弁ではありませんが、ふるさと料理コンクールで一位を取った品との
こと。
ホッキ貝のおにぎり二つをメインに、燻製にした半熟卵や縄文チーズという名のスモーク
チーズなどが入るもの。おにぎりも美味しいですが、燻製半熟卵はなかなかの味わいで、良い
アクセントになっています。体裁はあまり駅弁らしくありませんが、地域性や素材へのこだわりは
感じられます。意外だったのは「ゆうパック」のふるさと小包として、地方発送が可能とのこと。
駅弁というよりは、地域の名物として定着している印象を受けました。

母恋からはそのまま折り返すと、東室蘭での接続が悪くなるので、タクシーで時間を節約する
ことに。鈍行で洞爺へ先行することで調査時間を捻出し、函館着を早めて行程に余裕が出来
ました。
洞爺駅の駅弁売店は普通に開店しており、時間帯も良かったのでしょうが、定番の「かにめし」
「鮭めし」や駅弁大会でよく見る「洞爺のほっきめし」も並んでいました。
その他に「ぶた丼(600円)」なる新作が登場していました。地元産の豚肉を使用し、写真を見る
限り帯広風に仕立てたもの。残念なことに掛紙は「準備中」とのことなので今回は購入しません
でしたが、魚介類が並ぶこのエリアに肉系の駅弁があると、食べ歩く側としてはありがたい
かも知れません。
--------------------------------------------------------------------------------
伊豆地区の新作駅弁 投稿者:上ちゃん  投稿日: 5月 5日(水)18時45分39秒

のーむさん、長旅お疲れ様でした。また、遅まきながら10000アクセスおめでとうございます。日ハム「ホームラン弁当」のおまけがとっても気になっています。

さて、この私は半日単位の休みしかとれず、このGW期間中は地元をふらふらするのが精一杯でした。しかし、結構新作の駅弁もあって刺激的な毎日でした。
私が知る限りの、この春の伊豆地区新作限定駅弁を一挙公開しておきます。

★小田原駅「北條五代祭り」1000円。GW期間中のみ。
★小田原駅・熱海駅「春輪っぱ」850円。季節のお弁当シリーズ。
★熱海駅「元祖でぶやしゅうまいうー弁当」1200円。GW期間中のみ。
★熱海駅「幕の内弁当花」1000円。熱海花博の記念駅弁です。
★三島駅・沼津駅・御殿場駅「港あじ鮨春限定」850円。桜葉を使用。6月末まで。
★修善寺駅「い寿司」1100円。1日10個。「伊豆市」誕生記念駅弁です。
★伊豆急下田駅「開港150周年下田弁当」1000円。9月末まで。
★新富士駅・富士駅「モーニングむすび」500円。4月より販売開始。

「元祖でぶやしゅうまいうー弁当」は松阪駅にも登場した「元祖でぶや」の2人が4月30日にテレビ放映された中で作った弁当を東華軒が再現しました。GW期間中のみですが、もしかすると続投かも。

最後の「モーニングむすび」はまだ食べていません。何やらにぎやかなおむすびなのでしょうか? モーニング娘。のメンバー分の数ではまさかないでしょうが・・・(^_^;)
--------------------------------------------------------------------------------
すみません 投稿者:駅長  投稿日: 5月 5日(水)12時35分15秒

↓下の書き込み、かき込んでから「ギョッ」としました。
投稿者名が偉そうに「駅長様」になっています。
駅長です。 様はいりません。 失礼しました。
--------------------------------------------------------------------------------
長旅お疲れ様でした。 投稿者:駅長様  投稿日: 5月 5日(水)12時32分56秒

のーむさん 長旅お疲れ様でした。
自分の地元ではありながら (とはいえ広い北海道ですから)、
初めて聞く情報がたくさんありました。

サンエイ商事さんの件は大変残念な出来事でしたが、
そのほかいろいろな場所で、駅弁に関する新しい動きがあると
「北海道の駅弁もがんばってる!!」と、感じます。
また夏になったら、自分の足で道内を旅しながら、
いろいろな駅弁を食べてみたいと思いました。
--------------------------------------------------------------------------------
謎解き二題・下(収穫報告11) 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月 5日(水)05時32分53秒

さて、二つ目の謎解きは稚内です。これまで様々な情報が錯綜していて、一体どうなっているのかが不明でしたが、事前に得られた情報を整理してみたいと思います。

・1月10日に公式な調製元であるサンエイ商事の代表者兼立売さんが亡くなられて、自然消滅状態にある(駅弁資料館談話室)。
・営業休止、4月1日より販売再開の予定(THE JR Hokkaido 4月号)。
・4月25日より販売開始予定(道内時刻表5月号)。

