最初のページ更新履歴当サイトのご案内です駅弁をお探しの方はこちらへ掲示板です
駅弁に関する話題駅弁についての読み物ですリンク集ですご意見・お問い合わせはこちらへ


           掲示板です   

2006年1月の記事  最新の記事  2006年4月の記事

●駅弁掲示板 2006年2・3月の記事
--------------------------------------------------------------------------------
北東北駅弁現況(収穫報告後編) 投稿者:のーむ(家主) 投稿日: 3月31日(金)21時28分42秒

皆様こんばんは。
サウジアラビアへの出張から、先程帰国しました。遠征の二日後に出発した訳ですが、
今回は直前までドタバタで、現地へ着いてからも何かと慌しく、すっかり報告が遅く
なりました。m(__)m
そんな遠征の二日目は、予想外な収穫の多い一日でした。以下、報告です。

3月19日(日)
(8)青森駅  ウェルネス伯養軒「青森味づくし」1,000円(8:00)
(9)野辺地駅 ウェルネス伯養軒「とりめし」700円(9:00)
(10)八戸駅  ニュー八「ウニ釜めし」840円(14:00)
(11)八戸駅  ニュー八「十和田牛めし」1,100円(16:00)
(12)八戸駅  吉田屋「貝焼きうにの漁師めし」1,400円(23:00)
(13)一戸駅  山口松山堂「ロースカツ弁当」820円(11:30)
(14)一ノ関駅 あべちう「前沢牛ハンバーグ弁当」1,100円(19:30)

二日目はひたすら東京へ戻るだけの単調なコースで、なかなか変化をつけにくいところ。
とりあえず朝食用に(8)を購入。青森も何度か通っている内に、かなり選択肢が狭まって
来ました。伯養軒さん得意のご当地シリーズなので、どこが未食だったかごっちゃに
なるのですが、確か青森はまだだったはず。

最初の下車駅は野辺地で、前回訪問時は、青森中央工場(野辺地担当)の閉鎖直前で、
売店の売り子さんから「青森で作って持って来るようになる」と聞いていたものの、
この手の話はその場になってみないと分からないので、実情調査に訪問。
ところが、ここは嬉しい誤算で、駅弁販売の継続はもちろんですが、商品も野辺地
オリジナルの「とりめし」が健在でした。まさかオリジナルが健在とは思っても
みなかったので、衝動的に(9)を購入。
体裁や内容も、ほぼ以前のままで保たれており、小駅にキラリと光る名物駅弁だった
品が守られたことを嬉しく思います。味付けが微妙に変わった気もしますが、調製工場が
移動したのですから、そのくらいは仕方ないところでしょうか。

八戸へ出る途中、三沢に途中下車。以前どこかで「吉田屋さんの駅弁が売られている」と
聞いた記憶があったので訪問しましたが、実際には何も無し。八戸から特急で10分少々
では、駅弁をつつく暇も無さそうで、これは致し方ないところでしょうか。

八戸では、前回訪問時の殺伐とした印象があって、あまり期待をしていなかったの
ですが、予定外の新作などもあり、三品を購入することに。
まず(10)は、前回訪問時にも見かけていた品で、下車ホームのキオスクに積まれていた
ので衝動的に購入。
見た目にはこれという特徴は無いのですが、しっかりとウニの風味が染み込んだ、炊込み
御飯が秀逸で、意外な実力派といったところ。

(11)は二種類登場した、牛肉系新作の高級版。「倉石牛めし」や「まるごと倉石村」
などが消滅の憂き目に遭って、消えた牛肉駅弁の穴を埋めるべく登場したのでしょうか。
これまでニュー八さんの駅弁は、看板商品の「菊ずし」以外は、キオスクのみでの
取扱いでしたが、これを含めた牛肉系二品は、新幹線改札内の共同売店にも置かれて
いました。
内容の方は、お品書きなどでこだわりをアピールするものの、ごく普通のすき焼き風
牛肉駅弁で、魚介系駅弁の秀逸さからすると、いささか平凡な印象を受けました。

一方の吉田屋さんも新作三種を投入しており、駅弁大会などで話題の「大間マグロ」や
「幕の内 海」などに加え、今回購入の(12)などがありました。

八戸で予想外の大量収穫の後は、しばらくご無沙汰している一戸へ。朝一番で予約を
入れておき、駅前の調製所で(13)を受け取りましたが、その際に話を聞くと、現在は
一戸・二戸両駅での駅売りと、「はやて」車販への積み込みは行っていないとのことで、
基本的に予約分のみを販売している模様。色々事情があってのことかとは思いますが、
以前にも増して入手方法が限られる状況では、今後の動向が気になるところです。

