最初のページ更新履歴当サイトのご案内です駅弁をお探しの方はこちらへ掲示板です
駅弁に関する話題駅弁についての読み物ですリンク集ですご意見・お問い合わせはこちらへ


           掲示板です   

2005年5月の記事  最新の記事  2005年7月の記事

●駅弁掲示板 2005年6月の記事
--------------------------------------------------------------------------------
はじめまして  投稿者: ばやし  投稿日: 6月30日(木)22時03分34秒

静内の話ほんとにひどいですね。ところで「静内駅弁」を買われたり、パッケージを見た皆さん。製造者はどう記載されていました?「製造元○X辨當店」ですか?それとも「販売元○X辨當店S」のように、「販売元」とした上で社名の後に固有記号(数字やローマ字)が入っていました?固有記号が入っていれば、その販売元では作っていないという事です。固有記号は、もともと「中小販売業者が自ら発掘した優良製造元を、製造者名が分かる事で大手に横取りされるのを防ぐ」という趣旨で、食品のOEMに表示されているものです。しかし、土産菓子の世界では、一箇所で作られた菓子が、全国の観光地でその地域の販売元の名に固有記号をいれて「特産」として売られています。消費者を欺いていると同時に、食の安全に対する製造者の第一義的責任をあいまいにしているのかもしれません。
--------------------------------------------------------------------------------
ご来処ありがとうございます  投稿者: のーむ(家主)  投稿日: 6月30日(木)21時04分1秒

皆様こんばんは。
多数のご投稿をいただきありがとうございます。m(__)m

>駅弁のあら竹 ぴーちゃん:
コメントありがとうございます。
いつも一生懸命なあら竹さん、そしてぴーちゃんにとっては、予約のトラブルがこんなに
多発している、ということが信じられない、というところかと思います。
これが氷山の一角なのか、たまたま不運な出来事だったのかは分かりませんが、現実に
少なくないことは確かだと思います。
本来予約があるということは、駅弁屋さんにとっては「計算できる売上」なのですから、
もっと大事に扱っても良いように思います。
そんな意識が業界全体に広がることを期待したいと思います。

予約の問題については、別の観点でも思うことがありますので、出来るだけ近いうちに
「駅弁コラム」でまとめたいと思います。

また、静内駅の件についてもコメントありがとうございます。

>駅弁屋は、そんな悪い人ばかりじゃないですよ。
>みなさん、その土地に根ざして、地道にコツコツ商いを続けてます。

その通りだと思います。
駅弁が我々趣味者にとどまらず、多くの人から支持される理由には、各地の駅弁屋さんが
一生懸命頑張っている姿も、忘れることが出来ないからだと考えています。
それゆえに、悪戦苦闘を強いられながらも、駅弁の灯を消すまいと頑張っている駅弁屋
さんたちの、努力を無にするような今回の一件には、非常に憤りを感じています。
長い年月をかけて築いてきた「信用」も、無くなるのはあっという間だけに、こんな
行為が蔓延しないよう、早々に解消されるよう願いたいものです。

>ゆういちさん:
補足のコメントありがとうございます。
より詳細な状況が分かると同時に、いかに無責任かつ意図的な行為であったかを確認
させられます。
その後皆さんからのコメントにもあるように、今回ゆういちさんが事実を明らかにした
意味は大きいと思います。
この議論が、事態の改善につながっていくことを切に願っています。

>カツタさん:
はじめまして、ご来処ありがとうございます。
静内駅についてのコメントありがとうございます。
駅弁の、商売のあるべき姿からも大きくかけ離れた西谷辨當店さんの対応については、
呆れて唖然とするよりないかと思います。
はじめての書き込みに相応しくない、とのことでしたが、それだけ憤りの気持ちが
あってのこと、と思います。

また、勝田駅の売店情報の補足もありがとうございます。
私の目が曇っていたわけではなかったのですね。(^^;
固定売店を見落とすことは滅多にありませんが、台売りなどは時間帯にも左右される
ので、私としては泣き所のひとつです。
今後ともよろしくお願いいたします。

>大阪キングさん:
はじめまして、ご来処ありがとうございます。
また、静内駅での情報をありがとうございます。
ゆういちさんからの情報を裏付けるかのような、同様の体験情報を読むと、何ともやり
切れない気持ちにさせられます。

表示に「土曜日のみ予約販売」と書きながら、突っ込まれると前言を翻す様は、怒りを
通り越して哀れですらあります。
こう言っては酷かも知れませんが、優等列車の来ない静内駅で、8種類もの駅弁が普通に
売れるとは誰も考えないですし、期待もしていないと思います。
食中毒を言い訳にする、というのも食べ物を扱う商売として無神経の極みだと思います。
そんな言い訳をされた店で、蕎麦を食べる気など起きないように思います。

今回は残念なご報告でしたが、今後ともよろしくお願いいたします。

>こよらかさん:
コメントと「日高つぶめし」再開情報のご提供、ありがとうございます。
一方で素晴らしい「駅弁」があるのに、片方でこんな話題で登場するのは、同じ静内駅で
商売する調製元としてはなはだ迷惑な話かと思いますが、頑張って欲しいと思います。
駅弁マークは付いていなくても、こちらが正しい静内駅弁だと思います。
となると、駅弁マークの価値も問われるような気がしますが。

また、収穫のご報告もありがとうございます。
米原駅の「万博記念弁当」は、なかなか充実した内容のようですね。専用の掛紙があれば
なお良かったのでしょうが、一日14個限定ではそれも難しいのかも知れませんね。

>食べ歩き見習さん:
コメントありがとうございます。
同じ番組かは分かりませんが、北海道物産展における偽業者問題を取り上げた番組は私も
見たことがあります。主催者側もチェックを厳しくし出したとも聞きますが、いたち
ごっこのような感じもします。
「駅弁大会で販売を続けるため」とありましたが、西谷辨當店さんは、現地での駅弁販売
から撤退して久しく、一昨年突然に大手スーパー系列の駅弁大会で「静内駅弁」として
登場した、いわば本末転倒な事例です。

状況を勘案すると、名義貸しの商売という風にも取れるのですが、作りもしない見本を
並べて見たり、報告があったような対応をしているとなると、言葉が過ぎるかも知れ
ませんが、単なる名義貸しというよりは、詐欺の共犯とも思えてきます。
商売の基本は「信用」ということを、もう一度考えて欲しいものです。

>火の山1号さん:
ご来処ありがとうございます。
また、貴重な情報をご提供いただきありがとうございます。
スーパーなどで「取引先を通じて現地販売の確認を行っている」というのは、精一杯の
回答なのでしょう。取引先というのは仲介業者のことかと思いますが、そこも事実を
知っていて隠蔽していたら、スーパーの側としてはどうしようもないでしょうね。
定番商品ならまだしも、一過性のイベント商品であれば、自ら現地に出向いて確認する
ということまではしないのでしょう。

販売期間が10月〜3月の期間限定、ということですが、不思議なのは同じ静内駅で販売
される「日高つぶめし」はこの期間、客足が遠のくので販売を中止しているという事実が
あり、商売として客の少ない時期に販売する訳はないだろうと思ってしまいます。
また違う話題での投稿もお待ちしております。
--------------------------------------------------------------------------------
静内駅弁  投稿者: 火の山1号  投稿日: 6月29日(水)22時16分14秒

皆さんこんばんは。

さて、今回の静内での騒動について投稿させて頂きます。

今年の3月上旬頃でしたか新聞折込に、近くの大手スーパーの駅弁大会のチラシが入っていました。
取り扱い商品の中に例の静内『駅弁』があったので、そのスーパーに質問のメールを出してみました。
こちらのサイトを紹介した上で「これらの駅弁は全て現地で買えるものなのか?」と訊ねたら、「昨年度の販売期間は10〜3月の期間限定、現地販売については取引先を通じて確認を取っている」との回答が3月下旬にメールで来ました。

今春からの現地販売の開始については、恐らくスーパーから調整元に問合わせが来たので、慌てて現地販売の体裁を整えさせたのではないかと思われます。
また、実際に販売されているのが『いかめし』のみというのも引っかかるところで、このメニューなら容器と真空パックのいかめしを調整元から現地に送っておけば、調理設備や調理人がいなくてもパックを開封するハサミがあれば『駅弁』を作ることができるわけで…。

以上、憶測がほとんどで申し訳ありませんが、参考になればと思い投稿させて頂きました。
--------------------------------------------------------------------------------
残念な話ですね  投稿者: 食べ歩き見習  投稿日: 6月29日(水)21時03分14秒

皆様こんばんは。
最近一部業者さんの残念な行動が話題になっており非常に嘆かわしい限りです。
現地に行かれてこの態度ではさぞかしご無念だったと思います。

>なぜそこまでして詐欺めいた営業を続けるのか
恐らくは「駅弁大会で販売を続けるため」だと思います。

昨年大阪のTV局が「北海道物産展の疑惑業者」を暴く番組を放映し、
(アラスカ産鮭を釧路産と偽ったり、そもそも業者が道内にいない例もあった)
それ以降疑惑業者排除のため百貨店側のチェックが厳しくなったようです。
駅弁についても同様で、京王百貨店さんなんかも現地販売実績のない
疑惑業者を外すようにしている、と聞いています。

静内については以前から指摘がある通り現地販売が疑わしいため、
このままだと排除される恐れがあるでしょう。単なるローカル色のある弁当と
いう存在だけではデパートの催事に出しても売り上げが伸びないはずです。
そこで無理矢理にでも駅弁としての「実績」を作ろうとサンプルだけ
置いているのではないか?
どうせこんな田舎までチェックに来る酔狂な人間もいないだろうから
これでばれることもないだろう。
そう思っていると仮定しても辻褄が合いそうに思うのです。

当方現地で全部を確認したわけではないので確かなことは言えませんが、
恐らくこの業者さんは現在弁当の調製ができないのではないでしょうか?
催事用は全く別の業者が作って本州に出荷しているのではないでしょうか?
いわば「構内営業(=駅弁を売る権利)」の名前貸しなのかも知れません。

北海道では昔から「本州の人間には分からないだろう」と怪しげな商売を
している業者がいますが、お役所も把握し切れてないため根絶されません。
(もちろんそういう業者はごく一部なのですが)
商売の基本は「信用」です。誰にも恥じない商売をして欲しいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
愛知万博記念弁当ほか  投稿者: こよらか  投稿日: 6月29日(水)01時14分9秒

遅くなりましたが、続いて6月の収穫報告です。2回に分けます。

。敦賀駅「焼きさば巻きずし」1000円
いかめしと同じぐらいコンパクトなお弁当で、のり巻き焼きさばずし&磯巻(薄板昆布)焼きさばずしが各4つ。
真ん中に三方梅ゼリーがふたつ。食べやすいサイズなのは嬉しいですが価格は高いです。
分厚い焼きさばと一緒に刻みしいたけと生姜も多々入っており、
個人的には焼きさばだけでよかったのに・・・と思います。のり巻きのほうが◎

。米原駅「うなぎめし」1000円
11時台には売店に10種類以上の駅弁が勢揃い。その中で初めて目にしたのがこちら。
(加熱式の代わりに)夏場のみ登場。ちなみに掛紙は「米原市」に刷新済みですが、ビニール袋はまだ町のまま。
ご飯は厚底気味でそれほど多くはありません。うなぎの蒲焼が2つのってます。
加熱式のうなぎめしは何年も前にいただきましたが、(気のせいか)今回のほうが大きなうなぎでした。

。米原駅「愛知万博記念弁当」1000円
長方形の大きめなお弁当。紫陽花の絵入りの和紙が掛紙代わり(弁当名は印刷ありません)。
「オレンジショップ」にて10時過ぎから限定販売されますが、予約すれば井筒屋さんの売店でも受け取り可能です。
内容は6つに仕切られ、夏らしいわかめごはん(赤かぶ漬けのせ)・あなご2つと錦糸玉子をのせた茶めし・
煮物(南瓜・海老・野菜入り麩)・ししとう天ぷら&さつまいも天ぷら・白身魚フライ・
牛肉すきやき・出し巻き玉子・鮭の焼き魚・里芋・大豆と小えびのあえものに、
デザートは白桃もちを添えて。おかずも上品。こちらは帰宅後にいただきました。
ほかのどのお弁当よりも遥かに上回る出来栄えで、期間限定なのがもったいないと思います。
これで1000円はお得ですので、ぜひおすすめします。

順序が逆さまになってしまいますが、福島県編の収穫報告は次回にします。
--------------------------------------------------------------------------------
日高つぶめし販売再開  投稿者: こよらか  投稿日: 6月29日(水)00時42分30秒

のーむさん みなさん こんばんは。
ゆういちさんの静内駅レポートに衝撃を受けました。
情報がほとんどないところですし、貴重なお話をどうもありがとうございました。
なぜそこまでして詐欺めいた営業を続けるのか、腑に落ちない点ばかりです。
特に、駅弁容器をわざわざ並べているのは??
ここまでして無理に駅弁販売駅にする必要はないですよね。
静内は未踏の地ですが、来年の「新ひだか町」誕生前までには何とか。。でも遠いです。。
これでは駅弁大会シーズンになっても、現地で製造・販売は皆無かもしれませんね。
2005年は「日高つぶめし」が予約なしで販売再開されたそうなので、頑張っていただきたいです。

>ゆういちさん
駅弁趣味暦が私の倍以上の方から、もったいないお言葉、恐縮です。
単に新しいもの好きなだけなんですよ〜〜(なので駅弁収穫には地域とかによって大きく偏りがあります)
横手駅や静内駅など、ゆういちさんの行動力豊富な知識には私も尊敬しています。
--------------------------------------------------------------------------------
静内に行きました。  投稿者: 大阪キング  投稿日: 6月28日(火)11時54分32秒

静内駅に、6月13日に、僕も行きました。
午前九時頃、静内駅に行ったところ、「にしや」という
立ち食いソバ屋がありました。
のれんをのぞくと、イカめしなどの空箱8種類ぐらいと、
西明石のコピー商品「たこつぼめし」などの写真が掲示され、
毎週土曜日販売、予約制などと書かれていました。
そこで「いつもは、このお弁当は、置いていないのですか?」
と、ソバ店のおばさんに、尋ねると
「土曜日だけ予約販売です。」と答えました。
そこで、こちらから、再度、
「今週の土曜日、出直します。」と言うと、
今度は、前言をひるがえし、
「いや〜、先週まではあったんですが、
今週からは、休みます。食中毒とかいろいろあるでしょ。」
という、あいまいな答えでした。
そこで、弁当のパッケージに記載されている住所をたよりに、
「西谷辨當店」に行ってみました。
駅前の、歩いて2分くらいのところで、
表札もない普通の民家でした。
やはり、各種お弁当を作っているとは、思えませんでした。
--------------------------------------------------------------------------------
初めまして  投稿者: カツタ  投稿日: 6月27日(月)23時12分16秒

初めまして。

ゆういち様の静内駅弁の顛末を読ませて頂きましたが、ただ唖然とするのみでした。
特に驚いた、というか呆れたのは幕の内を5個持ってきた後の対応です。

「弁当頼みましたよね、だから持ってきたんですよ」
「個数減らしますか?」
「キャンセルするんですか?」

自分たちの不誠実さを棚に上げ、言われた数の弁当さえ持って来たら良いんだろうという
すっかり開き直っているような態度。こんな対応されたんでは、キレて当然と思います。

せめて幕の内を持ってきた時に・・・
「すいませんねぇ・・・実は予約されたお弁当、今日は用意できなかったんですよ。
5個のお弁当を注文されてましたんで、代わりにと言っては何ですが、幕の内を
5個持ってきたんですけど、これで我慢して頂けないものでしょうか」
のような言い方であれば・・・
う〜ん、やっぱり腹立たしいことには変わりませんが、ほんの少しだけは腹立たしさも
緩和されたのではないかと。

この駅弁屋さんは、静内駅で立ち食い蕎麦をやっていると聞きますが、例えば天ぷら蕎麦を
注文して、間違ってかけ蕎麦を出し、客にそれを指摘された場合
「蕎麦頼みましたよね、だから蕎麦を出したんですよ」
とでも言うのでしょうかねえ。。。(まさか!)