これだけ色々な情報が飛び交っていると、下手に電話で事前確認しようとしても、かえって混乱すると思い、あえて今回は出たとこ勝負にしてみました。実はわざわざ別料金を払ってまでバスで幌延に出たのも、「S宗谷4号」の発車前に稚内へ着くためでした。

結局のところ、特急の発車前に現れるかと期待していた立売及びそれに類した駅弁販売は行われませんでした。
駅員氏、キヨスクの売り子さんに聞いても確たる答えが得られず、最後に、これまで特急積込用の弁当を作っていた、ふじ田さんで話を聞き、一応状況が掴めました。
以下、整理すると次のようになります。

・サンエイ商事の方が亡くなったのは事実で、その後自然休止状態だった。
・道内時刻表にあった「さいほくかにめし」「最北駅弁ほたて弁当」はふじ田さんが引き継いで調製するものの、数量限定なので出来るだけ予約してほしい。従来の「かに弁当」は、ほぼいつでも作れる。
・ふじ田さんの営業時間は8時〜19時なので、「S宗谷2号」での積込みは行っていない(?)。

最後の一項は少々疑問が残るのですが、とりあえずこのような状況でした。
ただ、引き継いで調製するという二品も疑問が残るところで、「さいほくかにめし」は従来の「かに弁当」とかぶっている気がしますし、「最北ほたて」は現地非販売の商品だったように思うので、現物を確認するまでは何とも言えないような気もします。
今は過渡期なのかも知れませんが、私が知り得た範囲の情報はこのようなところです。今後訪問される方々の情報によって、本当の意味で実情が明らかになって行くものと思いますので、手掛かりとしていただければ幸いに思います。

今回の購入は従来から特急積込用として以前からあった(29)。購入した時は出来立てホカホカだったのですが、都合によりすっかり冷めてから食べることになってしまいました。(^^;
全体の量は少なめでしたが、カニの身の多さは他の名物駅弁と比べても全く遜色無いもので、味、食感共に満足な出来栄えでした。
--------------------------------------------------------------------------------
謎解き二題・中(収穫報告10) 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月 5日(水)05時20分11秒

(27)も普通の幕の内ですが、値段以上に充実した内容で、お得感の高い品でした。ただ、さすがに「番屋めし」の後では少々見劣りはしました。

深川からの留萌本線はいつ乗っても空いており、主流は高速バスに取って代わられた感があります。何か手を打たないと、本当に存廃論議が起こりそうな気がします。

留萌では予約を入れて(28)を購入。当初は無予約で行くつもりだったのですが、こちらへ来てから入手した「道内時刻表5月号」とJR北海道の広報誌に「要予約」とあったので、それに従い前日に予約しました。
表題にある「謎解き」の一つ目はこの真意を確認することで、華々しく登場したものの、売れなくて予約扱いになってしまったのか、はたまた駅弁大会出品のためだけに実績作りで販売していたのか、などと考えながら留萌駅の待合室にあるそば店へ行きました。
受け取りの際に話を聞いてみると、無予約でも購入は可能とのこと。ただ、無予約分としては一日10個しか入荷しないので、大体お昼前後で売り切れてしまうとのこと。そのために「要予約」という案内をしているとのこと。
話を聞いて納得しましたが、富良野駅弁を復活させたと思ったら、一年足らずで現地販売を撤退した前例があるので、定着することを願いつつも、注視していく必要はありそうに思いました。

肝心な内容ですが、これは十分に満足出来るもの。まず目に入るのは、先程の「番屋めし」の上を行くほど大ぶりな二切れの数の子。これが「ドン」と横たわり、その下に笹の葉を敷き、さらにその下に鰊が三切れ、山菜ご飯という構成。これで890円なら十分にお買い得です。味も洗練された感じで美味しくいただきました。

ひとつ気になったのは「留萌駅弁」との表示はあるのですが、どこにも調製元の情報や賞味期限の表示がなかったこと。単にラベルを貼り忘れただけかも知れませんが、これは困りもの。別に隠す意図があるとは思いたくありませんが、しっくり来ないところです。

