最初のページ更新履歴当サイトのご案内です駅弁をお探しの方はこちらへ掲示板です
駅弁に関する話題駅弁についての読み物ですリンク集ですご意見・お問い合わせはこちらへ


           掲示板です   

2005年10月の記事  最新の記事  2005年12月の記事

●駅弁掲示板 2005年11月の記事
--------------------------------------------------------------------------------
ぴーちゃん様。  投稿者: えぼ  投稿日:11月29日(火)06時49分45秒

早速のご回答、m(__)mありがとうございました。…そぉだったんですかぁ。お店の担当さんにしつこく(?!)懇願すればどうにかなるかしら?なんて考えてみたりもします。何しろウチの家族で牛肉を食べられるのは私だけなので、他のお弁当も色々と並んでいる大会はとても好都合なのです。時々この掲示板を拝見してますが、どんな業界も“あれこれ”と“事情”があるんですね〜。
--------------------------------------------------------------------------------
??? のお返事  投稿者: 駅弁のあら竹 ぴーちゃん  投稿日:11月28日(月)20時42分25秒

えぼさん、こんばんわ〜♪
ご質問ありがとうございます。
まずは、せっかく楽しみにしてくださったのに「モー太郎」が不在だったことについて・・・・・お詫びしますね。
ご期待いただいたのに、本当にごめんさいませm(__)m

ユニーの場合は、東海地区をいくつかのエリアに分けて、毎週どこかのお店には並んでいるようです。
これは、あら竹の場合は、工場生産の駅弁屋ではないので、1日の製造数がかなり限定されております。
1日の最大生産数に見合う出荷しかできませんので、ユニー全店に並ぶことは不可能となります。
どこのお店で販売されるかは、販売先様がお決めになることであり、弊社では把握できませんことですので、あしからずご了承くださいませ。
せっかくお訪ねいただきましたえぼさん、本当にごめんなさい。

いよいよカレンダーも残りわずか・・・・ラスト1枚になりますね。
百貨店・スーパーでは、御歳暮&年末商戦に入り、駅弁大会は、お正月が明けてからが、最盛期かな・・・・。

ですので、今週開催は少なめ、催事では、いろいろ出品ありますが、みなさまにお知らせできるのは、以下のお店だけになってしまいます。
諸事情から、あら竹出品のすべてのお店をご紹介することがここでは出来ませんこと、申し訳なく心苦しいんですが、ご了承くださいませ。

☆12月2日(金)1日限り 島根県・福屋浜田店

☆12月3日(土)〜 11月4日(日)大阪心斎橋 大丸

****************************************************

また、ぴーちゃんの不定期連載を久しぶりに更新いたしました。
今回はぴーちゃんの思う「名物駅弁」について書いてみましたのよ〜♪

ご一読いただきましたら、幸いデス~~*

http://www.ekiben-aratake.com/rennsai%20bun.htm
http://www.ekiben-aratake.com
--------------------------------------------------------------------------------
???  投稿者: えぼ  投稿日:11月27日(日)19時32分46秒

今晩は。ご無沙汰してます。…昨日と今日、ウチから車で15分程のスーパー(ユニー新城店)で駅弁大会が開催されてました。喜び勇んで出掛けたのに!あら竹さんのお弁当が1コも取り扱ってないのは (?_?)何故なのでしょうか?“モー太郎”さんに会いたかったのに〜!嗚呼、近くて遠い三重県。駅弁大会で取り扱う駅弁って、誰がどうやって決めるのでしょうか???
--------------------------------------------------------------------------------
九州駅弁シールラリー・その4  投稿者: のーむ(家主)  投稿日:11月25日(金)13時29分24秒

皆様こんにちは。のーむ@ドバイ(UAE)です。
昨夜から、二度目のサウジアラビア出張へ出掛けて来ており、今はドバイで乗り換え
待ちの最中です。
二度目ともなると、緊張感もなにもあったものではなくて、準備も手抜かりだらけで、
困ったものです。
前回はラマダン(断食月)ということで、何かと制約が多い日々でしたが、今回はどんな
様子であるものか、楽しみではあります。

さて、週末の九州駅弁シールラリーですが、最終日の報告が抜けていましたので、
取り急ぎご報告しておきます。

11月21日(月)
(25)博多駅 JR九州フードサービス「明太子付き弁当」1,050円(23:00)
(26)博多駅 JR九州フードサービス「焼き鯖高菜巻」800円(翌々日12:00)

最終日は福岡市内に宿泊し、朝8:55発のスカイマークで帰京するだけなので、博多駅で
何かしら収穫出来ないかと、駅構内を物色しました。
(26)はあっさり発見したものの、(25)は売店を数箇所回っても、似たような名前の
「明太子弁当」はあるものの、どうもシール対象商品とは違うような気がして、
「驛辯當」売店で、パンフレットを見せて「明太子付き弁当」はどこにあるのですか?
と訊ねたところ、自信なさげに「ここには置いてないです」との返答。
ここはJR九州フードサービスさんの売店じゃないんですか?と詰め寄り、商品見本に
あった「明太子弁当」に応募シールは付いていないのか、と聞きました。
すると、またしても自信なさげに「付いていないと思うんですが・・・」と言いつつ、奥に
置いてある商品を確認しに行き、戻ってくると「ごめんなさい、ありました!」とのこと。

初日の川内もそうですが、少なくとも、JR九州主催のキャンペーンで、本拠地とも言える
博多駅の売店でこの対応は少々お粗末かな、と言う印象。「もう少し勉強しておきます」
とお詫びがあったのは救いですが、覚えきれないほどの数がある訳では無いのですから、
もう少し徹底して欲しいところです。

その他に、寿軒さん調製の二品も探したのですが、こちらは10時過ぎにならないと入荷
しない模様。以前は列車名を冠した「つばめ弁当」「かもめ弁当」「ソニック弁当」
などが華やかに並んでいた印象があるのですが、今でも現存するのは「つばめ弁当」
のみのようで、これも10時を過ぎないと店頭に並ばないとのこと。もう一品「鰹弁当」
も同様とのことで、これを入手するには時間帯を選んで訪問する必要がありそうです。

(25)は本体と明太子が別梱包になっており、まさに「明太子付き」となっています。
本体そのものはごく普通な白ご飯に煮物、卵焼きなど幕の内風な構成で、最大の特徴は
別添えの明太子を開けて食べるところでしょうか。
確かに、ご飯と明太子の量を調整したりしながら食べるのには便利で、苦手な人はお土産
として使えばいい、と言うのは悪いアイディアではありません。ただ、それを除くと
特別な印象は無し。
それよりも、このような普通の弁当で、朝調製した品の消費期限が翌朝4時、と言うこと
の方が気になります。

(26)は真空パックされているせいか、消費期限が長いので祝日の昼食にしました。
焼き鯖の押寿司を高菜で巻いた巻き寿司ですが、鯖の臭みをうまく高菜が消している
感じで、お土産などにも喜ばれそうです。

相当駆け足な内容でしたが、今回の遠征で何とか目標としていた全種類の半分をクリア
することが出来ました。
南九州の宮崎に、一個だけ取り残したのは誤算ではありましたが、それ以外は北九州に
集中しているので、18きっぷの行程でも三日あれば片付けられそうです。胃袋さえ追い
つけば、の話ではありますが。(^^;

年末年始にどの程度の休暇が取れるか分かりませんが、そこで何とか全種制覇に挑み
たいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
九州駅弁シールラリー・その3  投稿者: のーむ(家主)  投稿日:11月21日(月)22時40分15秒

皆様こんばんは。今朝ようやく帰京しました。
本来は昨日の最終便あたりで帰京したかったのですが、締切直前に申し込んだツアーの
悲しさで、日曜日は軒並みスカイマーク系の午後便は満席。やむを得ず福岡で一泊して、
今日の朝8:55発の便で戻ることに。
しかしものは考えようで、今日の朝、博多駅で賞味期限の長そうな品を収穫して帰れば、
何とか目標の30個をクリア出来るかも・・・。
とは言え、この日もそれなりに数を稼いでおかないといけないので、都合7個を収穫しました。
以下、報告です。