初めての書き込みにはちょっと相応しくない内容かと思いますが、あまりに酷い話と
思いましたので、思ったことを書き込ませて頂きました。

ところで、のーむ(家主)様、
勝田駅の駅弁売店の件ですが、あの売店は橋上駅舎ができて約1年後にできたもので、
それまでは階段下で、時間を限って(10:00〜14:00)、細々と台売りが行われていました。
橋上駅舎化直後に訪問されたのであれば、売店は見落としではなく、実際に存在して
いなかったものと思われます。

ということで、どうかよろしくお願い申し上げます。
--------------------------------------------------------------------------------
静内駅の件で(補足)  投稿者: ゆういち  投稿日: 6月27日(月)02時26分8秒

家主さま その他皆さん こんばんは

このたびの件につきましては、皆さまにご心配・ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

なお、前回のレポートについて若干の疑問等があるようなので、ここで補足させていただくと、

過去3回のやり取りのうち、関わったのは2人。
声や雰囲気その他から判断して、6月2日の電話の主と6月5日の店員は同一人物だが、5月20日の電話の主は別人だった。(6月2日の電話の時に、初めての相手にもかかわらず“あぁ、この間の人ですね”と言われたのは、内部で話が通っていたためと考えられます)

であり、

6月2日の電話でのやり取りも不思議です。出来ないのが分かっているなら、自分から「こんなのもあります」などと言わなければ良いものを、なぜ自らの首を絞めるような話をしたのか、不可解極まりない点です。

という点については、

6月2日の電話では、私が「他のもあるんですよね?そう聞いてますよ」という言い方で話を切り出したため、ダミーであり、実際は売っていないがサンプルとして売店に置いている以上、その話をしないわけにはいかなかった。(5月20日の電話の主は、幕の内1種類しかない(or1種類ならある)という真実を最初から語っていた可能性あり)

と考えられます。また、

>(3)最初から作る気は無く、当日は適当に言い訳すれば何とかなると思っていた。

についてですが、それを裏付けるものとして、実は正確には

ゆ:「じゃあ10時だったら間違いなく来るんですか?」
西:「…いや〜それは…ちょっと…」

という会話がありまして、“遅れてるのでゴメンナサイ”という言い訳で相手が諦めるのを待っていたようなフシがありました。さらに、来店した当初から「いかめしはあるから、もうこれでいいでしょ」というニュアンスがプンプンで、いかめしだけ渡しておいて、後はお引き取り願おうとしたような気配が感じられました。

(なお、「いかめし」については基本的に無予約で購入できるとのこと。ただし、電話では2個入り500円と案内されていたが、実際には1個入り250円のものしかなかった。2個入りはないんですか?と聞くと、じゃあ2箱買っていってください、と言われました)
--------------------------------------------------------------------------------
いつもの帰り道(収穫報告その3)  投稿者: のーむ(家主)  投稿日: 6月27日(月)01時48分54秒

皆様こんばんは。先程遠征から帰宅しました。

最終日は札幌から順を追って帰宅するだけなので、あまり変化を付けにくいコースですが、
6個を収穫して帰宅しました。以下、報告です。

6月26日(日)
(17)札幌駅 札幌駅立売商会「石狩鮭めし」1,000円(8:00)
(18)札幌駅 札幌駅立売商会「北の黒牛弁当」1,000円(10:00)
(19)札幌駅 札幌駅立売商会「すし処えぞ賞味」920円(14:00)
(20)森駅  いかめし阿部商店「いかめし」470円(12:00)
(21)函館駅 みかど「かに寿司弁当」840円(18:00)
(22)八戸駅 吉田屋「南部の桶めし」820円(21:00)

昨晩は夜更かしをしてしまったので、眠い目をこすりながら、「北斗4号」で出発。
札幌駅では三品を入手。(17)は定番商品のリニューアル版とのことで購入。パッケージが
変わり、中身もいくらが増えたような気はしますが、率直に言うと「値上げ」という印象を
否定出来ません。とは言え味の方は良好で、鮭といくらのバランスも取れており、名駅弁で
あることは間違いありません。

(18)は昨年食べて印象が良かったので再度購入。バターライスと牛焼肉の相性の良さは
相変わらずですが、少しだけ肉質が気になるところ。筋方向に対して垂直にカットしている
のは前回と同様ですが、今回は端の部分が崩れやすい感じ。うっかりすると「寄せ肉」
みたいに感じられるので、注意が必要と思いました。

(19)は鮭、いくら、たらこ、鯖など多数の具材が乗るちらし寿司。個々の味は良いものの、
それぞれが主張し過ぎてバランスが取れていない印象を受けました。

この後は「北斗4号」を洞爺駅で降り、駅弁を物色するはずが、到着直前に寝入ってしまい、
車販に積み込まれた洞爺駅弁の案内で目覚める始末でした。しかしおかげで、長万部駅に停車
しない列車には、洞爺駅の「かにめし」が積まれることを初めて知りましたが。

この寝過ごしは痛恨の極みで、よりによってこの列車は、洞爺を出ると大沼公園までの
1時間20分ノンストップという速達列車。何度も時刻表を見返したものの、洞爺駅に戻るのは
無理なため、今回は見送ることとしました。

大沼公園から森駅へ戻ったところ、乗って来た特急に「いかめし」の積込がありました。
その場で話を聞いたところ、5〜8月を中心に森駅停車の特急に積込があるとのこと。秋から
冬にかけては「皆出張でいなくなるので出来ない」とのこと。
それでも、阿部商店さんと言えば実演販売の第一人者で、地元での売上はさほど大きくないと
思いますが、それでも出来る範囲の努力を、地元でキチンと実践している姿には頭が下がります。

そんな(20)を待合室のキヨスクで購入。少し硬めに感じましたが、何度食べても満足度の高い
一品です。
ただ、強いて要望するとすれば、掛紙の材質をもう少し強度のあるものにして欲しい、という
ことでしょうか。実演でも現地販売でも同じなのですが、温かい状態で提供されると、蒸気で
蒸れてしまい、無傷な状態で掛紙を外せたことがありません。

もう一度大沼公園駅に戻り、流山温泉に往復送迎付きの格安パックがあったので、函館市内
散策と天秤にかけた結果、温泉滞在を選択しました。

二時間の滞在後、函館へ出て「スーパー白鳥28号」乗車前に最後の駅弁購入、のつもり
でしたが、和華さんが運悪く全品売り切れのため、みかどさんの売店で(21)を購入しました。
初めて食べましたが、北海道では珍しい甘口のかにのちらし寿司。山陰ではしょっちゅう
見かけるこの味も、北海道で巡り合うと新鮮に感じます。

最後は新幹線乗り継ぎの八戸駅で物色するも、時間が時間だけにあまり品数が無く、唯一
未食だった(22)を購入。
プラスチック製わっぱ容器の中に、茶飯、帆立の煮物、鳥の唐揚、焼鮭などが入るもので、
特筆するものはありませんが、外れの無い、吉田屋さんらしい安定感のある品でした。

相変わらず慌ただしい日程でしたが、実質三日で22個の収穫と、道内未調査駅を一掃する
という当初の目的は果たせたので、満足しています。
これから先、遠征の予定は立てていませんが、高架化で一変した福井駅や、個人的に未踏の
地である伊豆急行方面には、なるべく早い時期に訪問したいと考えています。

投稿へのコメントは後日にてお願い致します。m(__)m
--------------------------------------------------------------------------------
静内問題への見解  投稿者: のーむ(家主)  投稿日: 6月26日(日)21時44分58秒

皆様こんばんは。
ゆういちさんから寄せられた、静内駅弁に関するレポートを、皆さんはどのような
気持ちでご覧になられたでしょうか。
あまりの内容なので、読んだ瞬間は言葉が無かった、というのが正直なところです。
私は昨年5月に静内駅を訪問したのですが、空振りは困ると思って事前に電話で調査を
したところ、実は現地での販売は行われていない、という事実が判明し、その内容は
「駅弁コラム」にも書きました。
あれから一年が過ぎ、今年の春になって、どうやら現地での販売が始まったらしい、
という情報が入るようになって来ました。「いかめし」一種類だけとのことですが、
それでもまだ、現地販売の実態すら無い品が、駅弁大会などで堂々と「駅弁」の看板を
掲げて売られるよりはましだろう、と思っていました。
ところが、これを読む限り、状況は好転したと言うより、更に悪化したと感じます。
もっと言えば「悪意」を感じざるを得ません。

特に、当日受け取りに行ってからの対応は、最初から作って渡す気がなかったことが
ありありとうかがえます。どうせ嘘をつくなら、なぜ最初から「今は出来ません」
くらいのことが言えなかったのでしょうか。
また、6月2日の電話でのやり取りも不思議です。出来ないのが分かっているなら、自分
から「こんなのもあります」などと言わなければ良いものを、なぜ自らの首を絞める
ような話をしたのか、不可解極まりない点です。

そこで、この時の心情と結果を考察すると、次の三点が考えられます。
(1)自社で作るつもりだったが、材料の手配が出来ず、またはレシピが分からなくて
結局作れなかった。
(2)提携調製元に作ってもらい、送ってもらうつもりだったが、到着が早朝だったため、
間に合わなかった。
(3)最初から作る気は無く、当日は適当に言い訳すれば何とかなると思っていた。

ただ、(1)と(2)は無理があるような気がします。
(1)について言えば、曲がりなりにも「何とかしよう」という気持ちがあるわけですから、
仮に作れなかった場合でも、何かしらの品を用意して、ゆういちさんの到着を待つ、
というのが普通だと思います。少なくとも、慌てて幕の内を5個も持ってくる醜態を
さらすことは無いはずです。

(2)についても、そもそも無理がある方法ですが、通常宅配便各社の時間指定制度は、
朝一番でも9:00が普通で、予約を受ける時点で無理な話です。
貸切便でも仕立てれば別ですが、5,000円未満の売上のためにそれは考えないでしょうし。
仮に予約を受けた時点ではその事実を知らなかったとしても、あとで確認すればすぐに
分かることですから、取り消しの連絡をするなり、(1)のような対応を考えるのが普通
でしょう。
(1)と(2)に共通して言えることとしては、他の品は無理だったとしても、「いかめし」
だけは販売している(ことになっている)のですから、それが到着時点で用意出来て
いなかった時点で既に問題です。

こう考えていくと、やはり実際は(3)だったと考えざるを得ません。
そうでなければ、出来ていない言い訳が時間の問題であったり、衛生上の問題であったり
と二転三転した理由が説明できません。
衛生上の問題を挙げながら、幕の内を販売するというのも笑止千万な話ですが、予想外の
事態に右往左往している様子が窺えます。
ある人がこんな話をしていました。
「真実は分かりやすく筋が通っている、嘘は回りくどく話が分かりにくい」
上司が部下の報告の真贋を見極める極意だそうですが、まさにこれが当てはまっている
のが今回の事例のように思います。

なぜこの事態が問題なのか、なぜ怒りを覚えるかは、一年前のコラムと全く同じことを
書き連ねることになりますので、ここでは控えたいと思います。
この問題の対応について、あまり極端な糾弾は避けたいと思っていますが、かと言って
放置すれば、多くの良心的な駅弁屋さんにとっても、我々趣味者にとっても何一つプラス
にはならないとも考えています。
西谷辨當店さんに対しては、それなりの誠意ある対応を求めたいと考えます。

この文章を読まれている駅弁屋さんが、どのように感じているか定かではありませんが、
業界としての「自浄作用」を期待するのは無理なのでしょうか。
率直なご意見を頂戴したいところですが、微妙な問題ゆえ掲示板上での発言は難しいかと
存じます。
メールなどで、この問題に対する見解など、お聞かせいただければ幸いに存じます。

>ゆういちさん:
詳細な、かつ冷静なレポートをありがとうございます。
私なりに、何度も読み返して、状況を検証してみました。
たどり着いた結論は上記の通りですが、ゆういちさんのレポートを読んでいて、私が
一年前に電話で話した際の対応を思い出しました。
そのとき感じた「雰囲気」と今回の対応が一緒です。
こんな話題を掲示板で語るのは情けない限りですが、思い悩んだ末に書かれたゆういち
さんの気持ちは、一年前に私がコラムに書くべきか否か悩んだときと同様だったと想像
します。
その気持ちが無駄にならないよう、当処としても出来る限りのことをしていきたいと
考えています。
--------------------------------------------------------------------------------
う〜〜〜〜ん・・・★  投稿者: 駅弁のあら竹 ぴーちゃん  投稿日: 6月26日(日)20時44分51秒

のーむさん、ゆういちさん、そして駅弁ファンのみなさん、こんばんわ〜♪

先日来、「お客様の予約に対して、テキト〜な対応しかできない駅弁屋」という話に、かなりカルチャーショックを受けておりますぴーちゃんです。

なにゆえ、そんな不誠実極まりない対応になるのかなぁ・・・・?????
予約を忘れる、違う商品を勝手に持ってくる、受け渡し場所が違う・・・・・
世の中の駅弁屋さん、そんなに職業意識が低いでしょうか・・・。
少なくとも、我が社、そして、ワタシの知ってる駅弁屋さんにはそんな方はないけど・・・。
でも、もちろん、みなさんの体験から紛れもない事実なわけで、これは「予約」への意識レベルの低さを露呈してますね。
もっともっと、各社が「お客様を大切に思う気持ち」を社長さんから販売員一人一人まで、行き渡らせるべきですね。