留萌からは旧羽幌線の転換バスで、幌延まで延々三時間半の長旅。バス自体は空いていたものの、途中一度も休憩時間が無いので、かなり窮屈な時間を過ごすことに。
幌延からは貸し切り状態の普通列車で稚内へ。
--------------------------------------------------------------------------------
謎解き二題・上(収穫報告9) 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月 5日(水)05時13分39秒

皆様おはようございます。のーむ@「利尻」車中です。
報告自体は書き上げていたのですが、PHS圏内なエリアが途中に無かったので、今朝の投稿になっています。
さすがに四日目ともなると、疲れはピークに達して来て、収穫のペースも落ちて来ます。今日は行程的にも中間での収穫があまり見込めないコースだったこともあって、5個の収穫にとどまりました。

5月4日(火)
(25)札幌駅 札幌駅立売商会「ホームラン弁当」1,000円(9:30)
(26)深川駅 高橋商事「番屋めし」735円(11:00)
(27)深川駅 高橋商事「お楽しみ幕の内」735円(14:00)
(28)留萌駅 旭川駅立売「にしんおやこ」890円(20:00)
(29)稚内駅 ふじ田食堂「かに弁当」1,050円(22:00)

昨晩は酒席があったので、二日酔いに備えて(?)遅めの出発で予定を組みました。結果的には杞憂で終わり、純粋な朝寝坊となりました。(^^;

まずは札幌駅で(25)を購入。前日はファイターズが勝利したとのことで、おまけもついて来ました。昨日の内に売店で入荷時間を確認したところ、9時と15時とのことだったので、朝寝坊もたまには役に立ちます。
当掲示板でもおなじみの駅長さん、上ちゃんがアイディア募集に応募して当選したという、駅弁ファンにとっては嬉しくなる品です。
内容の詳細はご両人のサイトに、詳しい紹介があるので省きますが、正直なところ、最初に募集の告知を見たときにはここまでの品が出来るとは、逆に言えばここまで力を入れて作るとは思わなかった、というのが正直な印象でした。
ところが、売店のポスターや幟を見ても、すっかりホームラン弁当一色という感じで、途中でリニューアルなどはあるでしょうが、息の長い商品になりそうだと思いました。個人的にはハムカツとジンギスカンがお気に入り、というところです。

深川では未食の品を全て購入。まず(26)ですが、どういう計算をしたらこれが735円で出て来るのか、という内容。桶を模した発泡容器にかなり大ぶりな鰊が二切れ、数の子も大きめの物がやはり二切れ入り、好きな人にはたまらないだろうと思うほど。ご飯は山菜炊き込みご飯に、蕗の煮物など。
味わいは深川駅弁のレベルを示すようにどれも満足出来るもので、特に数の子の自然でほのかな苦みは、他では味わえないもの。
ただ逆に、これと(27)が同じ値段というのはどうも不自然で、個人的には1,000円くらい取ってもいいのでは、と思いました。
--------------------------------------------------------------------------------
駅弁案内処的な一日・下(収穫報告8) 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月 4日(火)08時45分38秒

角舘さんと言えば、販売環境の厳しい中で頑張っているという評価が多い反面、掛紙や商品企画にもう一工夫欲しい、という声があるところですが、今回の二品は内容・体裁とも合格点かと思いました。
あとは、量と値段のバランスからすると、もう少し価格が下がれば良いとは思います。
ただ、売店で「パンフレットありますか?」と訊ねたとき、気持ち良い返事と共にすぐにお手製なパンフレットが出て来たことは、同社の「姿勢」を物語っているように思いました。

この後は札幌まで戻って宿泊しました。

本日は、札幌〜深川〜留萌〜稚内の予定です。

>東筑軒 管理人3号さん:
追加のお知らせありがとうございます。
テレビの放送予定は、その時のニュースなどでも変動したりするので、なかなか当人たちも把握しきれていないのかも知れませんね。
放送は見れないので、貴社サイトでのレポートを楽しみにしています。

>Y&Yさん:
久々のご来処ありがとうございます。また、昨晩は大変お世話になりました。
いただいたアドバイス&激励を励みにして、頑張りたいと思います。
一応今回で道内の未調査駅はなくなる予定でいますが、情報の精度を維持するには継続的に調査を続ける必要があるので、また渡道することになると思います。
その節は(また)お世話になります。
--------------------------------------------------------------------------------
駅弁案内処的な一日・中(収穫報告7) 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月 4日(火)08時34分37秒

網走からは一気に旭川まで戻り、その途中予約サービスで(22)を購入。出来立てだったのでその場で食べましたが、蟹のほぐし身は手作業でほぐした様子が窺えるもので、大きさにバラつきはあるものの、それがかえって食感にはプラスに作用しているように感じました。味も蟹の風味がしっかり感じられ、満足な一品です。