11月20日(日)
(18)長崎駅   JR九州リテール「長崎街道」1,050円(7:30)
(19)長崎駅   JR九州リテール「角煮めし弁当」750円(12:00)
(20)佐世保駅  松僖軒「平戸南蛮あごめし」750円(10:30)
(21)佐世保駅  松僖軒「元祖レモンステーキ弁当」1,050円(13:30)
(22)佐世保駅  松僖軒「高菜べんとう」1,050円(19:00)
(23)竹瓦温泉  TAKEYA「別府湾弁当 たみこの夢」1,000円(17:30)
(24)大分駅   梅の家「豊後小あじ寿司」1,050円(23:00)

前夜は宿への到着も遅かった上に、深夜までPCに向かっていたので、起きられるか不安
でしたが、何とか無事に起床し長崎駅へ。
実は昨晩、座席前のチケットホルダーにフリーきっぷを忘れるという失態を演じてしまい、
とりあえず駅の窓口で無事受け取り。どうも今回は「忘れ物」続きで思いやられます。

改札外の駅弁売店には、キャンペーン対象商品をはじめ、ほぼ全種類が並んでおり、
とりあえず今回は対象となる4品のうち、二品のみ購入。一回で4品全て購入するのは、
持ち歩きにも不便なのと、胃袋の総量規制に抵触するので、ここはあらかじめ再訪を
織り込み済み。

(18)は名前だけ見ると駅弁らしいのですが、折尾駅・東筑軒さんの「大名道中駕籠」と
全く同じ容器を使用する上に、中身までそっくり。しかし、巻かれた掛紙は「御料理」と
いう汎用掛紙で、パンフレットの写真を見た時点から、気分的には萎えていたのですが、
実物を見てさらにガッカリ。更に、有名な「卓袱弁当」も1,500円に値上げの上、同様な
汎用紙箱に格下げされていました。今回のキャンペーン対象で無ければ、120%手を出さない
代物です。
駅弁にとって「体裁」は大事な要素であることは言うまでも無く、こんな商品を堂々と
キャンペーンにノミネートする、JR九州リテールさんの担当者は、無神経なのか無関心
なのかと疑ってしまいます。
肝心の中身は、見た目こそパクリかと思いましたが、ご飯に黒胡麻を混ぜ込んでみたり、
おかずも長崎名物で統一されており、味わいはまずまず。それだけに、体裁の手抜きが
残念でなりません。

一方で(19)はちゃんと専用掛紙のつく品で、実際に調製する店の違いに拠るものだとは
理解出来るのですが、もう少し気を配って欲しいところです。
豚の角煮はやや固い部分があったのが気になりましたが、おこげ風味の炊き込み御飯との
相性はまずまず。

大村線で佐世保へ出て、こちらは全て予約しておいた三品を受け取り。訪問した際には、
意外にも「あごめし」が品切れとなっており、売り子さんに「予約しておいて良かったね〜」
と言われました。品揃えはそれほど変化は無いように感じましたが、以前生産中止という
情報があった「九十九島かきめし」はまた復活したようで、店頭に山積されていました。

佐世保からの「みどり10号」は早岐を出る頃には指定・自由席共に満席で、いささか駅弁を
広げにくい雰囲気。とりあえずここでは一個を消費して、あとは前夜の睡眠不足を補うべく、
博多まで爆睡しました。
(20)は危うく取り逃がすところだった、佐世保駅弁の定番。以前に食べたときは、体調不良の
せいもあってあまり良い印象は持たなかったのですが、今回食べてみると、あごのダシで
炊いたと言うご飯の旨みや、あご自体のやや苦味のある味わいが好ましいものに感じました。

一方、(21)はやや期待外れ。意欲作であることは認めるものの、その意欲が空回りしている
印象で、せっかくのレモンの風味は、酸味と言うより苦味のほうが強い印象で、自慢の肉も
やや硬めに感じました。アイディアは悪くないので、もう一息といったところでしょうか。

(22)は夜まで持ち歩いて、ホテルに入ってから食べましたが高菜とそぼろご飯をメインにした
幕の内系弁当は、高菜のピリ辛風味も手伝ってスイスイ食が進む感じ。ただ、主菜の内容や
他の商品とのバランスからすると、1,050円は高いような気がします。せいぜい900円がいい
ところかと。
値頃感というのは難しいもので、どうしても主たる食材の価値で高い安いを判断しがちです。
蟹やウニが入っていれば、1,000円を越えても誰も文句は言わないはずですが、高菜などの
ありふれた食材だと、どんなに良い品を作っても、高く感じてしまうのが辛いところです。

博多からは前述の通り「ソニック21号」で別府まで移動し、問題の非駅弁を収穫に向かい
ました。予約自体は到着初日の川内駅で予約券を購入しており、あとは10〜14時という短い
時間の中で、どのように行程に織り込むかが難点でした。
別府駅に到着した時点で13:55だったので、場所確認かたがた電話を入れて徒歩10分と言う
現地へ向かいました。
今後の参考に道案内を書いておくと、駅前から伸びる通りを真っ直ぐ海に向かって進み、
ボーダフォンのお店を過ぎた先の右側に「竹瓦温泉横丁」という看板が出てきたらそこを
右へ入ります。しばらく真っ直ぐ行くと、小路を何本か過ぎた後、突き当たりになるので、
その左斜め前が目的地です。もっとも、お店に電話すれば丁寧に教えてくれますが。

お店では店主の民子さん自らお出迎えいただいたので、その際になぜ駅弁ではないこの品が
今回の「九州の駅弁50」に選ばれているのかを聞いてみました。
何でも、以前行われた「大分と鹿児島を結ぶイベント」なるもので、この品を販売したところ、
非常に評判が良く、それを聞きつけたJR九州から声が掛かって、完全予約制を条件に参加を
決めたとのこと。
もしこのキャンペーンで評判が良ければ、別府駅での駅売りも考えるのですか、と訊ねた
ところ、お店を親子二人で切り盛りしているので、毎日早朝から準備の必要な「駅弁」として
供給するのは大変、とのこと。
嘉例川のように大きな反響を呼べば別でしょうが、なかなかあのレベルまで達するのは簡単
ではないでしょうし、こじんまりと喫茶店を経営しているお二人に、そこまで求めるのも
酷なようにも思います。
今回の参加は、春の選抜高校野球に例えるならば「21世紀枠」的なものと思った方が良いかも
知れません。

それだけに、どんな内容かと気になるところですが、じゃこめしを中心に、豊後牛の焼肉、
焼いた鯵を酢漬けにしたような不思議な食感の品、椎茸を中心とした煮物類などに加えて、
別添えで喫茶店の人気メニューであるカレーパンとゆず羊かんが添えられるもの。
地元の素材をうまく生かして、全体的に小じゃれた感じの品に仕上がっています。一品一品の
レベルも高く、駅弁として提供しても恥ずかしくないだけの実力はあると感じました。

その後は大分駅に移動して(24)を購入。一応リニューアル商品ですが、梅の家さんでは、
過去にも何度か鯵寿司系商品のリニューアルを行っており、特別なめずらしさはありません。
ただ、鯵の寿司自体は長年積み重ねてきた定番品だけに、新鮮な鯵の魅力を存分に堪能
させてもらえるものでした。

大分からは由布院へ出て、一応駅弁探しを試みるも、駅構内にキヨスクも無く、駅前に
お土産店から飲食店まで多数の店が並んでおり、おまけに「ゆふいんの森」車内では駅弁を
大量に販売しているとなると、由布院に駅弁が無くとも誰も困ることはないのでしょう。
これまでずっと駅弁漬けな三日間だったので、少しは観光らしきこともしようと、街歩きと
温泉入浴を楽しんでから、「ゆふいんの森6号」で博多まで戻りました。
車内に最後まで残っていた「香草物語」に手を伸ばすかどうか思案しながら・・・。
--------------------------------------------------------------------------------
福知山駅高架化に伴う話題  投稿者: のーむ(家主)  投稿日:11月20日(日)13時12分15秒

皆様こんにちは。のーむ@ソニック21号、です。
今朝は長崎を皮切りに、ここまで都合5個を収穫して順調(?)な滑り出しです。
三日目にも関わらず、胃の調子も良好なので、どこまで積み上げられるか、
というところです。

話は変わりますが、今朝の新聞記事で気になるニュースがあったのでご紹介します。
京都新聞 ニュースサイト↓
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2005111900111&genre=K1&area=K50