また、静内駅での出来事は、思わず何度も読み返してしまうほど、ビックリ!!!!!
ゆういちさんのご立腹、ご不快なお気持ち、十分に理解できますので、同業者として、心からお詫びいたします。
この問題は、たいへん難題なので、のーむさんのコメントを待つことにいたします。

でも、みなさん、この静内の件は別にしても、駅弁屋は、そんな悪い人ばかりじゃないですよ。
みなさん、その土地に根ざして、地道にコツコツ商いを続けてます。
ただ、たぶん、前世紀的考え方のご年配も多いので(時に、田舎の個人商店は、そいうい傾向かも・・・・)、トラブルも発生するのだと思います。
そういう意味でも、都会の大資本の会社と田舎のローカル線の個人商店には、予約の扱い方ひとつにしても、相当なる温度差が存在することも事実ですね。

う〜〜〜〜ん、いろいろ難しいですね^^;;;;
http://www.ekiben-aratake.com
--------------------------------------------------------------------------------
道東の新規販売駅(収穫報告その2)  投稿者: のーむ(家主)  投稿日: 6月26日(日)02時05分33秒

皆様こんばんは、のーむ@札幌です。
今日は道東方面に出現した、摩周、根室と言った新規販売駅の現況を見て来ました。
最初は「作られた」販売駅の感も否めなかった両駅ですが、実際に訪問してみると、
それなりにしっかり根を下ろしているようで安心しました。
以下、報告です。

6月25日(土)
(10)網走駅 モリヤ商店「かにめし」840円(7:00)
(11)網走駅 モリヤ商店「帆立弁当」840円(13:30)
(12)摩周駅 ぽっぽ亭「摩周の豚丼」1,050円
(13)根室駅 釧祥館「花咲かにめし」980円(17:30)
(14)根室駅 釧祥館「花咲かに釜」940円(16:00)
(15)釧路駅 引田屋「春採そば寿司」640円(23:00)
(16)池田駅 米倉屋「十勝牛のワイン漬ステーキ辨當」1,050円(20:00)

昨晩、ネットカフェから駅へ戻ってみると、先刻のスーパー宗谷4号運休の影響で、札幌
発車が遅れたとのこと。どのように影響したのかがよく分からないのですが、とりあえず
「みそ豚丼」を食べて待つことに。
この品、蓋を開けた瞬間に期待させるものを持っており、思わず「おいしそう」と呟いて
しまいました。(^^;
で、実際のところはどうかというと、豚肉と白味噌の相性は非常に良く、素晴らしい出来
栄えですが、その下に敷いてある筍スライスとの相性がイマイチ。味噌の甘みが筍の苦み
を浮き上がらせてしまい逆効果でした。
恐らく、食感を重視して加えたのでしょうが、この味ならゴボウとか違う食材を考えた
方が良さそうです。
それと、箸袋はご主人の似顔絵入りのものにリニューアルされていました。

結局「オホーツク9号」は旭川駅を25分遅れで出発。指定席は混んでいて、私の席は
酔っ払いに占拠されていたので、ガラガラの自由席に避難して一夜を過ごしました。

早朝の網走駅では、6:23発の「オホーツク2号」のために、そば屋が店を開けており、
駅弁もそこにあるはずが見当たりません。もう一度中を覗くと、袋に小分けされた駅弁
らしき品が見えたので一安心。
そんな時に「オホーツク2号」の車販嬢が現われ、積込用の駅弁を持って行きましたが、
その数の少ないことに驚きました。恐らく、サンドイッチも含めて10個もなかったように
見えました。もっとも、列車はそれを反映するかのようにガラガラでしたが。

(10)は網走駅弁の定番で、蟹のほぐし身を中心とした標準的なスタイルのかにめし。少々
甘口な味付けは好みが分かれそうです。
(11)は小ぶりな帆立の煮付けが、茶飯の上に敷き詰められたもの。やはり甘みが強いの
で、続くと少々飽きが来ます。

まずは摩周まで下り、温泉に入ってから川湯温泉へ行くつもりが、早朝営業している
はずの立ち寄り温泉が潰れていて(;_;)、他に開いている温泉も無く、摩周駅前から
弟子屈町内を散歩して二時間弱のインターバルを過ごす羽目になりました。
その後駅へ戻って、待合室にある観光協会案内所兼売店で豚丼を購入しました。

今年の京王では取り逃がしていたので、今回初めて食しましたが、想像以上の味わい
でした。
購入したときは「出来立てだよ」とのことでしたが、川湯温泉に往復して入浴している
間に常温になった品を食べました。
まず最初に飛び込んで来るのは、炭火で香ばしく焼かれた豚肉の香り。肉質も柔らかく、
タレとの相性も抜群です。また、このタレをかぶった十穀米入りのご飯の味を引き立てて
おり、箸を休める気がしません。
正直なところ、これほどのものとは思いませんでした。
これまで私の中では、豚丼と言えば発祥地帯広の「ぱんちょう」が一番と思っていましたが、
これに匹敵する味わいを、駅弁の中で表現していることに驚かされます。
京王で売れたのは話題性だけでは無かったことを、改めて思い知らされました。
多くの人に、現地へ出向いても味わって欲しい逸品です。
販売状況は月曜日が定休で、火曜日に不定休があるとのこと。朝は概ね9:30には店頭に
並ぶとのことでした。

川湯温泉から東釧路で根室行に乗り継ぎ、ひたすら根室を目指します。
根室駅は昨年10月頃に、駅弁販売が始まったらしいとの情報がネット上で出回った際に、
「よりによって根室か・・・」とため息をついたところ。通算では5回くらい来ている筈ですが、
駅の写真が一枚も残っていない有様で、今回調査に出直してきました。
調製元が釧祥館さんなのは判明しているので、事前に電話予約しておき受け取りました。
通常は待合室内のキヨスクで、朝8:00から二種類を販売しているとのこと。もともと釧路まで
二時間以上かかる駅だけに、駅弁が無かったこと自体不思議な気もします。

(13)はプラスチック製の釜に、茶飯を敷いて中央に蟹の剥き身を盛り、周辺に椎茸や
錦糸卵を散らしたもの。味は悪くないものの、いかんせん蟹の量が少なく、北海道
らしさを感じるには少々不満の残る内容でした。
似たような品で言えば、兵庫県豊岡駅の「但馬かに釜めし」の方が、これでもかという
量の蟹を盛り付けており、価格帯も同じとあっては分が悪く感じます。
(14)は(13)にいくらが追加されたような内容。容器は普通の発泡容器ですが、40円UPで
蟹の量も多く、こちらは満足出来る内容でした。
二品を並べるのであれば、せっかく根室には「エスカロップ」というオンリーワンな
名物があるだけに、地域色豊かな品を置いても良いような気がしました。
ただ、駅弁大会で「エスカロップ丼(?)」とか並べても、売れないかなあとは思いますが。

根室に来るためのノルマ(?)である、単純往復4時間半を過ごして18時過ぎにようやく
釧路駅に到着。釧祥館さんは先程二品を購入しているので、引田屋さんの売店を覗くと、
いつも品切れだった(15)があったので、すかさず購入。
価格は値上がりしていましたが、茶そばで生姜を巻いた寿司というのは、全国でもここ
だけかと思います。ただ、生姜(ガリ)の味が強いので、そばの風味があまり感じられない
のが残念。他の具材を考えた方が、そばの風味が生きるような気がしました。

最後は池田駅で、デッキ渡しで(16)を購入。かなり満腹でしたが、予想通り箸を付け
始めるとあっという間に食が進む絶品です。車内販売で注文を取っても、十分売れそうな
気がしますが、実現しないのは何か事情があるのでしょうか。

>上ちゃん:
こちらこそご無沙汰しております。
釧路・帯広始発列車の車内限定弁当ですが、以前より縮小されたようで、ワゴンサービスの
メニューを見る限り、次のような内容のようです。
釧路発:「幕の内弁当」「おにぎり弁当」(客室乗務員企画商品)
帯広発:「幕の内弁当」「豚丼(750円)」「サンドイッチ(ホテルノースランド帯広特製)」

ただ、以前は表記があった(と思われる)「車内限定」の文字はどこにもありません。
実際のところ、私は何度と無くこの区間の列車に乗っているのですが、現物を目にした
記憶がありません。
どうしても幕の内系が多いのと、他に魅力的な駅弁が多いので、目が向いていないだけ
かも知れませんが・・・。

>ゆういちさん:
コメントありがとうございます。
富良野駅は、この時期は無予約でも購入できる、という理解で良いと思います。
ただ、こういう販売形態だと変化が激しいので、なかなか確実な情報を提供しにくいのが、
家主的には頭が痛いところです。
名寄駅は販売環境が苦しい中で、新作への挑戦など意欲的な取り組みは評価をしています。
ただ、全体的に小ぶりな商品が多い割りに、価格はやや高めに感じます。
駅弁は安ければ良い、と言うものではありませんが、値ごろ感は大事な要素だと思います。

また、静内駅の詳細なレポートをありがとうございます。
予告の段階で予想はしていましたが、ほとんど「詐欺」ですね。
ただ、あまりの酷さに驚き、怒り、困惑と様々な感情が入り乱れて、どうもコメントが
まとまりません。
もう一度熟読させていただいて、考えをまとめた上でコメントさせていただきたいと思い
ます。
--------------------------------------------------------------------------------
イカサマ「駅弁屋」、それは静内駅の西谷辨當店(後)  投稿者: ゆういち  投稿日: 6月25日(土)23時11分29秒

6月5日(日)

駅弁を購入する当日です。朝5時に起床。苫小牧5:50発(!)の静内行きディーゼルカーに乗り込みます。早すぎる時間ではありますが、これに乗らないと約束の時間に着きません。
日曜日の早朝ゆえ、乗客は途中から私一人… 太平洋を眺めつつまだ見ぬ駅弁に思いをはせ、定刻7:32に静内駅に到着しました。
改札を出ると、売店はすぐ分かりました。構内の様子は10年ほど前に訪れた時と全然違います。どうやらリフォームしたようで、売店の位置もすっかり変わっていました。

ゆ:「駅弁を予約していたゆういちと申します、おはようございます」
西:(なぜか顔をそむけて)「あっ、ああ…」
ゆ:「あのう、駅弁を予約していた者ですが」
西:「…まだ来てないんだよね」
ゆ:「はぁ?でも、もうすぐ来るんですよね?」
西:「…いや〜それが…10時ぐらいには…」
ゆ:「10時!? 時間も告げておいたじゃないですか。私はそちらが了解したからこの時間に来たんですよ」
西:「…」
ゆ:「僕は8時すぎの苫小牧行きに乗る予定です、10時なんて待てません」
西:「…ちょっと待ってください」とどこかに電話。

先方の対応ぶりに頭に来つつも、まだまだ期待して待つことしばし。呆然と眺めていると、売店にはいかめし(大・小と2種類ありました)駅弁8種類の空箱がズラリと並べられており、「土日のみ予約販売」の文字があるのを発見。電話ではいかめしほか4種類という話であり、説明と異なる事実に軽い不快感を覚えつつも、一応ちゃんと売っているんだよな…と自分に言い聞かせます。
そうこうするうちに、時間は8時を過ぎました。列車の発車時刻は8:17ですから、もう乗り始めているお客さんもいます。
時間もあと10分になりました。このまま帰ろうか、残って状況を見定めようか、どうしようか迷いつつ、何となく駅前ロータリーを眺めていると、半透明のビニール袋を下げた中年男性の姿が。何かの折り詰めかどうか分かりませんが、少なくとも自分の頼んだものではないな、と目をそらします。
そうしたら、その中身がいつの間にか中年男性から売店の店員にバトンタッチされたんでしょう。店員がその袋を手に提げて、やや離れた場所にいた私のもとにやってきました。

西:「…あの〜持ってきました。」
ゆ:「?」
西:「…あの〜持ってきました。幕の内5個持ってきました」
ゆ:「?」
西:「弁当頼みましたよね、だから持ってきたんですよ」
ゆ:(ここでさすがにキレる)「僕は幕の内なんて頼んでませんよ。しかも5個って…それ何ですか?」
西:「個数減らしますか?」
ゆ:「…」
西:「キャンセルするんですか?」
ゆ:「キャンセルも何も、頼んでないものを持って来られたって、そんなもの買うわけないでしょう」
西:「…」
ゆ:「頼んでいたものは一体どうなったんですか?」
西:「…この時期はアレ、食中毒とかが心配だから…」
ゆ:「はぁ? だって、あなたの方からこういう弁当がありますよ、って言ったんじゃないですか」
西:「…」
ゆ:「あぁ分かりましたよ。要するに、ここに並んでいる商品は実際には売ってないわけですね。予約したお客さんには、時間が遅れて…とか時期が時期だからやってない、とかそうやって嘘ついて言い訳しているだけなんですね」
西:「いやいや、そういうわけじゃないんですが」
ゆ:「だってそうじゃないですか。さっきは時間が…という話だったのに、聞けばそもそも作ってないという話でしょう。本当は売ってないんですよね」
西:「いや〜、食中毒とかがアレなので…」
ゆ:「ふ〜ん、じゃあいつになったら売るんですか?」
西:「寒い時期になったら…」
ゆ:「それはいつなんです?何月ごろなんですか?」
西:「何月ってのはね、ちょっとアレ…」

もういいかげん、こんな人を相手にしていても無意味だと判断、「あっそう」とだけ言い残して帰ってきました。
ちなみに、唯一購入できた「いかめし」は、箱の中に小さないかめしがゴロンと1個だけ入っており、当然バランスも悪くて箱が外までベトベト。おまけに、味もインスタント物をただ温めただけのような最悪のもの。それを1個250円で売りつけられてはたまりません。不愉快極まりない思いのなか、30秒足らずで不味い駅弁を平らげました。


今回の一件については、店員の言う「寒い時期」になったら再訪して、今度こそ本当に事実を確認してから…とも考えましたし、その他の良心的な駅弁業者の方々にとってハタ迷惑な事実をあえて公表することに躊躇していたのも事実です。
そんな躊躇が結局、レポートをupするまでのタイムラグにつながっています。
ただ、行きつ戻りつ考えているうちに、現実を白日の下にさらすことで日光消毒できれば…との考えに至り、公開に踏み切ったものです。
どうかご理解ください。
--------------------------------------------------------------------------------
イカサマ「駅弁屋」、それは静内駅の西谷辨當店(前)  投稿者: ゆういち  投稿日: 6月25日(土)23時08分6秒

のっけから刺激的なタイトルですみません。
それでは、静内駅についてのレポートを書かせていただきます。やり取りはできるだけシンプルに、それでも忠実に再現したつもり。
内容は100%事実であることを、駅弁ファン歴20年の私が責任を持って申し上げます。
長文のレポートで失礼しますが、どうか最後までお付き合いいただきたく、よろしくお願いします。
なお、私ことゆういちを「ゆ」、西谷辨當店を「西」、JR静内駅員を「J」とそれぞれ略しますのでご了承ください。