「オホーツク」に乗る度、この予約サービスを利用して「かにめし」を食べていますが、上下とも終着まで2〜3時間の距離がある環境は、長万部と並んでこのようなサービスを実施するのに最適なのでしょう。
全国を探せばこのような場所はそれなりにあるはずで、このような形のサービスは広がることを願いたいものです。

旭川は腹具合から今回は見送り。ただ、前からあったのか分かりませんが、駅構内の食堂「サンレスト」に「お弁当」というのぼりが立っていたので覗いてみると、三種類の駅弁風な品が並んでいました。市販の汎用箱に入った「幕の内(850円)」と「鮭わっぱ(940円)」「釜めし(740円)」の三種類で、鮭と釜は共通の掛紙にシールで識別する形。調製元はどこかと手に取ってみると、「旭川駅立売」とありました。通常の駅弁売店には置かれていないので「駅弁」ではないのでしょうが、どういう棲み分けをしているのか、気になる存在です。

旭川から「サロベツ」で名寄へ。しかし「サロベツ」に車販が無い、ということを今回初めて知りました。四時間半も走る列車で車販無しとは驚きですが、知らずに乗ったらひどい目に遭いそうです。
名寄到着が半端な時間なので、予約を入れて二品を購入。

(23)は昨年、名寄駅100周年記念で登場し、好評だったためレギュラー化した商品。購入報告を見ても割合高評価が多いので購入しました。噂のバターライスはなかなかいける味で、これは色々応用が出来そうな気がしました。牡蛎と帆立も大きめの煮付けが載せられて、見た目のインパクトはかなりあります。牡蛎の方に少し癖を感じるものの、満足出来る一品でした。

(24)は「S宗谷などの積込メニューにもある品で、ここの定番品。定番にはやはりそれなりの理由があるもので、やや甘口ながらよく味の染みた炊き込みご飯と、上に載ったきのこはなかなかの味。添えられたコーンは色合いや味の面でも良いアクセントになっています。
--------------------------------------------------------------------------------
駅弁案内処的な一日・上(収穫報告6) 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月 4日(火)08時29分3秒

皆様お早うございます。のーむ@札幌です。
昨晩は知人と市内で一杯やってホテルに戻ったら、最後の1個を食べるのが精一杯で、疲れもあってか熟睡してしまいました

ようやく全行程の半分を消化したところですが、北海道は広い上に列車本数が少なかったり、駅弁の販売時間が限られていたりと、効率良く調査しようとすると、どうしても行ったり来たりが多くなります。今日などはその典型とも言うべき行程でしょうか。以下、報告です。

5月3日(月)
(19)北見駅 守屋「ほたて丼」1,050円(8:00)
(20)北見駅 守屋「北の菜時季」1,050円(8:30)
(21)網走駅 モリヤ商店「オホーツク贅沢三昧」1,260円(14:00)
(22)遠軽駅 岡村弁当屋「かにめし」900円(11:30)
(23)名寄駅 角舘商会「牡蛎帆立弁当」940円(16:00)
(24)名寄駅 角舘商会「北の味きのこごはん」940円(23:00)

前の晩は収穫報告を書き上げたところで寝入ってしまい、朝は5:00に起床したのでそこで報告を投稿しました。
北見駅では売店に並んでいた品のうち、駅弁らしい体裁をした三品のから二品を購入。その時、売店に貼ってあった張り紙に「土日祝日の午後は、閉店している場合がありますので・・・」の意味を訊ねると、要するに売り切れ御免とのこと。土日に閉店するとは、そんなに売れないものかと心配しましたが、単に売り切れたら終わりとのことで一安心。

網走行の車中でその二つを食べましたが、(19)は以前にも食べたことがあり、帆立フライをソースカツ丼風に仕上げたもので、他ではあまり見られない、名物たるにふさわしい品でした。
反面、(20)はちょっと感心しない出来栄え。かにのほぐし身と焼鮭やおかず類を載せたちらし寿司ですが、酢飯の酢が効き過ぎているのと、かにも風味が感じられず、他のおかず類も平凡な味わいで、価格とのギャップが大きすぎる印象を持ちました。

網走では17分の間に売店調査と駅弁購入。何度も来ている駅なので、写真撮影と確認だけで済むと思いきや、位置や改札内・外の向きなど、記憶というものは当てにならないもので、改めて記録を残す必要性を感じました。