記事によると、今月26日に迫った福知山駅の高架化に伴い、そば店の名物おばちゃんが
引退する、とのこと。これ自体はご苦労様でした、という美談なのでしょうが、よく
読むと、新しい駅舎に「鬼そば」の名で親しまれたそば店は入らないとのこと。
ということは、ここで販売されてきた駅弁も、同時に無くなってしまうのでしょうか。
それとも、キオスクなどへの委託販売という形態で存続するのか、注目されるところです。

数年前には福鉄構内営業さんの駅弁販売撤退、という事態に見舞われ、たで川さんが
引き継ぐ形で生き永らえて来た福知山駅の駅弁が、今後どうなっていくのか、気になる
ところです。
駅が高架化された際には、また再調査に出向かなければと思っていたのですが、まさか
駅弁そのものの存続を心配することになるとは思っても見ませんでした。

>ゆういちさん:
仙台・黒磯駅の現況報告ありがとうございます。
ウェルネス伯養軒さんの商品から駅弁マークが消えたということですが、これは結局、
新法人が中央会に加盟しなかった、ということなのでしょうね。メリットが無いと
考えて加盟しなかったのか、それとも違う事情があるのかは、外野からでは分からない
ところですが。

那須塩原駅は、今年8月に訪問した際も、同じような時刻に駅弁の影も形も無かったので
店員さんに尋ねたところ、14:30頃に二度目の補充があるとのことでした。
ちょうど谷間の時間に当たったのでしょうね。

ANA+九州フリーきっぷの組み合わせは、以前探したときに数社が扱っていました。
ちなみに、HISでも扱っていますが、ANA自身でもそのようなツアーを販売しています。
HIS ANAで行く九州フリープラン↓
http://www.his-j.com/domestic/tyo/kyushu/yuyu_kyushu.htm

ANAホームページ Aーtour「旅ドキッ」↓
https://www.atour.ana.co.jp/jp/navi/tabidoki/2005skyu.html

フライトマイルはどちらも正規の50%が加算されますが、確かANAの方は会員特典で
「ツアーマイル」なるものも発生したような気がします。
--------------------------------------------------------------------------------
九州駅弁シールラリー・その2  投稿者: のーむ(家主)  投稿日:11月20日(日)09時09分15秒

皆様おはようございます、のーむ@シーサイドライナーです。

昨日は宮崎を皮切りに、南九州の対象駅弁全制覇を狙っていたのですが、思わぬ
勘違いもあって目標通りとは行きませんでした。それでも、収穫そのものは9個まで
積み上げてしまいました。

11月19日(土)
(9) 宮崎駅    宮崎駅弁当「椎茸めし」720円(7:30)
(10)西都城駅   せとやま弁当「かしわめし」720円(9:30)
(11)西都城駅   せとやま弁当「盆地の牛めし」840円(15:30)
(12)嘉例川駅   森の弁当やまだ屋「百年の旅物語かれいがわ」1,050円(11:30)
(13)鹿児島中央駅 JR九州リテール「黒ぶためし」1,000円(21:00)
(14)鹿児島中央駅 JR九州リテール「きびなご寿司」840円(18:00)
(15)鹿児島中央駅 JR九州リテール「さつま風土記弁当」1,000円(16:00)
(16)新八代駅   より藤「阿蘇赤うし弁当」1,000円(0:00)
(17)新八代駅   より藤「このしろ寿司」700円(翌日)

前述の通り「ドリームにちりん」で宮崎入り。まずは南宮崎まで行き、駅弁販売が
復活したということで状況調査。
改札外のコンビニ型キオスクで、9:00頃から「椎茸めし」一種類のみ販売している
とのこと。今回は訪問出来ませんでしたが、同様に駅弁マークが付いた宮崎空港駅も、
似たような販売形態かと思われます。

宮崎駅では、最初は対象の二品を購入するつもりでしたが、予約の際に「日向鶏弁当は
10時頃にならないと出来ない」と言われてしまい、再度出直すことになってしまいました。
自分で情報を載せておきながら、それを忘れていたのでは文句は言えませんが、これで
今遠征での南九州制覇は夢と消えてしまいました。
そんな事情で(9)のみを改札外コンコースの売店で購入。以前消滅情報が寄せられた
1・2番線ホーム上のそば店は、跡形もなく消えていました。
購入した(9)は定番中の定番なので詳細は略しますが、何しろ椎茸の豊かな風味に感心
させられる一品。また、キャンペーンだからと言って、高価な方を対象にしないその
姿勢はありがたいと共に、好感が持てます。

実は昨日の報告で「ややこしい条件を検討し」と言う条件の一つ目が、この宮崎でした。
と言うのも、南宮崎と宮崎空港駅に駅弁マークが付くようになったので、調査に行かな
ければ、とは思っていたのですが、「ドリームにちりん」で着いて、宮崎空港往復、
南宮崎下車、そして宮崎発7:26の「きりしま5号」に乗る、という条件がうまく組めず
苦慮していたのですが、日向鶏弁当の取り逃がしが確定した時点で、「また来るなら
いいや」と、あっさり空港訪問を断念しました。

宮崎からは「きりしま5号」で西都城へ移動。この列車に拘ったのは、昨日取り逃がした
嘉例川駅弁収穫と、忘れ物受け取りのための鹿児島空港訪問と、その後の指宿枕崎線
完乗のために譲れなかったため。

西都城では10分の接続時間に駅前の店へ行って受け取り、のはずが、なぜか自動ドアが
ロックされたかのように開きません。慌てて電話すると中から店員さんが出て来て開けて
くれたのですが、どうやらドアレールにつっかい棒のような物が挟まっていたようです。
時間のあるときならまだしも、10分しかないときには焦らされます
予約しておいた品を受け取る際、シールが貼っていなかったのでそれを頼むと「もうどの
くらい集めたのですか?」と聞かれましたが、昨日から始めたばかりなのでまだまだ、と
答えたものの、まさか私が全種制覇を企んでいるとは、思ったか思わなかったか。

(10)は北九州系のかしわめしとは趣が異なるものの、濃いめな味付けのササミ肉と、
うっすらと味付けされた混ぜ御飯が絶妙のバランス。個人的には、鶏肉にもう少し
脂身が入ると味わいが深くなるような気もしますが、これはこれで良いのでしょう。

一方の(11)は、以前にそぼろ肉バージョンを食べたことがあるのですが、本来のロースト
ビーフ風バージョンは初めて食べました。厚手ながら柔らかくしっかりとした肉の味が
感じられる品で、名作として各所で取り上げられることが多いのもうなずけます。
一時期、販売休止になっており心配していたのですが、これを機会に多くの人に味わって
欲しい一品です。

西都城からは隼人まで鈍行で移動し、「はやとの風2号」で嘉例川へ。とりあえず、
嘉例川には降りるものの、隼人駅で(12)の積み込みがあったので万が一に備えここで
購入。恐らく、嘉例川で積み込むと乗車時間が短かすぎて売れ行きに影響する、という
ことで隼人駅積込になっているのだと思われます。

八カ月ぶりに訪問した嘉例川駅は、前回の閑散とした様子がウソのように、列車からの
下車客、車で訪れたギャラリーで騒然としており、何となく違和感を覚えました。
10:30を過ぎると、先程隼人駅で駅弁の積み込みをしていた方がやって来て、駅舎内の
待合室で販売を始めました。てっきり、申し訳程度に数個を並べるだけかと思いきや、
「かれいがわ」はパッと見で30個弱、その他に「がね」(駅弁にも入るさつまいもの天麩羅)
をばら売りしたりと、意外に本格的です。
駅弁催事のために、アリバイ作りのような売り方をする業者に見せてあげたい光景です。

肝心の(12)ですが、前回食べた時と同様、満足度の高い一品でした。素朴ながら洗練されて
いる、そんな印象すら覚えます。主菜となるがねやほくほくとしたコロッケ、茄子の
味噌焼、自然な味付けの椎茸や煮物類、どれひとつ手抜き無く、地元産品で固められた
内容は、一年半前に参入したばかりの調製元の仕事とは思えません。
催事屋に成り下がったり、現状に安閑として商売の、駅弁の基本を忘れたような調製元を
見る機会が増えたように思う昨今、このような駅弁に出会うとほっとします。
多くの方に食べて欲しいと思いますが、あえて同業者の方々に、時間とお金をかけてでも
体験して欲しい逸品です。