5月20日(金)

駅弁の発売状況について調べるため、まずJR静内駅に電話。
ゆ:「お忙しいところすみません。そちらの駅で売っている駅弁のことについてうかがいたいのですが」
J:「“つぶめし”?それとも“いかめし”? (いかめしと聞き)それだったら、いま売店の人を呼んでくるから待ってください。売店に電話が回らないので…」
ゆ:(簡単にあいさつし)「駅弁についてうかがいたいのですが。“いかめし”を売っているそうですが」
西:「あぁ売ってますよ。少し前からね」
ゆ:「何個ぐらい売ってるんですか。あと販売している時間も教えていただけますか」
西:「…2個だけなんだよね。予約すれば取って置くけど… 時間は朝7時からやってます」
ゆ:「だったら、取り置きをお願いできますか。行く時期が近づいたら、また電話しますので」
西:「分かりました」
ゆ:「駅弁は“いかめし”1種類だけですか?他にはあるんでしょうか?」
西:「土・日だけ“幕の内”を売ってるんだよね。ふだんの平日はやってないけどね」
ゆ:「それじゃあ、それも合わせて予約したいと思います。お忙しいところすみません、どうもありがとうございました」
西:「電話は××××にかけて下さいね。それじゃあお待ちしています」

6月2日(木)

西谷辨當店に電話。土・日のみ発売という幕の内弁当に合わせて、訪問日を6月5日(日)に決定。スケジュールの都合により、前日は苫小牧駅前のビジネスホテルに泊まることにしました。

ゆ:「以前、電話でうかがった者です。駅弁の予約をさせていただきたいと思いまして…日にちが決まったので」
西:「あぁ、この間の人ですね。いつがいいんですか?」
ゆ:「3日後です、6月5日の日曜日です。時間のほうは、できるだけ早いほうがいいんですが」
西:「うちは7時からやってますので。7時以降だったらいつでもいいですよ」
ゆ:「それでしたら、7:30頃うかがいます。いかめしを1個と、あと土・日は幕の内もやってるそうですね?」
西:「幕の内?いやぁ、そうじゃないねぇ。いろいろあるんですよ。“黄金はらこめし”とか“うにイクラカニ弁当”とか“子持ちししゃも昆布めし”とか…どれにしますか?」
ゆ:「ええっ?本当ですか?いかめしの他に何種類あるんですか?」
西:「4種類あるります」
ゆ:「でしたら、全部1個づつお願いしてよろしいでしょうか」
西:「いいですよ。それじゃあ、“いかめし”を1個と、あと4種類の弁当を1個づつですね。お名前と連絡先を教えてください」

こんなふうにして電話は終わりました。
聞いた弁当名はどれも駅弁大会では売られているものの、これまでは大会専用商品と思われていたものばかり。思わぬ話にビックリしましたが、今まで食べたことのなかった弁当がまとめて手に入ると思うと嬉しい限りです。
その日は他に購入予定がなかったこともあり、数は多くても十分食べられると判断して予約しました。
--------------------------------------------------------------------------------
いろいろ…  投稿者: ゆういち  投稿日: 6月25日(土)14時09分1秒

家主さま その他皆さん こんにちは

>こよらかさん
柳井駅の駅弁?については、面白いことに買うたび掛け紙と中身が変わっています。
掛け紙のほうは現在は汎用パッケージになってしまったようですが…
朝の瀬戸内海を眺めつつ食べるお弁当は身体にも優しく、いつ食べても自分が駅弁ファンでよかったと思える一品です。
業者自体の存続はもちろん、寝台特急の行く末も覚束ない状況と聞きますので、
お早めにご賞味いただければ、と思います。

>ところで駅弁の入手に寝台列車への乗車が必要な箇所は、ここだけですか?
私がいま思いつくのは、柳井だけですね。
まあ、寝台列車にはほとんど乗ったことがないので(柳井駅のものについては、すべて徳山から乗車)、あまり参考にならないかも知れませんが…

米原駅の「愛知万博記念弁当」、収穫できそうですか?
こよらかさんの新作駅弁に対する情報収集力、収穫への努力には以前から敬服しており、
大変参考にさせていただいています。
今後もぜひご報告を期待しております。

ところで家主さまご紹介の富良野駅ですが、私が先日訪れた際には待合室内キヨスクに「(とんとろ丼を)予約販売します」と書いてありました。
確かに時期は夏だけだったような、でも無予約購入はできるんでしょうかね?
夏シーズンはとにかく大勢の観光客が訪れますし、「富良野・美瑛ノロッコ号」「フラノラベンダーエクスプレス」の始発&終着駅となりますので、需要は相当期待できそうに思えるのですが…

名寄駅については、最近になって営業時間と商品ラインアップを整理したようですね。
品揃えがずいぶん減った気がします。国鉄時代から売られていた名物「きのこ弁当」「いか寿し」が消えたのはとても残念… 車内販売中心を見据えての措置なんでしょうが、廉価品がなくなって、むしろ割高感の強い高価格帯の商品「蝦夷っ子ちらし寿し」「北の味きのこごはん」等が幅を利かせているのを見ると、やむを得ないこととはいえ複雑な心境です。
--------------------------------------------------------------------------------
北海道の車内限定弁当  投稿者: 上ちゃん  投稿日: 6月25日(土)00時47分6秒

のーむさん、お久しぶりです。駅弁活動も掲示板も活発化してきましたね。

岩見沢はなかなか厳しそうですね。私もこの夏にもし行けるとしても、もともと販売のない土日を予定していますので、半ば諦めています(^^;)。

さて、北海道内の帯広始発、釧路始発の特急列車には車内限定弁当があると聞いていますが、実際のところどうなのでしょうか? スーパーとかち「雄大弁当(彩弁当)」やスーパーおおぞら「おにぎり弁当」、「くしろ北紀行」、「くしろ四季の旅」などがそれに当たるかと思うのですが。もし乗車されるようでしたらぜひ調査をよろしくお願いします。

どうぞ良い旅をお続け下さい。
http://ekiben.or.tv/
--------------------------------------------------------------------------------
もう一度「予約」を考える  投稿者: のーむ(家主)  投稿日: 6月25日(土)00時03分26秒

皆様こんばんは、引き続き旭川のネットカフェから書き込んでいます。

ゆういちさんやこよらかさんの投稿を読んで、正直なところ「こんなに多いか」という
気分です。
それも、どこか特定の調製元だけに集中しているのであれば、それを徹底的に指摘すれば
済むことですが、どうもそうでは無いようで、逆に問題の根の深さを感じます。

改めて考えてみると、私も昨年から今年にかけて「駅弁の達人」絡みで、予約を入れる
場面が多くありましたが、ずいぶんな対応をされたことを思い出してしまいました。

兵庫県のK駅で「そば屋に取りに行きます」と言ったにも関わらず、台売りの方に置かれて
いて、挙句の果てにその売り子から「普段はこんな取り置きなんてしないんだよ」と捨て
台詞を吐かれこともありました。

奈良県のY駅で、わざわざFAXで注文したにも関わらず日付を勘違いされ、確認の電話を
こちらから入れたら「何でこの間取りに来なかったんですか?」と苦情を言われたり。
もちろん、動かぬ証拠があるのですぐに決着しましたが。

ただ、これらの駅でいつもそんな問題が起きているかと言えば、そんなことはなくて、
むしろ良心的な対応をネット上で目にしたり、私自身も数多く体験しています。
私や当処の常連さん達は、平均以上に駅弁を購入しており、当然予約を入れる回数も
増えてきますから、トラブルに遭う確率も必然的に高くなるのかも知れません。
しかし同時に、無理をお願いして聞き入れてもらったりと、そのマイナスを補って余り
あるメリットを受ける機会があります。

むしろ問題なのは、そんな場面にごく普通の旅行者が、駅弁に興味を持ち始めたばかりの
方が遭遇したとき、どんな気持ちになるでしょうか。
「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とは使い古された言葉ですが、「駅弁」そのものに対する
イメージまで大きく損ねてしまうことになります。
中央会、または各地区本部単位でも、苦情受付窓口のようなものが必要なのかも知れません。
人間のすることですから、ミスはゼロにはなりませんが、限りなくゼロに近づける努力を
するかしないか、その結果は雲泥の差があります。
「自分のところはちゃんとやっている」と思われる駅弁屋さんも多いとは思いますが、業界
全体の問題として、考えていただきたいと切に願います。

ただ、こんなにうるさく言われるなら、予約は受けないとか、電話予約は受けないみたいな
話にはならないように願いたいと思います。国鉄時代の「値上げ〜乗客減〜収益悪化〜値上げ」
のような悪循環に陥ることが無いように。

>ゆういちさん:
いろいろご心配をお掛けしました。m(__)m
あまりにも中国に滞在している時間が長いので、中国版「駅弁案内処」を作っては?などと
揶揄されたりもするのですが、実はまだ、中国の鉄道に乗る暇すらありません。
のんびり焦らず、サイト運営を楽しんで行きたいと思いますので、引き続きお付き合いの
程をお願いいたします。

予約のトラブルについては上に書いたとおりですが、ゆういちさんがおっしゃるように我々
「買う側」のマナーも問われる部分がありますね。
過度な要求をしない、という点は全く同感で、当処の情報も、どこまでが可能な範囲なのか、
という点を出来るだけ明らかにする、という観点で掲載情報の内容と程度を駅ごとに変えて
います。
柳井駅の水了軒さんが予約を受けないのは、かつてそのような無断キャンセルに数多く直面
したからだと思いますが、大変残念なことだと思います。
ただ、経費と手間は掛かりますが電話で確認作業をするだけで、この手のトラブルは大きく
減らすことが出来るような気がします。

静内駅弁については、ゆういちさんの報告に期待して今回の調査日程には入れてはいないの
ですが、どうも大変だったようで・・・。
改めてのご報告をお待ちしております。

>こよらかさん:
コメントありがとうございます。
皆さんがたくさん書き込んでいただいているのに、コメントできない状況というのもツライ
ものがあったりしますが、これだけ多くの方々にご心配いただいたり、励ましをいただける
ことを幸せと考えたいと思います。

予約したものを勝手にキャンセル、というのも開いた口が塞がりませんが、これも電話一本
すれば、何の問題も起きない例ですよね。
今日私が体験したような場面でも、確認の電話が無ければ同じような経験をする羽目になった
かも知れません。

特定の列車に乗らないと購入できない、というと「リゾートしらかみ」乗車客だけが買える
「晩酌セット」などが思いつきますが、これ以外というと柳井駅弁だけのような気がします。

>駅弁のあら竹 ぴーちゃん:
雑誌掲載の更新情報をありがとうございます。
今日、次々回の協力依頼メールが来ていました。(^^;
アドバイスというほどのことをお話したかどうか、所詮素人の思いつきですから、何とも
気恥ずかしい思いです。
仮に役に立つアドバイスだったとしても、それを生かすも殺すも、これは聞いた方の姿勢
ひとつだと思います。
それが結果としてプラスの方向につながっているのであれば、大変嬉しく思います。
--------------------------------------------------------------------------------
定番品つれづれ(収穫報告その1)  投稿者: のーむ(家主)  投稿日: 6月24日(金)22時57分55秒

皆様こんばんは、のーむ@旭川です。
今夜は「オホーツク9号」車中泊なので、市内のネットカフェで時間を潰しています。
取り急ぎ、昨日と今日の収穫報告から。

※記載は購入順、カッコ内は消費時刻
6月23日(木)
(1)上野駅 常盤軒「薩摩黒豚味噌焼弁当」850円(19:30)
(2)上野駅 崎陽軒「ポケットシウマイ」230円(20:00)

前述の通り、上野駅から「北斗星3号」で出発。仕事が終わらなければ、新幹線を別払い
して福島あたりで追いつく、なんてことも考えていましたが、杞憂に終わり上野から無事
ソロの二階室に乗車出来ました。

車内の夕食は大連絡橋の「膳まい」にて購入。
(1)は随分前からあるように記憶しており、食べた記憶もあるのですが再度購入。
辛味の効いた豚肉は思ったより柔らかく、白いご飯とよく合います。
(2)は「もう一品」の定番。このサイズが売れる商品として成り立つのは、やはり「シウ
マイ」のブランド力なのでしょうか。

夕食をこれだけに絞ったのは、せっかく食堂車があるので、たまには利用してみようと
思ったからですが、結局パブタイム開始を待たずに寝入ってしまい、次に目を覚ました
のは営業終了の23時とあって、目論見は崩れてしまいました。(;_;)

6月24日(金)
(3)函館駅    みかど「みがき鰊弁当」840円(7:30)
(4)長万部駅   かなや「かにめし」1,000円(9:30)
(5)新千歳空港駅 三美「元祖うにめし」1,160円(13:00)
(6)新千歳空港駅 佐藤水産「たらば蟹鮨」1,100円(14:00)
(7)旭川駅    旭川駅立売「だいせつ寿し」880円(18:00)
(8)名寄駅    角舘商会「みそ豚丼」750円(夜食)
(9)名寄駅    角舘商会「たこ寿司」730円(21:00)

早朝の函館駅では「北斗星3号」の到着に合わせて、みかどさんの台売りが出ているので、
そこを物色し久々に購入したのが(3)。大分以前に食べた記憶はあるのですが、掛紙も
残っていないので購入。定番ではありますが、大ぶりな鰊と数の子の組み合わせは、
北海道に来たことを質・量共に実感させてくれる、良い品だと思います。

長万部で北斗星を降り、次の特急を待つ間に駅前のかなやさんで(4)を購入。これも定番
中の定番ですが、長万部に寄ると二回に一回は食べている、お気に入りです。
特に新作などはありませんでしたが、一時期休んでいたらしい「洋風お好み弁当」などは、
待ち時間は要するものの普通に無予約でも買えるとのこと。

長万部からは「スーパー北斗1号」で、洞爺で北斗星を追い抜き、南千歳まで先行。ここ
から新千歳空港まで往復して、売店調査と駅弁購入。
以前は南千歳寄り一カ所だけだった台売りが、ホーム中程の二カ所に増えていました。
空弁ブームの影響などもあるのでしょうか。
調製元は三美(みよし)さんと、「石狩鮨」ブランドで売る佐藤水産さんの二者が入り、
販売担当は三美さん。10:00〜18:30の営業とのことで、品揃えは結構な数に上ります。
まずは両社とも未食なので、とりあえず一品ずつ購入することに。

(5)はプラスチック製わっぱ容器に、白ご飯を敷き、その上に蒸しウニと小ぶりな帆立の
煮物などを乗せるもの。ただ、ウニの風味がイマイチで、量は満足出来るものの、値段
からするとちょっと割高に感じました。