購入したのは外観の見栄えが一番良かった(21)。いくら、鮭、帆立、蟹の丼仕立て小鉢(紙カップ)が四個入るもので、味は非常に良いものの、いかんせん容器の大きさに比して中身が少なく見えるので、高く感じてしまうのが勿体ないところ。よく見かける四分割トレーなどより食べ易いのは確かですが、一考の余地はあるかも知れません。
--------------------------------------------------------------------------------
駅弁尽くしの旅、大詰め 投稿者:Y&Y  投稿日: 5月 4日(火)07時38分48秒

昨夜は久しぶりにのーむさんの元気そうな姿を拝見し、嬉しく思いました。
さて、旅も大詰め、グランドフィナーレ!ですね。
お気をつけて。

札幌のY、でした。(^^)
--------------------------------------------------------------------------------
◆『列島縦断 鉄道12000キロの旅 PR』再放送につてのお詫び◆ 投稿者:東筑軒の管理人3号  投稿日: 5月 3日(月)10時31分20秒

ココでちょっとお断りを。
5月1日に編成から受け取った放送日程と放送局のHPまたは新聞発表と違いがあることが判明しました。
当社としましては、編成の日程を掲載させていただきましたので
変更があった場合はご了承下さいませ。
--------------------------------------------------------------------------------
ご来処ありがとうございます 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月 3日(月)06時01分53秒

この文章を入力しているザウルスは、一度にコピー&貼り付け出来る量に制限があるので、コメントが切れ切れで申し訳ありません。

>東筑軒 管理人3号さん:
テレビ放送予定のお知らせありがとうございます。ご想像の通り、放送日はしっかり旅行中です。(^^;
このような形でのテレビ放送は、取材を受けた方からの情報提供が無いと、大抵は見逃すか、偶然に見ていないとまず見逃してしまいます。
その意味では、このように情報発信されることはとても重要で、我々としてもありがたく思います。
これからもよろしくお願い致します。
--------------------------------------------------------------------------------
根室本線駅弁尽くし・下(収穫報告5) 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月 3日(月)05時49分18秒

厚床では三度目の挑戦でついに(15)を入手。田中屋さんが駅前の店を閉めてからは、入手難易度超A級な印象がありましたが、今は国道沿いの佐々木商店で、比較的簡単に入手出来る様子で、今回も五個ほど積んでありました。もはや「駅弁」ではありませんが、かつて標津線の分岐駅だったことの証しを今に伝えるものとして、現在の形態で存続する限り、当処では駅弁として扱いたいと思います。
中身の方は各方面で紹介があるように、帆立はほぐし身だけなので、煮汁で炊いたご飯を楽しむもの。見た目のインパクトでは厚岸に劣るものの、素朴そのものな味わいは、交通手段の不便さはあっても食する価値のある品だと思いました。

さすがに厚床で二時間以上もすることが無いので、バスで釧路まで戻り売店調査。引田屋さんの売店にあった(16)は新商品とのことで、今回は詰め合わせを購入しましたが、「焼いわし」単品もありました。

釧祥館さんの売店は、特急発車前のみの営業なので、開店を待って(17)を購入。他にも未食な駅弁はあったのですが、「ぬさまい」「釧路湿原」は量が多過ぎてパス。「かきべん」は厚岸と連続で食べるほど牡蛎が好きな訳では無いので見送り、結局は以前食べたものの、写真の無かった品を購入。とは言え、さすが定番だけあって、納得の行く品でした。

池田まで戻って、前日予約しておいた(18)を受け取り。改札口で受け渡し、のはずがなぜかホームの端にいたので、慌てて駆け寄って来ました。昨日聞いた話では、当処池田駅の情報にある通り「親子弁当は改札口まで」とのことだったのですが、その理由はよく分からないままです。

池田からは、存続に赤信号が灯ったちほく高原鉄道に乗車。時間帯の良い快速列車だったせいか、単行の車内は満席でした。この様子だけを見れば存廃論議がウソのようです。

足寄で少し車内が落ち着いたので、ここで親子弁当を食べました。白ご飯の上にふんわりとしたそぼろ卵を敷き、その上にカリカリに煮詰めた鳥肉が載るもので、九州各地のかしわめしを思い出す内容。温かいご飯には非常に合う組み合わせで、満足していただきました。ただ、総経木の容器は糊づけが甘かったらしく、枠と底板がほとんど分離していたのが残念でした。