嘉例川からは、昨日の飛行機に忘れた充電器セットを取りに、タクシーで移動。これも
日程調整を難しくした要因のひとつなのですが、最初は昨日の人吉到着後、空港バスで
戻ることを考えたのですが、翌日にせっかく空港最寄りの嘉例川駅まで行くのであれば、
それを生かさない手は無いだろうと思い、昨日のうちに送迎の予約を入れておきました。
結局、人吉からのバス代よりも安く空港へ行けたので、この選択には満足。
空港で問題の忘れ物を引き取り、今度は国分駅へバスで移動し、国分始発の鈍行で鹿児島
中央へ。

ここでまた、対象駅弁三種をこれは無予約で無事入手。これを持って指宿枕崎線の完乗を
目指すことに。
(13)は確か新幹線開業の一年前ほどから登場した、鹿児島におけるJR九州系第一号駅弁
だったような。当時はまだ豚を使った駅弁は決して多くなく、気にはなっていたの
ですが、素っ気無い掛紙に食指が伸びず、今回初めて購入しました。
シメジの炊き込みご飯の上に、豚バラ肉の角煮を乗せ、おかず類も煮物から焼魚などが
入る幕の内仕様で、結構食べでがありました。味の方もなかなかで、角煮は冷めても
味が落ちず、シメジの炊き込みご飯との相性も良好。

(14)はきびなごを押寿司風に仕上げたものが4カン、きびなごを海苔の代わりにして
ご飯を巻いた手巻き寿司が1本入るだけのシンプルな内容。きびなごを海苔の代わりに
するという発想には驚きましたが、これはこれで面白いところ。

(15)は長方形の容器が10分割されており、その中に薩摩地方の名物各種が並ぶもの。
格別というほどのことは無いものの、味は十分に及第点なので、色々食べたいという
方にはお勧め出来ると思います。
あとは、このように少量多品種が入る駅弁には、やはりお品書きが欲しいところです。

鹿児島中央から普通に枕崎を目指すと戻って来るのがとんでもない時間になってしまう
ので、高速バスで枕崎へ回り、枕崎15:23の乗車を目指すことにしていました。
しかし、駅弁を買ってバス乗り場を探しているうちに発車時刻を過ぎてしまい、バス停に
着いたときにはバスの影も形も無し。慌てて時刻表をくくり、何とか伊集院からの路線
バスで間に合うことが判明したので、再度駅へ戻り伊集院行に乗車し、無事枕崎行のバス
に乗りました。
この路線は、廃止された鹿児島交通鉄道線の跡にほぼ並行して走るので、趣味的には
面白さはあるものの、一般路線バスに二時間近くも揺られるのはあまり歓迎出来ない
ところ。何より、駅弁を食べるのにとても抵抗があります。
それでも、ところどころにかつての鉄道線の遺構を垣間見ながら、適度にうたた寝を
している間に枕崎へ到着。
枕崎の駅は、駅としては基本的に無人駅ですが、鹿児島交通のバスターミナルを兼ねて
いるので、それなりの活気はあります。
それでも待合室の中に入ると、昭和の頃から変わらないだろうという雰囲気が漂い、
未だに分煙されずタバコが吸い放題の待合室など、ずいぶん久々に見た気がします。
待合室の一角に、観光案内所を兼ねた売店があったので覗いて見ましたが、さすがに駅弁
らしき物は無し。
もっとも、今日の腹具合では発見しても手を出すことは出来なかったと思いますが。

そんな枕崎を後にし、山川で乗り継いで指宿枕崎線完乗を果たし、この旅四度目の鹿児島
中央駅へ戻り、新幹線で新八代へ。

新八代では昨日予約しておいた二品を受け取り。
(16)は長崎のホテルに入ってから食べましたが、バラ肉をすき焼き風に、もも肉は網焼き
風にと仕上げた品で、二つの違った味わいを楽しめる品。ただ、もも肉はやや硬い感じも
したので、歯の弱い方はやや厳しいかも。
(17)は賞味期限が翌日までだったので、今日の行程と睨めっこしながら消費したいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
仙台駅・黒磯駅  投稿者: ゆういち  投稿日:11月20日(日)02時36分54秒

家主さま その他皆さん こんばんは

日付けは変わりましたが、今日は新作が続々登場という仙台駅、先日(11/10)の書き込みで閉店情報を書き込んだ黒磯駅などについて、状況を見に行ってきました。

(1)仙台駅 日本レストランエンタプライズ「がんこおやじ」  1,000円
(2)仙台駅 日本レストランエンタプライズ「仙山芭蕉めぐり」 1,200円
(3)仙台駅 ウェルネス伯養軒「出逢い街道」   900円
(4)仙台駅 ウェルネス伯養軒「金華さば棒ずし」1,200円
(5)仙台駅 ウェルネス伯養軒「鯨釜飯し(表記はパッケージのまま)」1,000円
(6)黒磯駅 フタバ食品  「九尾釜めし」 900円

どうせ未食のものが多いだろうと思い、出たとこ勝負で臨んだ今回。確かに初めて見る駅弁が多数を占めていました。
新作のコンセプトは大きく分けて2つあり、(1)〜(3)が「仙台・山形交流連携の一環として、次の世代を担う学生(=宮城大学・宮城学院女子大学)と業者が共同企画した駅弁」、(4)(5)が「旬の地場産品を提供するいしのまき旬鮮市場と業者(=ウェルネス伯養軒)が共同開発した駅弁」とのこと。前者は業者も分かれており、いずれも見た目に鮮やかで食欲をそそるもの。

主な内容は、(1)がカキのグラタン、野菜の牛肉巻、銀鮭の揚げ浸し。(2)は紅花寿し、麩の牛肉巻、カキと帆立のチーズ焼き、笹かまぼこの梅肉のせ。(3)は変わりおにぎり2種に牛肉・麩・玉こんのすきやき風味つけ、銀鮭の酒粕香味焼き、そば団子など。一部似たものもありますが、一度にこれだけ作る以上は仕方ないでしょう。どれも味わい深いものばかりで、あとは人気商品として定着してくれることを願いたいと思います。

一方、(4)(5)は定期的に登場するパターンで、伯養軒の倒産後も基本的にそのまま。ただし、どの駅弁も駅弁マークが入っていないのはどういう理由でしょうか。(4)はタイトルどおりの一品で、すべてが米子駅の名品とは比べものにならないうえ、酢がきつ過ぎて食べるのにひと苦労。(5)は鯨のベーコン、皮、南蛮漬などの入った鯨づくしで、特にクセもなく安心して食べられました。

ところで、製造能力と販売スペースに限度がある以上、新作が登場すれば逆に消えていく商品も多いのが当たり前。今回も何がなくなったか分かりませんでした^^;)が、相変わらず入れ替わりが激しそうな印象です。お目当ての駅弁がある場合は、早めの購入をおすすめしたいと思います。

仙台駅のあとは新幹線で那須塩原駅まで移動。改札外のNEWDAYSに寄ったところ、駅弁は影も形もなし。NREのコンビニ風弁当が並ぶのみでしたが、13:30という時間のせいなのかどうかは分かりません。ここから電車で1駅の黒磯駅に行き、目指すフタバ食品さんのブースに向かいました。


「お客様各位
                閉店のお知らせ

 永きにわたり、皆様にお引き立てを戴いて参りましたが、平成17年11月30日をもちまして閉店させていただきます。
 これまでのご愛顧に対しまして心から御礼申し上げます。

                                        フタバ食品梶v

売店の前にはこんな掲示がされていました。シンプルなお知らせの中に込められた、業者の気持ちはどんなものでしょうか。
この日は冬を思わせる寒さと曇天で、販売員の方もとにかく辛そう。いずれにせよあと10日…本当に残すところわずかとなりました。

(6)の掛け紙には、今までなかった“復刻版”の文字を発見。
今年の春先に「釜がなくなったから」との理由で一時販売中止していましたが、そのことと何か関係あるのかもしれません。でも、弁当名の入った専用の釜を再度発注していたぐらいだから、閉店は急に決まったことなのかも…

>家主さま
スカイマーク利用のツアーをご紹介いただき、ありがとうございます。
さすが旅行通ですね、つくづく感心いたしました。
ところで迷惑ついでで恐縮ですが、ANA利用のツアーもあるんでしょうか?
--------------------------------------------------------------------------------
スカイマーク利用のツアー  投稿者: のーむ(家主)  投稿日:11月19日(土)06時28分57秒

皆様おはようございます。のーむ@ドリームにちりん、です。

大分から先、県境を越えて来た乗客は私を含めて一車両に数名という状況でしたが、
延岡からは、宮崎空港への一番列車ということもあってか、車内は賑やかになって
来ました。