一方の(6)は、佃煮らしきものを巻いた巻寿司に、たらば蟹の切身を押し寿司として
乗せたもの。蟹の風味、食感共に申し分なく、自分で食べてもお土産にしても、十分
満足出来る内容でした。

札幌では収穫を見送り、職場から直行したため持ち歩いていた仕事用の荷物を預けて
岩見沢へ。
ところが、何とここで痛恨の空振り。各種の情報から、不定休があるとは把握していた
ものの、まさかそれに当たるとは・・・。

この後は滝川回りで富良野へ。滝川は一応一回りしたものの、駅弁の影も無し。
富良野も以前から販売が「ある」「ない」と意見が別れていた駅なので、再度調査に
訪問しました。
結局、6〜9月の繁忙期を中心に、改札外待合室のキヨスクで「ふらのとんとろ丼」一種類
のみを販売する、というのが正解のようです。季節販売とは言え、現地販売の実績がある
のであれば、当処では駅弁販売駅として扱いたいと思います。
しかし、いつも思うことですが、駅員氏に駅弁のことを訊ねて、まともな返事が返って
来ないというのも、別の意味で問題な気がします。富良野駅の駅員氏に「駅弁はありますか」
と訊ねたら、「うーん、札幌まで無いなあ」だそうで・・・。
観光地の玄関口としてはお粗末過ぎるように思います。

この後は富良野線経由で旭川へ。どうも最近、妙な感情が働いてここの駅弁を避けている
自分がいたので(苦笑)、久しぶりに購入したのが(7)。
細長い容器に押寿司とちらし寿司の中間のような体裁で、いくら、鱒、蟹、穴子などの
ネタが乗るもの。色々楽しめて腹持ちもよく、手頃な値段とあいまって良い駅弁だと思い
ます。
目新しいところでは、昨年登場の「ラム肉丼」が、加熱式ですが通年販売とのでした。

本日最後の収穫は名寄駅へ。19時過ぎの到着なので取り置き依頼の電話を途中で入れると、
駅の売店は16:45で閉店するようになったとのこと。ただ、最終の特急に積込があるので、
その際に受け渡すことで何とか入手の目処がつきました。

・・・と、ここまでは良かったのですが、名寄に着いて駅前をウロウロしていると、駅の構内
放送が聞こえてきて、乗車予定のスーパー宗谷4号が、車両故障で豊富駅で運転打ち切り、
とのこと。さてどうするかと思っていたら、角舘さんから電話が来て「どうしますか?」
と尋ねてきました。
幸い代行バスが出るということなので、受取場所を急遽バス停前に変更して、無事購入
することが出来ました。当たり前のことですが、電話一本入るだけで、特にアクシデント
発生時には、安心させられます。

代行バスは士別、和寒と特急停車駅に立ち寄り、旭川へ21時少し前に滑り込みましたが、
21時の札幌行「オホーツク」に接続できるかどうか、添乗した名寄駅旅行センターの方が
ギリギリの折衝を行っていましたが、なかなか見事な対応振りで、苛立つ乗客をうまく
治めていました。

代行バスの車中では写真も撮れなかったので、旭川駅に着いてから(8)を消費。定番品
ですが、これまで巡り合わせが悪く取り逃がしていたので、今回は予約を入れて収穫。
食べてみると、ご飯はただの酢飯ではなく、五目寿司風の混ぜ酢飯で、その上に乗る蛸の
スライスも非常に柔らかく、あっさりと完食してしまいました。
(9)はこれから「オホーツク」の車内で夜食にします。

投稿へのコメントは、引き続き記しますので、しばしお待ち下さい。
--------------------------------------------------------------------------------
写真拝借の御礼  投稿者: 駅弁のあら竹 ぴーちゃん  投稿日: 6月24日(金)20時51分24秒

のーむさん、みなさん、こんばんわ〜♪

管理人さまののーむさんが書かれると、とたんに掲示板が活発な話題でにぎやかになり、また、ピシッと締まるような感覚を覚えます。
今ごろは、北海道のどちらでしょうか?

ところで、昨年にお目にかかりました時、のーむさんのお仕事の経験からの実例的アドバイスを頂戴し、「なるほど!!」とばかりに手をたたく心地で、この1年コツコツと実行に移し、かなりの成果に(売り上げ向上)つながっておりますこと、うれしいご報告とさせていただきます。

また、春前にご協力をお願いいたしました雑誌も無事完成したようで、手元に送られてきました。
あら竹のHPでも、春から溜めておりました「雑誌掲載記事」の更新をいたしました。
まだまだ、半分くらいしかアップできておりませんが、取り急ぎご報告申し上げます。
(スキャナーに時間がかかって・・・・モォ〜〜たいへんですが・・・^^;;;;)
まだまだ手つかずな雑誌も多いんですが、とりあえずの分、体力の限り、できるだけ更新作業いたしましたのよ^^;;;;;;;。
駅弁未体験の方にも、ぜひともご覧いただきたく、ご披露申し上げます。

http://www.ekiben-aratake.com/sinbunzasikeisai%20bun.htm

こちらの上から4つが、最新公開です〜♪
http://www.ekiben-aratake.com
--------------------------------------------------------------------------------
予約の話題ほか  投稿者: こよらか  投稿日: 6月24日(金)17時24分35秒

のーむさん、みなさん、こんばんは。
のーむさんの不在時は私も心配でした。お疲れ様でした。そしてお帰りなさいませ。
また賑やかな掲示板になってきましたこと、嬉しく思います。
亀レスってことはないですよ。毎回丁寧で適切なご返事、どうもありがとうございます。

予約の話題が挙がっていましたが、みなさんことのほか予約手違いが多々あるようですね。
私も何回か経験ありますが、こういったことの積み重なりが駅弁離れの原因となりますので
解消されることを願ってやまないです。
「予約したお客さんが購入できず、無予約の方の誰かがいとも簡単に買えている」と思うとやりきれないですよね。
当日になって急に天候が悪化して(お客が見込めなくて売れないだろう・・・と)
予約分まで作るのを取りやめられたことが、昨年の秋にありました。
信頼をなくしても平気なのか疑ってしまいます。(ちなみにこちら、最近売り上げ9割減と
報道があったばかりの福知山線の駅弁屋さんです)
補足情報として、こちらは駅の売店へ直接予約すればこういったドタキャンはなく確実とのことです。

>ゆういちさん
柳井の駅弁=予約不可になっているのはそういった事情からだったのですね。評判が良いそうで、
私もいつか収穫してみたいです。ところで駅弁の入手に寝台列車への乗車が必要な箇所は、ここだけですか?
米原駅の「愛知万博記念弁当」のご紹介も、ありがとうございました。

最近の収穫報告はまたのちほど。それでは失礼しました。
--------------------------------------------------------------------------------
惜別のいわき駅弁(収穫報告後編)  投稿者: のーむ(家主)  投稿日: 6月24日(金)15時46分37秒

皆様こんにちは、のーむ@富良野です。
すっかり遅くなりましたが、北海道収穫報告の前に、5月中旬の収穫報告、後編です。

5月15日(日)
(4)上野駅 肉の万世「万かつサンド」600円(8:30)
(5)水戸駅  芝田屋「将軍」840円(11:00)
(6)勝田駅  鈴木屋「おむすび弁当」460円(14:30)
(7)いわき駅 住吉屋「いわき七浜」920円(13:00)
(8)いわき駅 住吉屋「いわき弁当」740円(16:30)
(9)いわき駅 住吉屋「うにめし弁当」950円(19:00)

前述の通り今回は「土日きっぷ」利用なので、主目的であるいわき駅に昼時の到着を
目指して、上野駅から「フレッシュひたち」で出発。
その前に大連絡橋の「膳まい」で朝食用に購入したのが(4)。かつサンドと言えば
「まい泉」さんですが、並んで置かれていたので食べ比べてみることに。肉質は柔らかく
遜色無い感じですが、ソースの味は個人的にまい泉さんの方が好みでした。

水戸駅で下車して(5)を購入。著名な駅弁なのに未食だったのは、水戸くらいの距離だと、
いつでも来られるような気がして手が伸びなかったところ。また、水戸駅売店の陳列方法
も手が伸びにくい理由かと思います。
展示物が中身のみで、現物は奥に仕舞われているため、パッケージで判断する趣味者と
しては困ることが多く、かと言って普通弁当が多い品揃えでは、普通の利用客も個々の
違いが分かりにくいのでは、と思ってしまいます。

引き続き勝田駅へ移動し売店調査。ここは以前、橋上駅舎化直後に訪問したのですが、
ホーム上にある売店を見落としていました。調査がてらに購入したのが(6)で、値段の
割にボリューム感のあるおにぎりが二つ入るもの。

乗車した「スーパーひたち」が原ノ町行だったため、いわき駅では到着ホームで分割併合
があり、そこで台を置いた立売さんがが駅弁を売っていました。一気に三品をまとめ買い
しながら話を聞くと、6月以降は水戸駅の二社が製造販売を引き継ぐとのことで、既に
各所の掲示板などで触れられていますが「うにめし弁当」は、鈴木屋さんに引き継がれて
残るとの話を聞き、最悪の事態だけは免れたように感じました。
個人的に思い入れの深い品だけに、過去帳入りさせるにはあまりに惜しいと思っていました。
住吉屋さんの名前が消えるのは残念ですが、名物駅弁の灯が消すことなく、尽力された
関係者に敬意を表したいと思います。

そんな「うにめし弁当」ばかり食べていたせいで、他のいわき駅弁は実はどれも初物。
(7)は上等幕の内的な位置付けですが、可も無く不可も無しといった感じの、無難に
まとまった幕の内。
(8)はいわき市内の観光名所が描かれた掛紙が、駅弁らしさを主張するものの、内容は
平凡な印象で、正直言えばもうひと工夫欲しい、と言ったところでした。

いわきからは久々の磐越東線で郡山へ出て、随分様変わりした駅弁売店を調査。在来線
改札の正面にあった売店は、NREさんを含めた三社共同売店に、新在乗換改札口脇では、
福豆屋さんの売店がリニューアルしており、下り新幹線ホームからは駅弁売店が消えて
いました。
最も旅客流動が多そうな、新幹線改札口外に、駅弁売店がひとつも無いのは以前からの
疑問ですが、新幹線の乗車時間を考えると、あまり必要性が無いのかも知れません。

福島駅、米沢駅と下車して歩くも、米沢駅の改札外コンコースキヨスクで売られる品が
増えていた位で、食指の動く品も無かったので、この後に期待して見送り。

赤湯駅は、先日倒壊ていおーさんからご紹介があり調査に訪問。訪問時点では売り切れて
いましたが、改札外のキヨスクで毎日11時頃から、米沢駅新杵屋さんの「牛肉どまんなか」
のみ販売しているとのこと。数年前から実績があるようなので、ここは駅弁販売駅として
認定して良さそうです。

山形もこよらかさんからご紹介があったように、改札外待合室の売店位置が若干移動しており、
以前よりは目立つようになりました。看板が「山形駅弁」という、仙台や郡山と同様の物に
変わっていましたが、こちらの取り扱いは森弁当部さん単独のままでした。
しかし、時間が悪かったのか未食の品は何も無く、腹具合も考えてここも見送り。

仙台へ抜ける車中で、いわきから運んで来た(9)を食しました。前述の通り、この品の
存続は決まったものの、オリジナルとしては最後の一食となるため、一口ごとにこれまで
の思い出が甦るような一時を過ごしました。
ほぼ完全にほぐしてあるため、うにとしての食感は強くありませんが、それを補って余り
ある風味と、甘辛く煮付けた椎茸と、彩り鮮やかな錦糸卵の取り合わせは、絶妙以外の
何物でも無いと思います。
数あるうに系駅弁の中でも、組み合わせの見事さ、バランス感覚の良さは他に無いものと
思います。

通算で30回以上は食べていると思いますが、いつ食べても裏切らない安心感も忘れられ
ません。
これを生み出して、名物駅弁に育て上げ、守り続けて来た住吉屋さんに、改めてお礼と
感謝の気持ちを込めて、ここに記したいと思います。

あまりにも思い入れたっぷりに食べたため、この後何か別の品を食す気にならず、ここで
打ち止めとなりました。
間の抜けた報告で大変失礼致しました。m(__)m

>5/15 こよらかさん:
超亀レスで申し訳ありません。m(__)mm(__)mm(__)m
この前の日、長野駅の「とりステーキ」を収穫しました。ご紹介をいただきありがとう
ございます。
報告でも書きましたが、最近の鳥系駅弁の中ではかなりの出来栄えだと思いました。
地鶏を使った駅弁は、食傷気味なほど各地にありますが、ステーキという調理技法に
目をつけたのは珍しいように思います。
ナカジマ会館さんは、定期的に新作が登場してくるので、また次回作にも期待したい
ところですね。
--------------------------------------------------------------------------------
夜分失礼いたします。  投稿者: ゆういち  投稿日: 6月24日(金)00時52分44秒

家主さま その他皆さん こんばんは

>家主さま
長期にわたる出張、ご苦労さまです。
掲示板からもしばらく不在で心配しておりましたが、安心しました。
なかなか駅弁に割く時間が取れないようですが、まぁ本業あっての趣味ですからね。
お互いマイペースで…とは、以前の私に対するコメントでしたね。大変失礼いたしました^^;)

最近話題になっている予約上のトラブル、私も何度か経験はあります。
言いたいことは↓でほとんど言われてしまっているので^^;)多くは語りませんが、
とにかく業者にまずしっかりしてもらいたいと思います。
ただし、業者の方から聞く話として、逆に利用客の方にもドタキャン、ドロンが多いとのこと。「所詮駅弁1つ…と思われているのかも知れないが、作るほうとしては腹が立つし、何より悲しい」などという嘆きを何度耳にしたことか。客なんだから何でもOK、という姿勢が許されるわけはないはずで、我々の側にも問われるモラルがあるように思います。
(引渡しの場所や時間について、過度な要求をしない、などもこれに含まれるんじゃないでしょうか)

実際、その最たる例なのが、先日のTV番組で紹介された幻の駅弁?柳井駅。
お店の方いわく「以前は注文を受け駅まで持っていったけど、引き取りに来ない客があまりに多くて… だから今は予約は一切お断り。どうしても欲しければ、寝台特急の車内販売をご利用ください」とのこと。
電話の応対は非常に丁寧であり、駅弁の味も水準以上のレベルだと思うのですが…
こうした状況に会うたびに、非常に考えさせられる気がします。

ところで、例の「静内駅弁」の件ですが、現地に行ってまいりました。
顛末を書くべきかどうか、さんざん迷ったのですが、今回のハウステンボス7号さんなどの例もあるので、公開に踏み切ることにしました。
詳細は後ほど記しますが、私にとっては駅弁趣味暦??年の中で最大の屈辱を味わうことになりました。
--------------------------------------------------------------------------------
北海道へ行ってきます  投稿者: のーむ(家主)  投稿日: 6月24日(金)00時40分38秒