北見まで全線を乗り通し、遠軽まで往復するもこの時間には駅弁の販売は無く、写真撮影のみで北見に戻って来ました。

明日は北見〜網走〜遠軽〜旭川〜名寄〜札幌の予定です。
--------------------------------------------------------------------------------
根室本線の駅弁尽くし・上(収穫報告4) 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月 3日(月)05時44分24秒

皆様おはようございます。のーむ@北見です。
二日目の前半は、列車の待ち時間が長いので比較的のんびりモードながら、午後は忙しい乗り継ぎが多く慌しいという、妙な一日でした。以下、報告の続きです。

5月2日(日)
(12)厚岸駅 氏家待合所「かきめし」950円(7:30)
(13)厚岸駅 氏家待合所「ほたて弁当」850円(9:30)
(14)厚岸駅 氏家待合所「(かきめし)おにぎり」250円(17:30)
(15)厚床駅 田中屋「ほたて弁当」500円(13:30)
(16)釧路駅 引田屋「いわしの焼ずし、いわしのほっかぶりずし詰め合わせ」1,050円(23:00)
(17)釧路駅 釧祥館「かに飯」810円(20:00)
(18)池田駅 よねくら「親子弁当」630円(15:30)

釧路駅6:34発の厚岸行で出発。日曜の早朝、しかも特急などの接続がある訳では無いので、わずか二名の乗客で釧路を出発。
厚岸では、開店準備中のキヨスクに並んでいた(12)をまず購入し、待合室で食べました。二月に駅弁大会で、謎の多い「輸送版」を食べた時、前に食べた現地版とはあまりにもかけ離れた品だったので、再度味を確かめる意味で食べましたが、こちらはやはり名物にふさわしい品。牡蛎の風味を豊かに感じる炊き込みご飯と、じっくり煮込んだ牡蛎の相性が抜群です。

次の列車まで一時間以上あるので、国泰寺訪問を考えるも足が全く無いため、とりあえず徒歩で行けるところまで歩いてみることに。結局は厚岸大橋を渡って、あと1kmというところで時間切れで引き返すことになってしまいました。
駅へ戻って、先刻予約しておいた(13)を受け取る時、かきめしの隣に積んであった(14)を発見し購入。

(13)は昨年二月に初めて食べましたが、「満腹でも箸が進む」ということを初めて感じた品。出来立ては帆立の香りが強烈なので、苦手な人は冷ましてから食べた方が良いかも知れません。それでも、帆立の煮汁で炊いたご飯は箸が止まることは無く、大ぶりな帆立が三個、じっくり煮込んで載せてあるこの品は、私的には「かきめし」より好みです。
(14)は初めて見かけた珍品。名前の通りかきめしをおにぎりにしたもので、値段は安くは無いものの、キヨスクの売り子さんの話では、「地元の人はこちらを買って行く」とのことで、専用のシールも貼ってあったので、駅弁とみなしたいと思います。
「かきめし」をもう少し食べたいとか、「ほたて弁当」と二個は食べられない、という人にはお勧めかと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
◆放送案内『列島縦断 鉄道12000キロの旅 PR』◆  投稿者:東筑軒の管理人3号  投稿日: 5月 2日(日)16時35分18秒

のーむさんこんにちは。東筑軒の管理人3号です。
旅好きにはたまらない番組が来週スタートします。
のーむさんは放送の頃はきっと、旅の真っ最中ですよね。
肝心の放送自体は6月まで続きますので、旅好き、駅弁好き、鉄道好きの方は
きっと楽しめる番組になっていると思いますので是非ご覧下さいませ。

尚、番組の直前PR(番外編のような所)で、当社の立売の山口和利が少し取り上げられているようです。
お時間がございましたら、こちらの方も是非ご覧になって下さいませ

◆ 『列島縦断 鉄道12000キロの旅 PR』◆

【番組名】直前PR

****山口和利出演の放送日程です。****

総合TV
  ◆5月2日(日)16:45〜
  ◆5月4日(火)再放送17:45〜
  ◆5月5日(水)再放送15:05〜

BS2
  ◆5月3日(月)再放送11:15〜
  ◆5月3日(月)再放送21:45〜
  ◆5月4日(火)再放送15:10〜
  ◆5月5日(水)再放送11:15〜

ハイビジョン
  ◆5月3日(月)再放送07:45〜
  ◆5月4日(火)再放送00:40〜
  ◆5月4日(火)再放送07:45〜
  ◆5月4日(火)再放送21:40〜
  ◆5月5日(水)再放送07:45〜
  ◆5月5日(水)再放送13:40〜