>ゆういちさん:
川内駅の「栗めし弁当」は以前からそう言う話だったのですか。恥ずかしながら存じ
ませんでした。
実際のところ、通常の収穫旅行で複数個予約が必要なものを無理に作ってもらう気は
全く無いので、今回のキャンペーンが無ければ収穫する機会は無かったかも知れ
ませんね。

スカイマーク利用でJRフリーきっぷがオプション設定出来るツアーは、HISで扱って
います。
http://www.his-j.com/domestic/tyo/kyushu/free_kyushu.htm

通常、JALやANAを利用したこの手のツアーは、10日前が申し込み締め切りとなりますが、
スカイマーク利用のこのツアーは、5日前まで申し込み可能なので、私のように直前に
ならないと日程を確定出来ない人間にとっては、ありがたいところです。
ちなみに、7日前であればスカイネットアジア航空も利用できるので、九州エリアを
ほぼカバーしてくれます。
本当は今回、マイルの関係でANAを利用したかったのですが、気づいた時には既に
10日前を切っていたので、このツアーを利用しました。
--------------------------------------------------------------------------------
九州  投稿者: ゆういち  投稿日:11月18日(金)23時36分9秒

家主さま その他皆さん こんばんは

九州駅弁ツアー、うらやましい限りです。
川内駅の「栗めし」はそういうことだったんですね。
実は私も不思議に思ってました。あの商品は長らく「5個以上の要予約」というスタイルが定着してましたからね。今回はどんな経緯でリストアップされることになったのか分かりませんが、もしかして家主さまが入手第1号でしょうかね?

人吉駅の「とろろ麦めし」で釜を使っているのは、保温のためじゃないでしょうか。
個人的には、加熱式タイプならおいしく食べられるんじゃないかと思っています。
あの駅弁は「いさぶろう」「しんぺい」でも車内販売していますが、なかなか完売しない時は同じ区間を行ったり来たりしていて、その間に冷めてしまうのでは…と余計な心配をしたことがあります。

それと1つ質問です。
「JR全九州フリーきっぷ」をオプション利用できるパッケージツアーの中で、スカイマーク使えるものがあるんですか?
私はてっきり、JALだけかと思っていました…
--------------------------------------------------------------------------------
九州駅弁シールラリー・その1  投稿者: のーむ(家主)  投稿日:11月18日(金)22時32分49秒

皆様こんばんは。のーむ@博多駅前です。
「九州の駅弁・シールラリー」挑戦の初日は、お昼からの収穫にも関わらず、まずは
8個を収穫しました。以下、報告です。
※記載は購入順、カッコ内は消費時刻
11月18日(金)
(1)川内駅  西原弁当店「炙り黒豚めし」900円(11:30)
(2)川内駅  西原弁当店「栗めし弁当」920円(12:00)
(3)川内駅  西原弁当店「特上うなぎ弁当」1,300円(14:30)
(4)出水駅  松栄軒「かごんま黒豚弁当」1,050円(12:00)
(5)出水駅  松栄軒「えびめし」800円(16:30)
(6)人吉駅  人吉駅弁やまぐち「とろろ麦めし」1,000円(18:30)
(7)人吉駅  人吉駅弁やまぐち「栗めし」890円
(8)新八代駅 より藤「鮎屋三代」1,050円

前述の通り、鹿児島空港から鹿児島中央駅に行き、飛行機利用のパッケージツアーの
オプションである「JR全九州フリーきっぷ」を入手。前にも書きましたが、往復飛行機
利用でないと新幹線乗り降り自由な切符が買えない、というのはおかしな気がします。

鹿児島中央駅の駅弁売店を覗くも、特に大きな変化は無くわたなべさんの専用売店も
健在でした。
ただ「とんこつ弁当」をはじめとする各商品、ほとんどが掛紙無しまたは汎用の紙箱に
なっており、一時的な在庫切れというよりは、この状態が固定化しているように思え
ました。体裁も駅弁の大事な魅力であることを忘れてしまったのでしょうか。

最初の収穫は全商品を予約しておいた川内駅から。
まず(1)ですが、炙り焼された黒豚の味わいはなかなかのものですが、恐らく豚骨で
炊き込んだと思われるご飯に、べちゃっとした感覚があるのが難点。もっとも、
これは出来立て特有の問題で、少し時間を置いて水分が抜けてくると丁度良いのかも
知れません。

(2)は今朝の書き込みでも指摘した通り、「5個以上で無いと調製出来ない」と言われた
問題の品。
パンフレットなどには「新作」とあるものの、実際に入手してみると「いい日旅立ち」
のロゴが入っており、かつての定番商品を復活させた、というのが正直なところの
ようです。
実際に食べてみるとこれがなかなかの品物で、栗めしとは言いながら、海老、さつま
揚げなどのおかず類も充実しており、さながら「栗めし幕の内」のような内容でした。
値段から言っても満足感の高い一品で、これならば定番品として売るだけの実力は
十分にあると感じます。
どうしても栗おこわの調製に量が必要ならば、予約が入ったときは駅売りの「お好み
弁当」との間で量の調整をするなどすれば、十分解決出来そうな気がする、それだけの
実力派商品でした。

(3)は通常のうなぎ弁当かと思いきや、ご飯とうなぎがそれぞれ二段構造になっており、
非常に食べ応えのある一品。うなぎが川内名物というのは意外でしたが、柔らかい蒲焼は
白いご飯と非常によく合います。値段相応の価値は十分に感じられる品でした。

引き続き出水駅へ移動し、こちらも予約しておいた二品を、駅前物産館「飛来里」で
受け取り。
まずは(4)を物産館内の休憩所で食しました。味噌焼きにした黒豚は、冷めても味が
落ちない見事なものでしたが、「麦栗めし」と称するご飯は冷めるとパサついた感じ。
雰囲気は五穀米のようなものですが、こちらは要改善かと思いました。

(5)は三年前にも食べた、出水駅弁の定番中の定番。今回食べた印象としては、全体の
風味は変わらないものの、ちょっと塩気が強いような気がしました。それでも、海老の
ダシで炊いたご飯は、他では味わえない「名物」たるにふさわしい味わいでした。

出水からは新幹線で再度鹿児島中央に戻り、「はやとの風4号」で吉松へ。
この車中で「かれいがわ」を狙っていたのですが、既に予定数完売とのこと。土日は
途中での補充対応も可能とのことですが、この日の収穫は断念し、明日再度挑戦する
こととしました。
再度の挑戦スケジュールを車中で練ってみましたが、忘れ物を取りに鹿児島空港へ一度
戻る必要があるなど、ややこしい条件を何とかクリアする案をまとめてみたので、これは
明日の報告にて。

吉松では駅弁は売り切れなるも、たまりさんの売店が営業しているところを確認し、ひと
安心。急行「えびの」の廃止で一度は構内営業から撤退しながらも、このような形で復活
したという事例は、珍しいのではないでしょうか。

吉松からは「しんぺい4号」で人吉へ。考えてみると、このルートもほぼ毎年通過して
おり、最近はあまり感動らしきものも無くなって来てしまいました。贅沢な話ではあり
ますが。

人吉では、立売さんから購入したいところでしたが、こちらも予約を入れておいた
関係で、駅前の調製所売店で購入。併設されていたレストランは相変わらず休業中の
ままなので、少しだけ先行きが案じられます。
(6)は昨年の登場時にも食した品で、とろろ麦めしという駅弁では類を見ない食感が
楽しい一品。ただ、「釜めし」である必然性は無いような気がするのと、昨年より上に
乗る具が増えたような気がしました。もっとシンプルに「とろろ」だけで勝負しても
良いだけの実力はあると思うのですが。

山を下って新八代では(8)を購入し、明日の予約も同時に入れておきました。これも昨年
食べている品ですが、(7)と合わせて、今夜の「ドリームにちりん」車中での夜食に
したいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
九州上陸・・・ですが  投稿者: のーむ(家主)  投稿日:11月18日(金)10時15分29秒

皆様こんにちは。のーむ@鹿児島です。
羽田発7:20のスカイマークで飛んで来て、鹿児島中央駅に向かっているところです。
先日予告した通り、今日から3.5日の予定で、「九州の駅弁・シールラリー」対象の
駅弁を漁って来ます。