皆様こんばんは、のーむ@北斗星3号です。
先日ここで予告した通り、三泊四日の日程で北海道へ行ってきます。
溜まっていた仕事も無事に片付き(大部分は人に押し付けて・・・)、リフレッシュを
兼ねて、道内未調査駅の一掃を考えています。
事前にB寝台は押さえておいて、二日前にキャンセルの出たソロに振り替えて、快適な
道中を過ごしています。
とは言え、登場から15年以上経過しているだけに、あちこちに古さが目に付くのも事実
で、「サンライズ」あたりと比べると、改善が望まれるところです。

収穫報告は出来るだけ現地から書き込みたいと考えておりますので、ご笑覧いただければ
幸いに思います。

>6/16 Seiko Trainさん:
こちらこそご無沙汰しております。
「ひらめずし」再度挑戦されたのですね。ご満足いただけたようで嬉しく思います。
「旨囲門」に置かれるようになってから、割合手に入りやすくなったので、何かと重宝
しています。

先日、中国からのお客さんに振舞ったのも実は「ひらめずし」でした。昼食の後だった
せいか特別な感想はありませんでしたが、同行していた会社の女子社員(新潟出身)が、
「初めて食べました〜」と言って、一番喜んでいたのが印象的でした。
オフ会などで、またお会い出来るといいですね。

>6/23 山本町駅(瀬戸鷹)さん:
四国駅弁の購入状況報告をありがとうございます。
なかなか、このような観点でのルポは少ないので、貴重な情報源になると思います。
個別の事例で言えば、宇和島駅の電話確認は、下↓のような話のあとなので、嬉しく
思いますね。
こういう姿勢が今後の商売にも、必ずプラスになると思います。
欲を言えば、特殊弁当の復活も期待したいところです。

高知駅の場面は、私も昨年の正月に同じようなコースを検討したので想像がつきますが、
実行した勇気に敬意を表したいと思います。(^^;
今治駅の二葉さんは、途中駅という立地もあってか、デッキ渡しも手馴れた印象を受け
ますね。
手間のかかる仕事ではありますが、駅弁の味わい同様、大事に守って欲しい部分ですね。
--------------------------------------------------------------------------------
予約のトラブル  投稿者: のーむ(家主)  投稿日: 6月23日(木)23時51分17秒

皆様こんばんは。

>6/13 ハウステンボス7号さん:
ご来処ありがとうございます。また、コメントが遅くなり大変失礼致しました。
ご報告を読む限り、お気の毒としか言いようの無い結果で、さぞ悔しい思いをされたことと
思います。
個別の事例については、当事者間にしか状況が分からないので、本件の是非について、
私からコメントすることは差し控えたいと思います。ご容赦ください。

ただ、一般論として話すのであれば、同様の経験は私も多数あります。
予約した内容がキチンと伝わっていなかったり、電話での対応がぞんざいだったりという
ケースは、決して少なくありません。
予約をした際に電話番号を尋ねるのは、確認や万が一の代金請求のために商売上最低限の
行為だと思うのですが、それすらしないケースが、経験上四割くらいはあります。
ひどい場合は名前すら聞かずに電話を切ろうとして、慌ててこちらから念押ししたり。(^^;
もちろん人間のすることですから、ミスや勘違いはあることですが、他の業界に比べて、
多いように思います。個人経営に近い調製元が多いのも一因かとは思いますが、似たような
経営規模の旅館や商店で、そこまで問題を経験したことは無いように思います。

多くの調製元では「なるべく予約を」といって、予約購入を勧める割には、受け入れる
体制がお粗末だったり、予約そのものを軽く考えているケースが多いような気がします。
団体予約でもし手違いが起きたら、大変なクレームになることは誰でも想像出来ますが、
個人の予約で手違いが起きたとしても、一人のお客さんに謝ればいい、という気持ちが
どこかにあるのかも知れません。

個々の調製元では、電話応対の改善を重点目標に挙げたり、熱心に取り組んでいるケース
も見受けられますが、業界としての取り組みも必要なのかもしれません。
いずれにしても、このようなことが無いように猛省を促したいと思います。

>6/13 山本町駅(瀬戸鷹)さん:
コメントありがとうございます。
予約のトラブルについては、上に書いたとおりですが、いざ予約を入れるかどうかは、
おっしゃるとおり難しいところですね。
私も山本町駅さんと同様、営業時間や入手の難易度、収穫の必須性などを勘案して判断
していますが、それでも判断を誤るケースは多々あります。(;_;)
当処としては、山本町駅さんのような使われ方をイメージして情報を集めているので、
嬉しく思うと同時に、より判断がし易いよう、情報精度の向上に努めたいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
青い国 駅弁三昧  投稿者: 山本町駅(瀬戸鷹)  投稿日: 6月23日(木)23時41分54秒

こんばんは。今日は日帰りと言う強行ながら、四国の各駅で駅弁を買い継いでみました。味とかの感想はまた他の方のサイトに記すとしまして、ここでは入手などのエピソードを。と言っても、今回は全て予約です。

1.高知駅

土讃線系統はこの高知と、次の中村がターゲット。しかし問題が1つあり、仮に高知と中村の両方で1本づつ列車を落とすと、後の日程が組みにくく、かと言ってデッキ渡しもムリっぽいので、さまざまな検討を重ねた結果、「高知駅の2分の停車中に引き取るのがベスト」と判断。

高知はすでに「ダイエーホークス」の時代に3回ほどキャンプの見学に行っており、市電乗車や郵便局訪問などを済ませているため制約が少ない・・と言うのがありました。「<しまんと1号>の停車中に引き取りたいので、準備よろしく」と前日に確認を兼ねて電話を入れ、1番線の多度津方の専用売店に突進。

その姿を見てすぐ店員さんも「あ、あの人や」とすぐにわかったようで、直ちに商品が渡され、何とか中村へ直行できました。四国では珍しくない「特急利用」の通勤・通学客でほどほどに混雑し、ホームに滑り込んだときはすでに発車時刻を過ぎていましたが、「乗降に少し時間がかかる」と判断しました。「自分が遅らせる原因」は作っていないと自信は持ちますが、乗降そのものには予想ほどはかからなかったようで、もう少してこずっていたら、「見送り」しかなかったでしょうね。

2.中村駅

電話より早い時間に来たことと、業者さんと売店の経営が異なるせいか、意思疎通がうまくいっていないみたいでしたが、商品そのものはありました。駅弁はともかく、利用客はそれなりにあるようで、「国鉄時代から駅弁があってもおかしくない」と感じさせました。

なお、駅前の食堂が「駅弁」ののぼりを立てて、うなぎを使った「持ち帰り弁当」を「駅弁」とPRしており、駅弁とみなして差し支えないと判断したものの、店の営業が11時30分からで「準備中」の札がかかっていたこと、ここで1品増やすと、「予約している10品完食さえ・・」という懸念から、今回は見送り。

3.宇和島駅

こちらは予約の旨を告げると「えきべん」を直ちに渡されました。1時すぎでなかったとは思いませんが「どうしてもほしければ」予約が無難ではないかと感じます。ちなみにここの駅弁屋さん、前日に先方の方からわざわざ、私の携帯に確認の電話を入れてくださり、感謝。¥700を下る商品1つの購入に、高い通話料をもろともせずに確認を入れてくださる姿勢は、大変好感が持てました。

4.松山駅

15時すぎのホームの販売ワゴンには、ほとんどの商品が並べられており、四国の中では高松と並んで比較的駅弁が買いやすいようです。「坊ちゃん弁当」なども追加を考えましたが、前記の中村と同じ理由。

5.今治駅

松山では「単車LRV」と大手町の「ダイヤモンドクロス」の見学、そして3年前の坊ちゃんスタジアムでのホークス戦が日曜日で、郵便局へ寄れなかったことから、4時間弱油を売りました。本当ならこれに、「道後温泉本館」で旅の疲れを・・と目論んでいたのですが、うまく時間の融通ができず、温泉はパー。もっとも、3年前の野球後に浸かっていますから、そこはムリはする必要はなかったんですけどね。

そんなわけで、リニューアル8000系の指定席を取り、<しおかぜ30号>で帰路に。リニューアルと言うことと、「二葉」さんの営業時間を検討して「これがギリギリ」と判断した上でのことで、これは「デッキ渡し」をお願いしました。

「乗車車両は当日お知らせします」とお願いし、松山での街歩き中に電話。お手数をおかけしましたが、その分、すでに7個駅弁を食してパンパンの腹ながら、今治の2商品はペロリ!と言う事実が、ここの駅弁のうまさの本心ではないか?と感じました。ごちそうさまです。

今回は各駅の業者さん、どうもお手数をおかけしました。四国からは特急の車内販売が消えたり、高知駅スルーの特急が増えるなど、商売に苦労も多いかと思いますが、ますますのご健闘をお祈りいたします。
--------------------------------------------------------------------------------
業務連絡  投稿者: のーむ(家主)  投稿日: 6月23日(木)23時29分45秒

皆様こんばんは。

6月21日〜22日にかけての記事について、投稿者からの削除依頼により削除しました。
また、関連投稿も同時に削除しましたので、ご容赦願います。
--------------------------------------------------------------------------------
駅弁番組と横手駅  投稿者: のーむ(家主)  投稿日: 6月21日(火)18時16分25秒

皆様こんにちは。のーむ@草津6号です。
今日は群馬に日帰り出張なのですが、往復とも特急「草津」なのと、同行者がいないので、
ようやくコメントがはかどるようになりました。

>6/12 砂丘の白兎さん:
駅弁番組情報のご提供ありがとうございます。
「駅弁資料館」まっこうくじら館長が監修の番組ですね。当然のことながら中国出張中で
見ることは出来ませんでしたが、大分内容の濃い放送だったようですね。
不覚にも録画するのを失念していたので、再放送に期待するか、どこかでビデオを入手
するかして、内容を確かめたいと思っています。
ただ、「ヲタ」という言葉は、2ちゃんねる掲示板の特有な言葉であり、いささか蔑視や
自虐的な意味を含むため、見る方によっては不快に感じることもありますので、使用は
慎まれた方が良いと思います。

>6/12 倒壊ていおーさん:
コメントありがとうございます。
中国出張中でも毎日閲覧はしているのですが、トップページのカウンターが非表示になって
しまうので、どの程度訪問者数が増えたのか、実は把握出来ていません。
中国には「電脳長城」と呼ばれる国家単位のファイアウォールがあるそうで、危険と
思われるサイトを個別もしくはドメイン単位で、アクセス出来ないようにしているようです。

geocitiesやinfoseekのドメイン下にあるサイトは99%アクセス不可なので、「駅弁資料館」
も掲示板以外は入れなかったりします。
どういう訳か、当処のカウンターをレンタルしているサーバーも、その規制に引っ掛かって
いるらしく、アクセスログの解析ページにも入ることが出来ませんでした。
間が空いてしまいましたが、数字をご記憶でしたらお知らせいただけると幸いです。

6/12 ゆういちさん:
横手駅イベントの現地情報をありがとうございます。
復刻駅弁の難しさを感じる内容だったようですね。当時の調製元が盛業中で、直接手がける
ならまだしも、別の調製元で、なおかつ一日限りとあっては、再現にこだわるにしても、
限度があるような気はします。
その後にご投稿いただいた思い出話と、横手駅が華やかりし頃を思い出させてくれただけ
でも、良しとすべきなのでしょう。

>掛け紙1枚にも結構思い出がつまっているんだな…

同感です。私も過去に入手した掛紙や切符の類を整理していると、そのときにどんなこと
があったか、しばしば思い出します。そんな思い出を演出してくれる、これも駅弁の大きな
魅力だと思います。

6/12 砂丘の白兎さん:
「五穀米のお弁当」誕生秘話(?)、ご披露ありがとうございます。
その意見が実際に通ったのかは、米吾さんのみが知る話ではありますが、そう思えるだけ
でも嬉しいですね。
このような意見は言われないと分からないのも確かで、別の駅弁屋さんと話したとき、
私の感想を意外に受け止められた記憶があります。

6/13 ゆういちさん:
コメントありがとうございます。
確かに山陰地方は、鉄道の厳しい状況からすると、調製元各社のレベルは高いように感じ
ますね。
逆に考えれば、鉄道利用の絶対数が少ない中で生き残っていくためには、それ相応のレベル
が求められる、と言うことなのかも知れません。
--------------------------------------------------------------------------------
相次ぐ撤退報道に思うこと  投稿者: のーむ(家主)  投稿日: 6月21日(火)11時00分45秒

皆様こんにちは。
既にあちこちで話題になっていますが、仙台駅他で幅広く事業展開していた伯養軒さんが
事業譲渡・会社清算へ、岐阜駅の嘉寿美館加藤商店さんが自己破産するなど、信じられ
ないニュースが相次いでいます。
新聞記事などで事情を知ると、止むを得ないとは思うのですが、何とかこの嫌な流れを
止める術はないものかと考えてしまいます。

しかし、仙台駅から伯養軒のブランドが消えるわけではなく、経営主体が変わることで
老舗のブランドが輝きを取り戻すとすれば、経営の選択としては否定すべきものでは
無いように思います。
「企業の寿命は平均30年」という説があります。ある一定以上の規模と年数を経た組織は、
伝統の蓄積と共に、組織や思考の硬直化という問題を必ずと言っていいほど抱えて
います。
これを機に、新しい思考と手法での再出発を期待したいと、あえて前向きに考えたいと
思います。

>6/11 駅弁のあら竹 ぴーちゃん:
連載更新のお知らせをありがとうございます。
毎年、櫛の歯が抜けるように廃業・撤退のニュースを見るたび、残念な気持ちを抱いて
きました。
同時に、もっと出来ることがあるはずでは、という思いも拭いきれないのが、私の正直な
気持ちです。
コラムで書かれていた「駅売りの復権」を目指す姿勢、大いに共感するものがあります。
駅弁は、文化ではあっても慈善事業では無い以上、利益を生まなければ成り立たないと
思います。それをどのように生み出すかは各社それぞれの考え方と手法があるのでしょうが、
原点を大事にするその姿勢は不変であるべきかと思います。
「駅売りの復権」に向けて、何が必要なのか、私なりにこのサイトを通じて示唆して
来たつもりですが、公式サイトに詳細な売店情報を掲載する駅弁屋さんが増えたことで、
少しはこのサイトの意味もあったのかなと考えたりもします。

文中に書かれていた様々な問題と合わせて、どれも容易に解決できるものではありませんが、
安易な妥協ではなく、高みを目指すその姿勢に拍手を送りたいと思います。

多忙にかまけてなかなか更新すらままならない最近ですが、「駅売りの復権」を
目指す駅弁屋さん達の、少しでも力になれるよう努力して行きたいと考えます。
--------------------------------------------------------------------------------
智頭駅弁(?)関連の話題  投稿者: のーむ(家主)  投稿日: 6月20日(月)20時39分0秒