本放送はこちら
http://www.nhk.or.jp/tabi/

http://wwwtochikuen.co.jp/
--------------------------------------------------------------------------------
北海道の下辺なぞり歩き・下(収穫報告3) 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月 2日(日)00時10分29秒

道内唯一のJR線未乗車区間の日高本線に乗車。漠然と平坦地をひたすら走るイメージしか無かったのですが、案外海の見える区間が多く、牧場を駆けるサラブレッドなどを眺めながら三時間を過ごしました。

静内駅では11分の停車時間で駅弁購入と調査。と言っても、空振りは困るので事前に電話で聞き取り調査の上、現地で再度確認、という形になりました。
結果的に分かった事実だけを、とりあえず今日は書きます。詳細と所感については帰宅後にまとめて記したいと思います。
1.西谷弁当店調製の駅弁は、予約も含めて静内駅では販売されていない。
2.構内営業のそば屋は西谷さんが営んでいるが、おにぎりがあるだけで弁当類は無し。
3.駅弁大会向けの商品は西谷さんの調製では無い。

今回静内駅で購入したのは、数年前に登場した(と、思われる)、本来は「道の駅弁」な(9)。それでも、5月〜10月は昼時に常備されている(それ以外の時期は要予約)そうなので、当処ではこれを静内駅弁として扱いたいと思います。
内容は、日高地方が日本一の水揚げを誇るつぶ貝を使用したもので、非常にダシの利いた炊き込みご飯の上につぶ貝が載り、昆布巻などのおかずと共に詰められたもの。濃厚な味の炊き込みご飯も、つぶ貝の身も良く味が染みており、数々の名物駅弁と比べても遜色無い内容でした。

様似到着で無事JR北海道完乗を果たし、バスでえりも岬を回り広尾へ。
広尾線の廃線前に訪れて以来十数年ぶりの訪問でしたが、バスの遅れで感傷に浸る間もなくバスを乗り継ぎ。バスターミナルとなったかつての広尾駅舎に、かろうじて記憶を甦らせました。

さすがに4時間もの間、一般型路線バスに揺られて疲れを感じて来た頃に帯広へ到着。
帯広では「豚どん」の掛紙が昨年秋に池袋の実演販売で見かけた色に変わっており、「とかち収穫弁当」も、昨夏は汎用タイプだったのが、再び専用掛紙に戻っていたので購入を考えたものの、腹具合で断念。次回の宿題にしたいと思います。
これなら食べられるだろうと購入したのが(10)で、名物の豚どんを二個のおにぎりに仕立てたもの。小腹を満たすには丁度良いところですが、味的にはやはり本家の豚どんを食べたいところです。

最後は帯広で予約を入れた(11)を「Sおおぞら」の車中で食べながら釧路へ。昨夏に続いて二度目ですが、レアな焼加減のステーキは絶品で、ここまで完全に満腹なのに食べるスピードが一向に衰えず、あっさり完食してしまいました。
--------------------------------------------------------------------------------
北海道の下辺なぞり歩き・中(収穫報告2) 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月 2日(日)00時04分15秒

長万部で一旦「北斗星3号」を降り、駅前のかなやさんで予約していた品を受取。
(4)は駅長さんのサイトで話題になっていた品を早速購入。掛紙は従来のお好み弁当と共通ながらスタンプで「洋風」と記してありました。中身はかなり盛り沢山で、小海老のフリッター、ポークソテー、豚肉のアーモンドまぶし揚、ハンバーグ、茹で野菜など。ポークソテーは少々癖が強いので、豚肉が苦手な方は辛いかも知れませんが、他はどれもよく出来た品ばかりで、これで840円とは驚きなところ。東京辺りならすぐ1200〜1300円は取りそうな内容でした。「洋風」と謳いながら経木枠の容器とのミスマッチも楽しいところです。
(5)は前回訪問時に掛紙があったので同時に予約。具は梅と鮭の組み合わせを自由に選べるようで、今回は鮭×2を注文しました。値段の割にボリュームはかなりあって、完食に不安を覚えるほど。手作り感溢れるおにぎりは大変美味しくいただけました。