今回は取り逃がしが許されないので、可能な限り予約を入れているのですが、昨日、
信じられないような出来事があったので、今後のためにもあえて苦言を呈しておきたい
と思います。

川内駅の西原弁当店さんに、要予約と案内のある品を含めたシールラリー対象の品に
ついて、電話を入れて各1個ずつお願いします、と申し出たところ信じられない回答が
返って来ました。
対象商品のうち、新作の「栗めし」は5個以上でないと、予約を受けられないとのこと。
一瞬耳を疑いましたが、気を取り直して、シールラリー対象駅弁であり、JR九州の公式
サイトにも「要予約」とはあるものの「5個以上で予約」との表記は一切無いので、
作れないという話は筋が通らないのでは?と訊ねました。

最初に電話に出た男性は「責任者に代わります」といって、女将さんらしき方に電話を
取り次がれたのですが、この女将さんも「5個以上で無いと・・・」という有り様。
いい加減怒りを通り越していたので、もう一度同じ説明を繰り返し、なぜわざわざ
そんな商品をキャンペーン対象商品にしたのか、と詰め寄ったところ、ようやく
「分かりました、お作りします」という返事をもらうことができました。
確かに、おこわなど少量で調製するのが難しい、という事情はよく分かるのですが、
それならばこんなキャンペーンの対象に入れなければいいだけのこと。
川内駅には「べっぴんさん」という看板商品があるのですから、逆にこれが対象で無い
方が不思議な気がします。
高い電話代を払って不愉快な思いをさせられるのも腹立たしいですが、遠慮深い方や、
駅弁趣味歴の浅い方なら、言われたままに諦めているところかも知れません。
そんな場面に遭遇して、せっかくのキャンペーンや駅弁そのものに悪印象を抱くような
ことがあっては本末転倒です。

西原弁当店さんと、主催のJR九州に対して、二度とこのような対応が為されないように
という意味も込めて、あえてここに書き記したいと思います。

>まっこうくじらさん:
ご祝辞とコメントありがとうございます。前述のような事情で、出発前からいきなり
挑戦意欲を思い切りそがれてはいますが、今回はとりあえず25〜30個を目標に頑張り
たいと思います。
難所の二つは今回クリアする予定ですが、予約を平気で忘れるという指摘の多い調製元が
あったり、前述のような「想定外」な難所もまだまだありそうです。

>Bさん:
情報のご提供ありがとうございます。
丸井今井に駅弁売店があったとは存じませんでした。
苫小牧駅は固定売店が無いので、売り切れ次第終了、というのが実情のようですね。

>ゆういちさん:
別府のこの商品は、確かに「駅弁」ではありませんよね。もしかしたら今後販売予定が
あるのかどうか、というところでしょうか。
現地で確認してきたいと思います。

>駅弁のあら竹 ぴーちゃん:
ご祝辞ありがとうございます。
確かに時間の捻出は厳しいものがありますが、楽しみながら息長く続けて行ければと
思います。
--------------------------------------------------------------------------------
2周年おめでとうございます!!  投稿者: 駅弁のあら竹 ぴーちゃん  投稿日:11月17日(木)20時37分5秒
のーむさん、こんばんわ〜♪
たいへん遅くなりましたが、サイト開設2周年おめでとうございます!!!!!!!
駅弁を買う側、売る側の両方に有益なこちらのHPは、ワタシにとってもたいへん心強い味方のような気がしております~~*

日本内外の出張・本業の合間での更新作業は、きっとたいへんなことと想像いたしますが、ご無理のないように、楽しくHP活動なさってくださいね〜〜♪♪

ますますのご活躍を期待してます!!!!!!!!!
さて恒例の今週のあら竹駅弁大会情報です。
☆11月17日(木)〜 11月18日(金)広島市 福屋 食品館フレッド

☆11月18日(金)〜 11月19日(土)大丸ピーコック 豊中店

☆11月17日(木)〜 11月20日(日)マックスバリュ 南勢地区限定 「地物一番の日」

☆11月19日(土)〜 11月20日(日)中京地区のユニー・ユーストア(全店ではございません)

☆11月20日(日)1日限り 東京都中野区トラベルジャーナル専門学校(時刻表検定試験会場でしょうか?)

☆11月20日(日)1日限り 長野県東御市 リブカード会

他にも、みなさまのお近くのスーパーに並ぶやも・・・・・???
その時は、ぜひとも、ぴーちゃんにお知らせくださいませませ〜〜〜♪

110周年記念イベントも続々計画中です。
こちらの更新もごらんくださいませ。
(後ろ2つが、新しいお知らせです)
http://www.ekiben-aratake.com/110shuunenn-bun.htm
http://www.ekiben-aratake.com
--------------------------------------------------------------------------------
九州駅弁ランキング…  投稿者: ゆういち  投稿日:11月17日(木)00時46分5秒

家主さま その他皆さん こんばんは

確かに、まっこうくじらさんの言う通りだと思います。
期間はあまり長くしても間延びするだけでしょうが、
種類についてはもう少し絞ってもらいたいですね。
やっぱり、1駅(or1業者)1商品ぐらいに抑えるべきじゃないかと思います。

ところで、今回登場した「たみこの夢」…これ、何ですか?
どこをどうとっても、駅弁と呼べる代物ではないはず…
http://www.jrkyushu.co.jp/ekiben/ooita.jsp
駅弁の定義については諸説あるかもしれませんが、
JR九州がこの弁当にお墨付きを与えることに、一体どういう意味があるのか、
私にはまったく分かりませんね。

前回11/10に書き込んだ内容について。
羽越線内の駅弁業者については、だいぶ前にさかのぼると他にも販売駅があったとか!?
私の書き込みは自分の知りうる限りのものでした、あしからずご了承ください。
--------------------------------------------------------------------------------
苫小牧駅について  投稿者: B  投稿日:11月16日(水)00時07分2秒

皆様こんばんわ、苫小牧駅弁についてお知らせ致します。
改札内コンコースでの台売りですが、最近は朝は8時位から晩は早ければ17時で終了するらしいです。
あと日高路は生産中止になってます。
丸井今井が閉店になり一階にあった、まるい弁当の支店も閉店になったようでここでも駅弁を売ってましたがもう買えません。
--------------------------------------------------------------------------------
九州駅弁ランキング  投稿者: まっこうくじら  投稿日:11月14日(月)23時37分10秒

こんばんは、まっこうくじらです。
遅ればせながら2周年おめでとうございます。
九州駅弁ランキングは、短期と多種が過ぎるのか
挑戦者をネット上でも見かけないのですが、
こちらは3回の遠征での制覇を思案中です。
別府の非駅弁と嘉例川が難所かと。
--------------------------------------------------------------------------------
久々の収穫報告  投稿者: のーむ(家主)  投稿日:11月14日(月)18時40分57秒

皆様こんばんは。
先週は、日帰り出張のついでに、久々の駅弁収穫がありました。
いずれも、ゆういちさんがいわき駅で収穫された品ですが、本家の日立駅でも販売が
あるとは思っても見ませんでした。

11月10日(木)
(1)日立駅 海華軒「海老かつ重」950円(16:30)
(2)日立駅 海華軒「海の華」1,500円(17:30)

本来は、往路の水戸駅でも10分の乗換時間があったので、もしかしたら「うにめし弁当」
あたりを収穫出来るのでは、とも考えていたのですが、お手洗いや電話などの所用を
済ましている内に時間が無くなり、売店も見ることが出来ずに取り逃がし。

日立界隈での仕事を終えて、予定より一本早い「フレッシュひたち」に乗れそうだった
ので、駅へ急いで、ホーム上のそば店に直行。
何度か帰路に立ち寄ったことはあるものの、午後特に15時以降に駅弁が置いてあった
記憶が無いので、16時過ぎのこの日もあまり期待せずに店頭を覗いたのですが、定番の
「ソースカツお弁当」「風流弁当」こそ見本のみでしたが、購入した二品と「天重」が
各一個ずつながら残っていました。
さすがに三個一気買いは、次の楽しみが無くなるので、系統の違う二品を購入。

(1)は名前からすると、海老のすり身をカツに仕立てたものかと思いきや、海老フライを
卵とじにしたもので、ある意味での珍品。
味わいそのものはやや甘口ながら、大ぶりな海老も二本入り、質量共に満足出来るもの。
ただ、あえて言うならば、すり身海老カツでこれをやっていれば、「天重」とのカブリ
感は少なかったのでは、とも思います。