皆様こんばんは。先程やっと帰国しました。
取り急ぎ、コメントの続きです。

>6/5 ゆういちさん:
ご投稿をいただいた時は、まだ日本国内に居たのですが、押し寄せる仕事と格闘している
うちに、中国へ旅立ってしまいました。
万博記念駅弁は、言われて見ると静かな印象ですね。米原の井筒屋さんも発売している
とは意外な気もしましたが、JR東海エリアとしてお付き合いもあるのでしょう。
一日14個という個数にどんな意味があるのかは気になりますが。

>6/6 砂丘の白兎さん:
智頭駅弁の詳細情報とコメントをありがとうございます。
車販積込というのは確かに有力な拡販策ではありますが、よほど好評であったか、曜日
限定でも駅売りの実績が無いと、難しいような気がします。

>6/6 山本町駅(瀬戸鷹)さん:
コメントありがとうございます。
確かに、車販において他社の駅弁を扱う、というのは心情的にも難しい気がしますね。
終着駅同士や、中間駅での突発積込対応が可能な調製元の商品であれば、お互い融通
しあうという意味で「相互乗り入れ」も成り立つのかと思います。
ただ、智頭急行線内は乗務員が交代するわけですから、智頭急行さえその気になれば、
女性車掌に販売させるくらいのことは出来そうですね。

>6/6 ゆういちさん:
引き続きコメントをありがとうございます。
イベントなどで単発の駅弁を作ることは出来ても、継続的に「駅弁」として供給し続ける
のはなかなか大変なことだと思います。
作る側、売る側、買う側、それぞれの条件と熱意が揃わないと、なかなか定着はしない
ように思います。

JR系以外で調製元が直接車内販売を担当する、という事例はこの地区以外で、見かけた
記憶が無いのですが、どこか他に残っているのでしょうか?
少し前まで、伊那谷駅弁さんが飯田線の普通列車で、車内販売を行っていた事例があり
ましたが、「止めた」という話を聞いて以来続報が聞けていません。

>6/6 砂丘の白兎さん:
車販情報のご提供ありがとうございます。
アベ鳥取堂さんの車販は見かけた記憶があるのですが、下り、上りと分担していると
すれば、往復乗務が出来なくて効率が悪いような気もしますが、どうなのでしょう。
--------------------------------------------------------------------------------
ご無沙汰してましたm(__)m  投稿者: のーむ(家主)  投稿日: 6月19日(日)18時29分16秒

皆様こんばんは、のーむ@瀋陽です。
すっかり掲示板を留守にしていてご心配をお掛けしました。m(__)m
また、ご投稿いただいた皆様、コメントが遅くなり大変失礼いたしました。

5月後半は日本国内に留まってはいたのですが、仕事が忙しいときに限って、私用でも
忙しくなるもので、すっかりご無沙汰してしまいました。
5月末に中国からのお客様を迎えた際、新幹線移動があったのですが、その際にはしっかり
駅弁を振舞って、一応は駅弁サイトの管理人らしきことをしていたりしました。(^^;
一段落してから、中国は厦門へ出張のはずだったのですが、コメントがまとまらないまま、
出張に出てしまいました。

初上陸の厦門では、6日間で帰国する予定が、急遽瀋陽に来る必要が出てしまい、日本へ
帰るのと同じ時間をかけて移動してきました。
昨日までは、瀋陽北駅前の東横インに泊まっていたのですが、初めて泊まった東横インが
海外というのも笑えるような笑えないような・・・。(^^;

明日は日本に帰国予定ですが、二週続けて土日を潰してしまったので、今度の週末は一日
代休を取って、北へ旅立とうと画策しています。
・・・そんな体力が残っていれば、の話ですが。(>_<)

なお、いわき駅を含む収穫報告の後編ですが、ほぼ書き上げてはいたものの、勘違いで
自宅のPCに置いて来てしまったので、帰国後に報告させていただきます。m(__)m

>5/18 駅弁のあら竹 ぴーちゃん:
雑誌など掲載情報のご提供ありがとうございます。
ぴーちゃんがいつでも忙しいのは、皆さんご存知のことですが、最近はこちらにも伝染
したのでしょうか・・・。
先日の機関誌については、これからも続いて行く企画のようで、次回分も協力要請が
ありました。決して出来の良い写真では無いので、提供するのも恐縮な気はするのですが。

>5/21 ゆういちさん:
販売駅情報のご提供ありがとうございます。
静内駅の販売数量は、まさに「アリバイ作り」ですね。
ただ、糾弾することが目的ではないので、本末転倒ではありますが、この掲示板や各所で
繰り広げられた論議がきっかけで、曲がりなりにも現地販売が始まったのなら、それを
前向きに受け止めたいとは思います。
ただ、お世辞にも褒められた経緯や動機ではないので、今後も注意は必要かと思います。
現地情報のご報告もお待ちしております。

>5/23 ゆういちさん:
収穫のご報告をありがとうございます。
「土日きっぷ」は何をするにも使い勝手の良い切符なので、駅弁趣味者の共通目的で
日程を組むと、どうしても似たようなコースになるのでしょう。(^^;
記念弁当の件は、こよらかさんからフォローが入りましたので詳細は略しますが、ここ
数年、丸政さんでは毎年何らかの記念弁当が発売されている感じがしますね。

>5/23 駅弁のあら竹 ぴーちゃん:
テレビ放送レポートのお知らせありがとうございます。
これまでもあら竹さんでは、業界初な出来事が多いので、ある意味驚かなかったりも
します。(^^;
ただ、テレビに取り上げられる機会は多数あるにせよ、それをきちんとレポートに残して
いるマメさには、毎度のことながら頭が下がります。

>5/30 こよらかさん:
記念弁当の収穫報告と、フォローのコメントをありがとうございます。
「八ヶ岳の高原弁当」は、ブルーベリーにこだわった品のようですね。「ブルーベリー
風味牛焼肉」や「高原じゃがいものフロンティア風」など、名前からは想像しにくい
調理法が気になるところです。
ひとつ欲を言えば、ここ数年丸政さんの駅弁は、記念・限定駅弁は毎年のように新作が
出るものの、定番品に昇格するものが出てきても良いような気がします。
それと、公式サイト定番品の更新も願いたいところですね。

>5/31 ゆういちさん:
横手駅弁復刻のお知らせと、フォローのコメントありがとうございます。
「こまくさ」や「秋田リレー」が走っていた頃は、仕事の関係もあってよく横手駅には
立ち寄っていましたが、その当時、駅弁は既に無かったのか、時間が悪かったのか、
一度も駅弁を手にすることはありませんでした。
いまや普通列車しか立ち寄らない環境では、日常的に駅弁が置かれる事を期待するのは
難しいのでしょうね。

>6/4 こよらかさん:
補足情報ありがとうございます。
普通、本拠地の駅と支店の駅がある場合、支店の方は品揃えを絞って出すケースが多い
と思いますが、茅野駅で限定販売するということは、一定の需用があるということなの
でしょうね。

>6/5 砂丘の白兎さん:
ご来処ありがとうございます。「駅弁の小窓」をはじめ、各所での収獲記はいつも拝見
させていただいております。
智頭の駅弁(?)は、イベント限定だったようですが、嘉例川のように好評からすっかり
名物駅弁として定着した事例もありますので、今後に期待したいところですね。
なお、この後に同一文の投稿が複数回ありましたが、基本的に同一文の連続投稿は
スパム行為と見なしますので、ご遠慮下さるようお願い申し上げます。

この後のコメントは順次書き上げて行きます。
--------------------------------------------------------------------------------
ひらめずし  投稿者: Seiko Train  投稿日: 6月16日(木)00時18分3秒

のーむ様、ご無沙汰しております…。
少し前の話になりますが、5月17日に東京駅「旨囲門」で「ひらめずし」を購入しました。
「ひらめずし」…そう、のーむ様におススメされたものの::::^^;

あのとき私が抱いた思いは一体なんだったんだろう。。
とても繊細で優しく、口の中ですっ、と溶けるような上品な旨さ。
さすが、名弁当です。

またのーむ様とお会いできる日を楽しみにしております。
--------------------------------------------------------------------------------
事実としたら  投稿者: 山本町駅(瀬戸鷹)  投稿日: 6月13日(月)23時36分40秒

ハウステンボス7号さんへ

正直「あまりにもヒドイ」と言いましょうか、心中お察し申し上げます。こうまでしてもなお、「食べてみよう」と熱烈なコールをされている方に対するやり方かいな?と思ってしまいます。私も年始の旅行で佐賀駅の「かにちらしずし」を食べましたが、夕刻の閉店間際でも1個とはいえ残っており、「見た目」とは打って変わってのおいしさと安さに、高い評価をしていただけに、大変残念な気持ちです。

確かに売店にもたくさん人はいないでしょうから、「デッキ渡し」そのものがよいか悪いかは別ですが、「物理的にムリ」ならば断ればよいわけで、「受けた」以上はキッチリ出る義務があるわけで、いかにも「あっちゃ〜、すっかり忘れとったと・・」という気持ちが、文面を拝見する限り、そういった「申し訳ございません・・」という気持ちがほとんど見えてこないのでは、お怒りを爆発されるのももっともでしょうね。

しかも「何度も電話した」と言うとおり、ご本人も「思い出の残る旅行にするためにも、失敗のないように・・」と、何度も確認されるあたり、「旅なれている」フンイキを感じ取ることができ、これは「旅行をする上での基本」でもあろうかと思います。

私も全国各地の駅弁を集めるようになった中で、「これは絶対に外せない!」という駅弁がある時は、その駅の規模を判断して、こちらのサイトによる営業時間を確認した上で、総合判断して、予約するか、「現地へ行っても買えるだろう」と判断します。その判断は主観的な部分が強いのですが、昼食時とかからずれて「ヤバイなあ・・」と思ったりするときは、予約を入れます。

しかしながらその判断が時々誤ることがあり、15時過ぎで「全品売り切れ」という体験をした時は、結構行きにくい駅だっただけに、痛恨の思いで、「せめ列車に乗ってから降りるまで3時間以上あったんだしなあ・・」と後悔する思いでした。

それにも関わらず本来、「予約してまで買う」ような人はある意味「神様」にも思いそうなのに、事後対応も含めて、文字通り「裏切られた」気分は当然でしょうね。「自分で自分の首を締めるようなもの」と言いましょうか。

私はと言いますと、かつて亀嵩駅の「そば弁当」を予約し、「OK」をもらっていたのに、届かず焦ったことがありますが、「万が一の場合」を想定してドアからホームに顔を突き出していました。「おかしいなあ・・」と思っていたところ、そば屋の方で食事していた地元の方(多数いましたが)と思われる方が「おい、そばの予約入っていないか?」という声を挙げたんでしょうか、「ヤバイヤバイ」という表情をして走って持ってきてくれ、事なきを得たことがあります。

しかしながら、特急列車に加えて「分割前」で編成が長く、しかも高架駅の佐賀駅では、受け渡し場所や列車を間違ったり、忘れられてしまったりすると、まず救われない・・と言いましょうか。以前「あら竹」さんのサイトで、「デッキ渡し」における厳しさを教えていただいたことがありますが、「販路を拡大するチャンス」でもある「デッキ渡し」は、逆に言えばうまくいかなければ「店の信用」に関わる一大事にもつながりかねないでしょうから、ある意味今回の件は、「他山の石」として、同業の皆さんにも、貴重な話になられたかも知れません。

その上で、お気持ちはわかりますが、まあこちらは家主(のーむ)さんのサイトですし・・。全国各地で駅弁屋がタイヘンな中、「お客さんであり旅行者」の信頼を勝ちうる仕事をされるよう、奮起を促したいと思います。

砂丘の白兎さんへ

「<スーパーはくと>のお弁当」は確認できませんでしたが、恐らく「城下町とっとり」そのものを搭載していたのではないかと思います。「駅弁の達人」で搭載を明記している商品でしたし、車内販売ですと一般的に「¥820の幕の内」よりも「¥1,050の幕の内」を売ることが多いでしょうし・・ (笑)。

朝の2号ではやはり、「元祖かに寿し」よりも、幕の内やサンドイッチに人気があつまるようで、乗った時にはすでに、影も形もありませんでしたから。なお折り返しは5号だそうで、やはり1・3号には「かに寿し」とかの搭載はないみたいです(当然でしょうが)。後<はまかぜ>ですが、5号では「福鉄構内営業」も担当していましたよ。最近この手の「車販会社」が四国を始め、清算の憂き目に遭っていることがあるだけに、「よく健闘されているなあ」と感じただけに、先日の福知山線事故の影響が懸念されます。
--------------------------------------------------------------------------------
誕生秘話?  投稿者: ゆういち  投稿日: 6月13日(月)23時02分50秒

家主さま その他皆さん こんばんは

>砂丘の白兎さん
「五穀米のお弁当」、確かにいい出来ですよね。でも、真に良心的な駅弁屋さんは、駅弁の内容だけでなく販売員の方の対応や電話の対応など、どれをとっても感心させられるところがあります。
あくまで個人的な感想ですが、砂丘の白兎さんお住まいの山陰地方は鳥取駅(アベ鳥取堂さん)、米子駅(米吾さん)、松江駅(一文字屋さん)など、すぐれた業者さんが多いような気がします。
「あくまで個人的な感想」と断ったのは、その場の状況次第ということであり、一方でハウステンボス7号さんのようなことも…
ただ、私の経験から言わせてもらうと、佐賀駅(あら玉さん)で嫌な思いをさせられたことはないのですが…
---------------------------------------------------------------------------------
楽しみにしていたのに・・・。  投稿者: ハウステンボス7号  投稿日: 6月13日(月)21時25分42秒

一昨日あら玉さんの伊万里焼入りのちらし寿司お弁当が食べられませんでした。
いつもは駅弁はあまり好みではない私なのですが何度もテレビや佐賀出身の友人の話も聞き、あら玉さんのちらし寿司を凄く凄く夢見て楽しみにしてたのでどうしても食べたくて、友人にも食べさせたくてネットで調べて電話してみたのです。
私の乗るハウステンボス号には駅弁は無いとゆうところをどうしてもと言う私の熱意がとどいたのか?!ハウステンボス7号の私たちの車両まで届けてくれるということでした。
私は嬉しくて嬉しくて久しぶりの友人と会う久しぶりの旅行に素敵なお弁当という良い思い出ができると思い楽しみでワクワクして当日を迎えました。
鳥栖を越え次はお弁当が待つ佐賀駅です。
私と友達は電車に乗り込んでからお弁当の話しかしていませんでしたから、気分は最高潮でした。
おつりの出ないように二人分のお金を握り締め佐賀駅到着のアナウスに心弾ませて乗車口で待っていました。
約1分弱の停車時間。「お届けします」の言葉を信じて待ちましたが、結局現ず・・・。
夢にまで見て待ち焦がれ心躍らせたお弁当は手元に届きませんでした。
あら玉さんに電話したら急ぐでもなし「あぁ頼まれてたお弁当2個。今から間に合いますか?持ってきますよ。」と、謝るどころかぞんざいな対応でした。
電車は出発しているので無理なことは知っているはず(電話で停車時間が1分しかないのは伝えてありました。)。
あまりにもの対応なので言葉もでません。
あら玉さんは軽くすみません。と言うと電話を切ってしまいました。
それからの私たちは落ち込み旅の楽しみを奪われ旅行気分もそがれてしまいました。
ご飯を食べる気もせず、ただただあんなに楽しみにしたのに何度も確認の電話をしたのにどうしてと悲しくて仕方がありませんでした。