「かにめし」は「北斗」車中の予約販売での購入がすっかり定着しましたが、途中下車してこれらの駅弁を食べる価値は十二分にあると思います。「かにめし」だけでも十分商売は成り立つはずなのに、他の駅弁も手を抜かない姿勢には頭が下がります。なお、道内時刻表に以前から掲載されている「蝦夷めし」は、やはりかなやさんの駅弁だそうですが、5個以上でないと調製しないとのこと。内容はかにめし+鮭飯のフライ+帆立とのこと。
また、以前から実施の有無が不明だった立売については、今は完全に止めたとのこと。予約販売が定着して、かつ店売りが大半を占める現状では、立売を実施する必要性は薄れてしまったのだと思いました。

「S北斗1号」で登別まで先行し、駅前食堂で(6)を購入。内容はごく普通な幕の内ですが、これで650円なら十分合格点かと思います。しかし、ここでもかつての並・中・上の三等級幕の内が現存しているとは知りませんでした。中等は有名な「マリン弁当」ですが、並・上とも5分もあれば作れるとのことで、温かいご飯がありがたいところです。

登別から苫小牧へ移動し、「優駿浪慢」へ乗り継ぐ際に改札内の台売りで二品を購入。
(7)はごく普通な助六寿司。味は特段のことはないものの、総経木折が駅弁らしくていい感じ。
(8)は賞味期限が長かったのでホテルで夜食にしましたが、白ご飯の上に蒸しウニ、イクラ、帆立、海老が載り、正に北海道を満喫出来る欲張りな駅弁でした。
--------------------------------------------------------------------------------
北海道の下辺なぞり歩き・上(収穫報告1) 投稿者:のーむ(家主)  投稿日: 5月 1日(土)23時58分13秒

皆様こんばんは、のーむ@釧路です。
昨晩の「北斗星3号」で出発して、今日は一日がかりで北海道の下辺を歩いて来ました。
とりあえず報告は昨晩の夕食からさせていただきます。
4月30日(金)
(1)上野駅 マコト「手ごねハンバーグ弁当」850円(19:30)
(2)上野駅 崎陽軒「シウマイ(15個入)」500円(20:00)
(3)上野駅 NRE「しりとり弁当」1,000円(0:00)

これまで「北斗星」には十数回乗車していますが、実は上野駅からの乗車は初めてで、かつ3号も初体験。現地へ着いてからの接続と、個室の割合が高いということで自然と1号を選択していました。今回は取れただけでラッキーということで、開放B寝台の上段で明朝まで過ごすことに。

(1)と(2)は夕食用に、大連絡橋の「膳まい」で購入。パッと見はただの洋風弁当ですが、手ごねと謳うだけあってハンバーグはなかなか美味。シウマイは「何かもう一品」という時にうってつけなので購入。
(3)は長丁場なので、何とか食べられるだろうと思って購入。先日JR東日本のプレスリリースに出た、ルミネ・ザよしもとの三周年記念で発売された、5月末までの期間限定駅弁。正方形の容器をトレーで16分割し、しりとりの要領で各種食材が並ぶもの。ネタバレするので内容は書きませんが、趣向は楽しめるものの、ご飯類の量はかなり少なめなので一食分としては物足りなさを感じました。700〜800円なら納得かというところ。

久々に食堂車を楽しもうと思ったものの、満腹とビールが効いたのか爆睡してしまい、ロビーカーと寝台を往復して久々の北斗星を堪能(?)しました。

5月1日(土)
(4) 長万部駅 かなや「洋風お好み弁当」840円(8:30)
(5) 長万部駅 かなや「おにぎり」220円(9:00)
(6) 登別駅  登別駅構内立売商会「幕の内」650円(10:30)
(7) 苫小牧駅 まるい「御寿司」460円(15:00)
(8) 苫小牧駅 まるい「どさんこ丼」1,000円(22:00)
(9) 静内駅  静内ウェリントンホテル「日高つぶめし」800円(13:00)
(10)帯広駅  金扇「ぶた八の炭焼にぎり」400円(19:00)
(11)池田駅  よねくら「十勝牛赤ワイン漬ステーキ弁当」1,000円(20:00)

北斗星で着いた函館駅では、ホーム上で台売りが行われており、「北の家族弁当」と幕の内があったものの、あまり食指が動かず、この後を考えて見送り。早朝とは言え、幕の内系二種類だけとは少々寂しい気もします。
--------------------------------------------------------------------------------

2004年4月の記事  最新の記事  2004年6・7月の記事


最初のページ更新履歴当サイトのご案内です駅弁をお探しの方はこちらへ掲示板です
駅弁に関する話題駅弁についての読み物ですリンク集ですご意見・お問い合わせはこちらへ