(2)は屋号から取った名前が意気込みを示す意欲作。薄味の茶飯の上に、いくらを散らし、
帆立やあさりなどの煮貝を乗せて、蒸したアワビなども添える豪華版。これまでの日立
駅弁のイメージを変える力作で、味わいもなかなかでしたが、やや高いかな、という印象。
旧来からの掛紙スタイルには好感が持てるものの、そのデザインや盛り付け方を改善する
ことで、看板商品に育てて行って欲しいと感じました。

昨日までの二日間は、久々の連休でゆっくりと静養にあてることが出来ました。
そして、今週末は何日あるのかすら定かでないほど貯まった代休を絡めて、3泊4.5日の
日程で、九州遠征を果たしたいと思います。
例のスタンプラリー、「達人」に続いてタイトルは保持したいと思っているので、果敢
(無謀?)にも挑戦したいと思います。

その週後半からは、またしても中東方面への出張が控えているため、相変わらずの強行軍
ですが、短い期間だけに集中して、二回程度の遠征で達成したいと思います。

>ゆういちさん:
ご祝辞ありがとうございます。
当掲示板でも度々ぼやいている通り、こうも海外出張だらけでは、なかなか遠征の時間も、
更新の時間も取れないのが正直なところではありますが、こんなペースも慣れてくれば
どこかに隙間を見つけて、ボチボチやって行きたいと思います。

それにしても、黒磯・那須塩原駅に酒田駅も撤退とは・・・。
黒磯駅の販売形態はしばらく見ていないのですが、今年の7月に那須塩原を訪問した際は、
改札外のNEWDAYSの弁当棚で、コンビニ弁当に埋没していたので、やむを得ないところ
なのでしょうか。

酒田駅も、ご指摘のとおり羽越本線中間駅では唯一の駅弁販売駅であり、車販需要も
そこそこあるように思えたのですが。
「飯だけで商品になる」とまで言われた「ササニシキ弁当」が過去帳入りするかと思う
と、非常に悲しいところです。
酒田駅は年内一杯、ということであれば、何とか一度、惜別訪問が出来そうですね。
意地でも訪問して、記憶の中にしっかりと刻み込んで来たいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
いろいろ  投稿者: ゆういち  投稿日:11月10日(木)23時01分57秒

家主さま その他皆さん こんばんは

ちょっと遅くなりましたが、HP開設2周年おめでとうございます。
販売駅のチェックはとにかく大変ですし、ある意味果てしない作業かと思いますが、
よくぞここまで調べられたと思います。
実際とても参考になります。
今後もぜひ活用したいと思っていますので、どうかよろしくお願いします。

で、せっかくのめでたい話であるはずなのに恐縮ですが、暗い話題です。。。

長年にわたって駅弁販売を続けてきた酒田駅・黒磯駅の両駅では、
近日中に業者が販売終了することになったそうです。
JTB 時刻表では11月号から駅弁マークが外れているので、
すでにお気づきになった方も多いんじゃないでしょうか。

まず酒田駅では、年内いっぱいでの廃業を予定。
新発田駅(新潟駅にて営業継続)・坂町駅・あつみ温泉駅・鶴岡駅・余目駅・羽後本荘駅、そして酒田駅…
ひとつ消え、またひとつ消え…と淋しくなる一方だった羽越線内の駅弁業者ですが、これで完全に姿を消すことになります。
固定店舗を構えず、立ち売り中心の営業スタイルを守り続けてきた酒田弁当販売さんですが、確かに最近は特急発着時さえ見かけないことが多く、心配していた矢先でした。
ちなみに、現在は長年の定番品「鳥海釜めし」「ササニシキ弁当」に加えて、数年前のリゾート列車運転を機に開発された「きらきらうえつ弁当」の3種類を発売中とのことです。

一方、黒磯駅で駅弁販売を続けてきたフタバ食品さん(以前は西那須野駅でも営業)は、
会社としては存続するものの、経営合理化の一環として11月いっぱいで黒磯営業所を閉鎖するとのこと。
黒磯駅では後発業者の高木弁当さんも01年に廃業しており、これで完全な空白区になります。。。
なお、こちらでは「九尾釜めし」「雉焼き栗めし」「九尾すし」の3種類を現在発売中とのことでした。

>家主さま

横川駅の「峠の松茸めし」は、今回が3回目の入手でした^^;)
この弁当は過去2回の満足度があまりに高かったおかげで、今回は比較上やや辛めの評価となってしまいました。

「妙義の散歩道」はホントに不思議な弁当でした。
販売員の方は記念弁当と断言するものの、大人の休日マークが入っているのもそうですし、それらしい体裁がまったくなかったもので…
でもまあ、新しい駅弁を味わえたんだから、ということで個人的にはとても満足しています。
--------------------------------------------------------------------------------
お陰さまで二周年となりました  投稿者: のーむ(家主)  投稿日:11月 7日(月)23時15分26秒

皆様こんばんは。
ご挨拶が大変遅くなりましたが、11月4日をもちまして、当「駅弁案内処」は二周年を
迎えさせていただくことが出来ました。
これまで、延べ80,000以上のアクセスを皆様からいただき、厚く御礼申し上げます。
これもひとえに、ご来処いただいた皆様方のお陰であります。最近は多忙にかまけて
なかなか情報の更新も覚束無い有様ではありますが、このような形の情報提供サイトが
一定以上のご利用をいただけているということを励みに、三年目も頑張って取り組んで
行きたいと考えております。
引き続きご贔屓のほど、よろしくお願い申し上げます。

二周年の当日は、やはり中国の空の下で迎えさせていただきました。(^^;
そのような事情で、記念企画などもご用意出来ずに大変申し訳なく思いますが、今月は
少し国内に居る時間がありそうなので、せめて滞っている情報の更新に努めたいと
思います。

>10/22 ゆういちさん:
すっかり遅れ遅れのコメントで申し訳ありません。m(__)m
収穫のご報告をありがとうございます。なかなか遠征の目途すら立たない身からすると、
何とも羨ましい限りです。

横川駅「峠の松茸めし」は、一度手に入れるのも困難かと思いますが、二度目の入手とは
恐れ入ります(私は未だ未入手です)。
ただ、せっかくの逸品だけに、久々の対面でもその期待を裏切らない内容は確保して欲しい
ところですね。
「妙義の散歩道」に大人の休日マークが入っている、というのも不思議な感じがしますが、
更に記念弁当扱いとなると、一体この掛紙はなんなのでしょうね?
「おむすび」もゆういちさんのおっしゃる通りで、記念にしても復刻にしても、中途半端な
印象は否めませんね。このような品の場合、値段を当時と同じには出来ないのですから、
もう少し価格を上げても、「記念」の部分を重視しても良いような気はします。

小田原駅弁は常に実態のある新作が登場しているので、趣味的には楽しい駅なのですが、
もう半年訪問出来ていません。(;_;)
ご紹介いただいた中では、「まぐろステーキ丼」が気になるところで、ガーリックバターと
まぐろステーキの相性は、ぜひ試してみたいところです。

>10/24 ゆういちさん:
引き続きのご報告をありがとうございます。
こよらかさんへのコメントでも記しましたが、最近の新潟方面は新作に勢いがあるように
感じますね。
価格と中身と意匠のバランスが、良い意味で崩れているもの、悪い意味で崩れているものと
揃った感じがしますが(苦笑)、悪い方に挙げられた駅弁の調製元では、このあたりを真剣に
考えないと、いずれ奇をてらうだけでは見放されると思います。

>10/25・26 駅弁のあら竹 ぴーちゃん:
毎週恒例の駅弁大会情報をありがとうございます。
お察しの通り、ご投稿いただいた時は中国は山東省におりました。
多忙になると駅弁行脚に出られないというのは、とかくありがちな話ですが、これだけ海外
出張が続くと、近所の駅弁大会にすら足を運べないのが悲しいところです。
でも、昨年と比較して扱い店舗数が増えているように感じますね。
あら竹さんの努力ももちろんですが、駅弁大会の開催数そのものが増えているのでしょうか。

>10/31 駅弁のあら竹 ぴーちゃん:
引き続きのご案内をありがとうございます。
意味深な「サプライズ」が気になるところですが、今週末は少し時間が取れる(はず)なので、
どこかで確かめてみたいと思います。