やる気が無いのなら最初から断って欲しかったです。
テレビで何度もでているので注文が多くて数が少ない注文には答えられたいのでしょか?
本当に楽しみにしていたので裏切られたきもちでいっぱいです。
次はこんな私のような思いをすることのないようにがんばってもらいたいです。
最後にもうひとつ、電話の態度を少しはどうにかして欲しかったです。
人にとっては旅行は楽しみで思い出にになるのですから・・・。
--------------------------------------------------------------------------------
いやはや  投稿者: 砂丘の白兎  投稿日: 6月12日(日)23時35分12秒

ゆういち殿、面目ないm(_ _)m確かに期待するだけ無理があるかもしれません。でも、伝えれるときには伝えるようにしてます。
一昨年12月に『まつかぜ』と『おき』のリバイバル運転の際、米子の売り子のおばちゃんに記念弁当の感想を伝え、それが上の人に通ったのか、「五穀米のお弁当」ができたと個人的に勝手に思いこんでいる私。配置は違えど、中身のおかずや御飯の分量が良く似てたんです。
--------------------------------------------------------------------------------
かまくら弁当  投稿者: ゆういち  投稿日: 6月12日(日)23時26分23秒

ちなみに、私が「かまくら弁当」を食べたのは94年2月14日のこと。
日付からすると「かまくら祭」の前日に当たるのですが、私は祭りをまったく見ておらず、横手で1泊しただけで翌朝の急行津軽で秋田方面へと向かっています。
当時すでに定期列車から臨時に格下げされていた(はず)の急行津軽は、大雪の影響で1時間ほど遅れ。その間、売り子のおじさんと雑談をしながら、ホームの影に隠れて列車を待ったこと、素朴な幕の内ながらしっかりした味わいで感激したことなどを記憶しています。ちなみに、当時の値段はちょうど700円でした。

そして翌日か翌々日、東北のどこかのYHに泊まったときのこと。
数少ないホステラー(っていうんでしたよね)同士で、どこを回ってきたか話題になったときの話です。3人のうち2人が2月13日夜の下り津軽に乗車し、車内販売で「かまくら弁当」を買っていたことが判明し、顔を見合わせとても驚いた記憶があります。というのも、列車はガラガラだったし、弁当も売れているようにはとても見えなかったので…
みな駅弁ファン、鉄道ファンというわけではなかったのですが、私を含め3人とも掛け紙をきちんと持ち帰っており、それを見せ合って大いに盛り上がったものでした。

もう10年以上も前のことですが、掛け紙1枚にも結構思い出がつまっているんだな…と改めて思うことしきりです。
--------------------------------------------------------------------------------
横手駅行ってきました。  投稿者: ゆういち  投稿日: 6月12日(日)22時56分59秒

家主さま その他皆さん こんばんは

>砂丘の白兎さん
遅レスで失礼いたします。
智頭急行に関連して…の話ですが、食べた感想は直接相手に伝えたほうがいいと思いますよ。相手が自分の思惑どおりに考えてくれてる、ってことは意外と少ないものですからね。これは私の仕事上、恋愛上からの経験です^^;)
私は駅弁の感想は、特によかったと思ったものについては、売り子さんに伝えるようにしています。まぁ、大きな業者の方に言うことはまずないですけどね。

話は変わりますが、横手駅の開業100周年記念イベント見てきました。
イベント自体はよくある内容でした。肝心の駅弁のほうは、目玉商品の「かまくら弁当」に加え、プチ駅弁大会として秋田県内の駅弁数種を販売。
「かまくら弁当」は限定100個とのふれこみでしたが、実際には倍近くあったような…
今回はNRE秋田営業支店の製造とのことで、掛け紙にもその記載がありました。
内容は、ご飯、真ダラのフライ、昆布、凍豆腐、厚焼玉子、カマボコ、いぶりがっこ等々。以前食べた内容をあまり記憶していないのですが、容器が経木製からスチロール製に変わっていたほか、以前はとても美味しかったご飯と凍豆腐が今回はそれほど美味しく感じられなかったこと、またいぶりがっこは入ってなかったよなぁ…というのが感想です。
--------------------------------------------------------------------------------
駅弁番組の影響?  投稿者: 倒壊ていおー  投稿日: 6月12日(日)18時24分33秒

今日はいつになく来客者が多いですね。
駅弁番組の影響でしょうか。
--------------------------------------------------------------------------------
駅弁番組、その後  投稿者: 砂丘の白兎  投稿日: 6月12日(日)14時47分46秒

番組制作担当の人、相当な鉄ヲタ&駅弁ヲタなんでしょうか?厚狭とか柳井が出てくるわ、八戸から久慈の移動でJRバスを使うわ。一般の人、ついて行けるかなぁ?
--------------------------------------------------------------------------------
例の駅弁番組  投稿者: 砂丘の白兎  投稿日: 6月12日(日)14時16分16秒

やってます。岡山はRSK(山陽放送)発信のこれ。去年まで3年連続で讃岐うどんを追っかけていた枠。ところで審査員で参加しておられる1人の男性、この人って…。
--------------------------------------------------------------------------------
駅弁屋ぴーちゃんの、最近思うこと・・・・。  投稿者: 駅弁のあら竹 ぴーちゃん  投稿日: 6月11日(土)08時51分18秒

のーむさん、みなさん、おはようございます。
のーむさんは、しばらく掲示板にお姿がないので、またまた海外出張でしょうかしらん・・・~~*

ところで、駅弁業界は仙台、岐阜の明治からの老舗駅弁屋さんの、業務清算・自己破産の暗いニュースが続いております・・・・・--;;;;
本当に胸が痛いです・・・。(涙)

特に、岐阜のKさんは、中部の駅弁部会でうちの弟・タダシがはじめて出席した時もたいへんご親切にしてくださったと聞いております。
温厚ないい方でしたので、本当に残念です。(--;; 涙)
特に弟はかなりショックなようでした・・・。

ココ1ヶ月ほどで思っていた、そんなこんなをエッセイ風にまとめました。
みなさまに覧いただければ、たいへんありがたいです。

http://www.ekiben-aratake.com/rennsai%20bun.htm

または、弊社トップページの一番下のコンテンツの中「6月10日更新 駅弁屋って?ドライブインって?」のぴーちゃんの似顔絵をクリックしてみてくださいね。
http://www.ekiben-aratake.com
--------------------------------------------------------------------------------
智頭  投稿者: 砂丘の白兎  投稿日: 6月 6日(月)23時28分45秒

その智頭の弁当に関してのことは、私がよく入り浸っている駅弁サイトにまかすとして…。

そのイベントのあった当日、少しの間だけこしらえた業者さんとイベントスタッフが談笑していたので、食べたら感想を伝えに行こうとしたんですが、終わったときには時既に遅し。もう帰ってられたようで、チャンスを逃してしまいました。何処かでネットをチェックされているとありがたいんですが、そういう環境にある駅弁屋さんってなかなかないみたいで。
--------------------------------------------------------------------------------
“超白兎”  投稿者: 砂丘の白兎  投稿日: 6月 6日(月)23時20分27秒

『スーパーはくと』…ここんとこ乗ってないなぁ…。最近大阪方面に出向くときは、専ら3600円の夜行バス…。
山本町駅(瀬戸鷹)さん、ここでははじめまして。京阪神B特急区間で乗りましたか、『スーパーはくと』に。ところで、「『スーパーはくと』のおべんとう」って、まだありましたか?何せ確認できてないものでしてf(^_^;)まぁあったとしても、中身はたぶん「城下町とっとり」あたりだろうと思いますが。「鳥取三十二万石弁当」は個数制限ある割にはよく見ます。程良い量からか、地元ではよく買われております。車販には積まれてなかったんだ…。

車販に関して。『スーパーはくと』は、下りはFSN,上りはアベ鳥取堂。『はまかぜ』は、下りは淡路屋&まねき食品,上りはたで川。…確かこうだったはず。ついでに、『なは』はエノキ。これは、今年1月14日に確認済(ぷち贅沢で、姫路〜新大阪のB特区間乗車。)。
--------------------------------------------------------------------------------
智頭の弁当  投稿者: ゆういち  投稿日: 6月 6日(月)23時07分36秒

家主さま その他皆さん こんばんは

>砂丘の白兎さん
ということは、今回はとりあえず単発の発売だったわけですね。
こういう形での発売を発展させていくためには、周囲が盛り上げていく必要があるように思います。
業者さんや鉄道会社に「本当においしかった、ぜひ常時発売を!」とアピールするとか…
智頭急行の場合は純然たる私鉄というより、JR西日本の子会社的な意味合いが強いのかな?その点は他の会社と違うかも知れませんし、山本町駅(瀬戸鷹)さんのおっしゃる通りの事情もあるかと思います。
でも、私鉄で「駅弁」を扱うケースは増えていますからね。
貴重な購入者の一人である砂丘の白兎さんがここは立ち上がるべきなのでは?(と煽ったりしてスミマセン。。。)

ところで、山本町駅(瀬戸鷹) さんのレスにもありましたが、通常の車内販売で駅弁業者さん自らが売って歩くパターンって、今どれくらいあるんですかね?
複数の業者が出資しあって車販用の会社を作るケースはあるみたいですが…
--------------------------------------------------------------------------------
ただ・・  投稿者: 山本町駅(瀬戸鷹)  投稿日: 6月 6日(月)22時36分51秒

こんばんは、お久しぶりです。

砂丘の白兎さんへ

鳥取駅の駅弁は結構気に入っている身ということもあり、「元祖かに寿し」から「とっとりの居酒屋」までほとんどを食しており、先月に「あご寿し」を手に入れて、現在では「鳥取三十二万石弁当」が未収集となっております。

智頭の限定駅弁が、もしそれなりの人気となれば、ひょっとしたら車販積み込みも期待できるかも知れませんが、JRも「しっかりとした駅弁業者」という気持ちがないと簡単には扱ってくれないのではないかと思います。「車内販売」でええ加減なシロモノ(誤解の無いようにお断りしておきますが、智頭のシロモノがそうとは言いません)を出して、クレームをイのイチバンに言ってくるのは、駅弁業者や車販業者ではなく、JR・・というケースも多いでしょうから。

しかしながら智頭〜上郡間はJRではなく「智頭急行」の線路の上に、全列車が両駅に停車するわけですから、「この区間限定」で搭載してなおも売れる・・ということになれば、それは本当の「人気」の現れになってくるのでは?と感じます。

その上でもう1つの問題として、去年、神戸へ行った時、「かに寿し搭載していないかな?買ったことあるけど『達人』商品だし」と考え、わざわざ特急券買って<スーパーはくと2号>に姫路〜明石で乗ったのですが、『アベ鳥取堂』さん自らが車内販売を担当しているのであれば、まああって当然ですね (笑 「城下町とっとり」は売り切れ)。大阪側の業者共々商品そのものは「相互乗り入れ」と聞いていますが、「駅弁屋自ら」の車内販売において、他駅の商品を快く扱ってくれるか・・、難しいところですね。
--------------------------------------------------------------------------------
智頭  投稿者: 砂丘の白兎  投稿日: 6月 6日(月)21時17分15秒

ゆういちさん、はじめましてm(_ _)m
智頭の弁当は、今のところイベント限定のようです。しかも、第2回以降は未定。イベント自体も地元客のためのこじんまりとしたものでした(去年秋にあった智頭急行10周年イベントは、例外的に派手に開催。地元以外の鉄道ファンの人も、結構来ていたようです。何回もD硬仕様の無料乗車票をもらっていた人を見ました。)。出来が良かっただけに、智頭から積込の車販は売れそうな気がするのですが。
--------------------------------------------------------------------------------
米原駅ほか  投稿者: ゆういち  投稿日: 6月 5日(日)21時41分39秒

家主さま その他皆さん こんばんは

最近、家主さまご不在のようですが…また海外出張なんでしょうかね?
ちょっと心配ですが、まぁ留守の間もソコソコ盛り上げていきましょう。

>砂丘の白兎さん
はじめまして。
私は現在この掲示板しか出入りしてませんが、どうかよろしくお願いします。
智頭の駅弁?はイベント専用なんでしょうか?
最近はイベントに限って発売するケースが多いようですが…

ところで、↓に書き込んだ横手駅の「かまくら弁当」、何とか見にいけそうなので後日ご報告いたします。
砂丘の白兎さんとは逆に、私は東日本管内なら何とかなりますので…全国のファンの方がこうした形で情報交換できるってのはいいですね。

話は変わりますが、JRCPで発売中の万博記念弁当2種は皆さんご存知でしょうが、
ただいま米原駅でも井筒屋さんが「愛知万博記念弁当」を発売しているそうです。
万博期間中のみの発売で1個1,000円、1日14個のみの限定発売とのこと。
--------------------------------------------------------------------------------
巡り巡って…  投稿者: 砂丘の白兎  投稿日: 6月 5日(日)00時36分4秒

はじめまして。鳥取というど田舎在住の“旅人”駅弁好きの砂丘の白兎と申します。“aqualiss”→“あくありす”という昔々のHNや、今のHNで知っている方もおられるかもしれませんが。どうぞよろしく御願い致します。

私が近頃入手したのは、智頭「山菜おこわ弁当」というもの。知っている方はおられるでしょうか?イベントで限定20個ほどの販売だった弁当で、とても素朴で美味かったです。駅売は無理でも、車販はありだな。
--------------------------------------------------------------------------------
補足です  投稿者: こよらか  投稿日: 6月 4日(土)20時20分42秒

のーむさん みなさん こんばんは。
すみません、肝心なこと書き漏れてしまいました。
「中央本線富士見〜岡谷間開業100周年記念辨當」は茅野駅限定販売で、小淵沢駅での販売はありません。
--------------------------------------------------------------------------------

2005年5月の記事  最新の記事  2005年7月の記事


最初のページ更新履歴当サイトのご案内です駅弁をお探しの方はこちらへ掲示板です
駅弁に関する話題駅弁についての読み物ですリンク集ですご意見・お問い合わせはこちらへ