>11/5 上ちゃん:
サイト移転のお知らせをありがとうございます。
当処も独自ドメイン取得を考えた時期もあったのですが、それよりも更新頻度の向上が目下の
最重要課題であります。
リンクアドレスの変更は、今週末には対応させていただきます。m(__)m

>11/7 駅弁のあら竹 ぴーちゃん:
いつもいつもお知らせをいただき、ありがとうございます。
今週末は、府中・国分寺という私の準地元エリアに出品との事なので、何とか都合をつけて
久々に駅弁を食べに行きたいと思います。
新規に取引先が増えるのは、まさに嬉しい悲鳴なのでしょうが、どうかお体を壊さぬように、
ぴーちゃんをはじめ、皆様の奮闘をお祈り申し上げます。m(__)m
--------------------------------------------------------------------------------
今週のあら竹は・・・・  投稿者: 駅弁のあら竹 ぴーちゃん  投稿日:11月 7日(月)22時00分29秒

のーむさん、みなさまへ、あら竹の駅弁大会情報でございます〜♪
さて、今週はこんなカンジでございますぅ〜〜〜♪♪

☆11月9日(水)〜 11月14日(月)小田急 町田店

☆11月9日(水)〜 11月13日(日)伊勢丹 府中店

☆11月9日(水)〜 11月15日(火)丸井 北千住店

☆11月10日(木)〜 11月16日(水)マルイファミリー 国分寺店

☆11月12日(土)〜 11月13日(日)中京地区のユニー・ユーストア(全店ではございません)

☆11月12日(土)〜 11月13日(日)マックスバリュ 南勢地区限定

☆11月12日(土)〜 11月13日(日) 静鉄ストア

今週末は、東海地区の大手スーパーチェーンの直接のお口ききもあり、地元スーパーでの初登場となります~~*

ここ数年にわたり、これまで何度もお声がけはいただいていたのですが、製造数・輸送面での問題が山積で、これをひとつひとつ乗り越えての今週末の販売となります。
あら竹にとりましても、たいへん重要な仕事で、こちらさまの某会長様(現:相談役様)には、以前に日経新聞に「食べたい駅弁ランキングの上位」に選ばれた時、直々に「あら竹さんはすごいですなぁ」と御電話を頂戴いたしました時からのご縁です・・・。
思えば長い道のりで・・・・ぴーちゃん、白髪できたくらいよ、この仕事をまとめるのに・・・(笑い)

今週末のあら竹厨房は、かなり修羅場状態かも・・・・(冷や汗)
あら竹は、手作りにこだわりますので、限界に挑戦かも・・・・
社員一同、力を合わせて頑張りますので、みなみなさま、今週もご期待くださいね〜〜♪
http://www.ekiben-aratake.com
--------------------------------------------------------------------------------
「駅弁の小窓」サイト移転のお知らせ  投稿者: 上ちゃん  投稿日:11月 5日(土)00時20分54秒

ご無沙汰しています。「駅弁の小窓」の上ちゃんです。
いつも相互リンクではお世話になっています。

さて、この度サイトを下記に移転しました。

お手数をおかけし、誠に申し訳けございませんが、リンク先とバナー画像を変更していただきたく存じます。今後ともどうか宜しくお願いいたします。
http://ekibento.jp/
--------------------------------------------------------------------------------
ご来処ありがとうございます  投稿者: のーむ(家主)  投稿日:11月 2日(水)08時31分55秒

皆様おはようございます。一昨日ようやく帰国しました。
相変わらずコメントが遅くて申し訳ありません。m(__)m

昨日から、MSNポータルの月替わり特集「駅弁特集」で、当処が紹介されています。
もちろん、他の駅弁サイトの皆様方と一緒に、ではありますが。
改めて眺めて見ると、シンプルさを追求した結果とはいえ、当処のトップページは
あまりにも浮いていることに愕然とさせられます。(^^;
二周年を機会に、そろそろトップページくらいリニューアルを、と思わなくも無いの
ですが、その前に各ページの更新が危急の課題かと思っています。

どうやら二周年の日は、中国の空の下で迎えることになりそうなので、記念企画めいた
ものは難しいかも知れませんが、何か考えてみたいところです。

>10/19 Bさん:
初めまして、ご来処ありがとうございます。
また、静内駅弁の現況報告をありがとうございます。
この掲示板で散々叩かれた結果か分かりませんが、少しは現地販売の実態を整えようと
いうことなのでしょうか。
しかしながら、本来北海道の観光トップシーズンである6〜8月は販売を休止して、今も
半分は現地調製ではない、という点が事実だとすれば、これは駅弁大会出品へのアリバイ
作りとしか思えないのは私だけでしょうか。
ただ単に「売られていればOK」では、駅弁の存在価値を否定するような気がします。
いい加減、小細工やまやかしを止めて欲しい、止めさせて欲しいと切に願います。

>10/19 ゆういちさん:
長野駅弁収穫のご報告をありがとうございます。
事情はお察しいたしますが、駅弁購入のためだけに長野へとんぼ帰りとは、お気の毒と
いうか・・・、私も人のことは(全く)言えませんが。(^^;

長野にはここ二年ほど所用が多く、大体の品は制覇したつもりでしたが「お朔日弁当」
だけはどうにもなりませんでした。残るチャンスは明日を入れてあと一回では、恐らく
私は入手不能で終わりそうです。しかし、面白い試みではあるものの、もう少し入手
し易い形の限定販売でも良かったような気はします。

「おぉ!駅弁」とは、何とも企画先行型風な名前ですが、弁当である以上最低限の食べ
やすさが確保されていないと、評価以前の問題になってしまいますね。

>10/20 駅弁のあら竹 ぴーちゃん:
駅弁大会出品のお知らせをありがとうございます。
今年もそんな季節になってきたのですね。
個人的には、多忙かどうかの前に「日本に居るか」という問題が横たわっており、
せっかくの情報を活用できないのが悩みの種です。

>10/22 ゆういちさん:
引き続き収穫のご報告をありがとうございます。
いわき駅は、旧来の調製元廃業後にこれだけ活況を呈すとは、嬉しいような気もしますが、
これまでの商売は何だったのか、と思わなくもありません。
このまま勢いが維持されることを願いたいところです。
記念弁当で三社競作とは、何とも珍しいというか、いわき駅での商売にかける意気込みが
伝わって来ますね。
ただ、海華軒さんにはもう少し、地元日立駅での商売にも力を入れて欲しい気はします。

>10/22 こよらかさん:
各地の新作情報と、収穫のご報告ありがとうございます。
せっかく情報を寄せていただきながら、各駅の更新情報になかなか反映できずに申し訳
なく思っています。m(__)m

米沢駅弁の新作が「現地未販売」なのは、その理由に少々疑問を感じなくもありません。
松川弁当店さんの場合、年を追うごとに現地販売品と大会出品商品のギャップが大きく
なっているように感じるのは、私だけでしょうか。
新作の連発・多発は悪いことではありませんが、中身を見ると同じような品が多いように
感じますし、駅弁とはじっくり育てるものではないかな、などと思ったりもします。

広島駅は毎年何がしかの新作は登場しているものの、単独の品で話題に上ることが少ない
ような気がしますね。定番が有名過ぎるのか、単なるPR不足なのか。
福山駅と三原駅で、浜吉さんの力の入れ方が違うのは、駅の性格を考えればやむを得ない
ところだとは思います。ただ、品数は少なくとも、三原駅オリジナルな商品でもあると、
趣味者的な評価はがらりと変わるところですが。

岡山駅のサービスネット岡山さんは、「達人」指定されていた商品がどれも外れだった
印象が尾を引いていますが、新作の投入は相変わらず活発なようですね。
当地は西日本の雄、三好野さんの本拠地だけに、レベルの高さに新作で対抗しようという
ところでしょうか。それはそれで良しとしても、それなりの定番商品が育たないと、
本当の意味での評価はされないような気もします。

北陸方面では、キャンペーンの影響もあってか新潟の駅弁が目立っていますね。
それでも、中越地震で直接・間接含めて大きな被害に見舞われた地域の調製元が、この
ような形で元気なところを見せてくれるのは、嬉しい限りです。
--------------------------------------------------------------------------------

2005年10月の記事  最新の記事  2005年12月の記事


最初のページ更新履歴当サイトのご案内です駅弁をお探しの方はこちらへ掲示板です
駅弁に関する話題駅弁についての読み物ですリンク集ですご意見・お問い合わせはこちらへ