肝心の(13)は、体裁、内容共に変化は無くボリューム感溢れるトンカツは、他のカツ系
弁当と比べても、群を抜いています。かなり腹持ちもいいので、この後の収穫と消費には、
だいぶ影響しましたが。(^^;

一戸からはいったん二戸へ戻り、代替商品の有無を確認するも、コンビニ弁当ばかりで、
事実上駅弁の無い駅になってしまったようです。
今回は「北海道・東日本パス」利用だったので、八戸〜盛岡間も心置きなく青い森鉄道、
IGRいわて銀河鉄道を利用しましたが、日曜日の昼時に空席が目立つようでは、先行きが
不安になります。

接続時間と手持ち在庫の関係で、盛岡はほぼ素通りし、北上駅に立ち寄るも、基本的には
販売形態に変化無し。ただ、現物は確認出来なかったものの「お弁当 北上」という品が
売られているとの掲示があり、値段からみて、まるろくさんの「花巻」と同一品かと思い
ますが、専用掛紙があるのかどうか。

北上から一ノ関へ移動し、ここでは改札外待合室のリニューアルに遭遇し、駅弁売店も
そば店と統合されて、両社の商品が置かれていました。そんな売店で新作の(14)を発見
したので購入。
これまで一ノ関で牛肉系というと、斎藤松月堂さんの独壇場という印象があったのですが、
ちょっと毛色の変わった洋風弁当で、ハンバーグはやや小振りながら、肉の味をしっかり
感じさせるもので、価値ある一品です。

さて、ここからは単純に東北本線を南下するだけの予定でしたが、この日吹き荒れた
強風の影響で、上り電車が一時間近く遅れているとのこと。これでは帰宅がまた遅く
なるなあ、と思いながら考えていたところ、大船渡線・気仙沼線経由の臨時快速
「こがね黄金めぐり」があることを思い出し、遅れで混雑必至のロングシートより、
ジョイフルトレインを選択することにしました。車内は気の毒なほど空いていたので、
思う存分睡眠と駅弁消費に充てられました。

今週末は連休ですが、さすがにヘトヘトなので静養に充てたいと思います。
すっかり遅れ気味の内容更新にも、努力したいと思います。(^^;;

>駅弁のあら竹 ぴーちゃん:
ラストの駅弁大会情報と、HP更新情報のお知らせをありがとうございます。
海外出張中では、駅弁大会に行きようもありませんが、今期は結局、京王百貨店に行った
のみで、他の催事にはさっぱりご無沙汰でした。
HPの更新情報は、なぜかサウジから見られなかったので、帰宅してからゆっくり拝見
したいと思います。

>ゆういちさん:
こちらこそご無沙汰しております。
文章を書くという作業は、意外にエネルギーを消費するもので、私自身も仕事が忙しい
時や、精神的に落ち着かない時は、なかなか筆が進みません。

池田駅のよねくらさんは、私はまだホテルに泊まったことが無いのですが、一度お世話に
なりたいところですね。駅弁もいいですが、あのステーキを夕食でいただければ文句なし
でしょうね。
もっとも、最近の遠征では、駅弁以外の食事を口にすることは非常に稀ですが・・・。

摩周駅「ラム肉丼」の顛末は、いささか疑念を感じるところですね。元々、豚丼の
登場時にも「現地販売はあるのか?」という疑惑を持たれた駅だけに、キチンとした
方が良いような気はします。
もっとも、駅の規模から言って豚丼一本勝負でも十分なところですし、それだけの
実力はある商品ですから、怪しいことはしない方が、と思います。

夜行列車に限らず、私はどこでも眠れる人なので、時間が有効利用できる夜行列車は
ありがたい限りです。特に「18きっぷ」利用の場合には、片道夜行で距離を稼げると
行動範囲が全く違いますしね。
しかし予想外だったのは、この経験が海外への長距離移動も平気にしているという
ところで、ありがたいやら複雑な心境です。(^^;
--------------------------------------------------------------------------------
1月の北海道旅行(2) 投稿者:ゆういち 投稿日: 3月28日(火)01時05分17秒

家主さま その他皆さん こんばんは

またまたまたご無沙汰してしまい、大変失礼いたしました。
家主さまは出張中の様子…こっそり復帰したいと思います。どうかお許しを^^;)

私もこの2カ月間、駅弁自体は食べ続けてたんですが、
どうも書き込む時間が取れなくて。
なんだかヤル気の問題のようでもあり、反省することしきりです。

1月に出かけた北海道の話が尻切れトンボになっており、今さら古い話を書き込むのもどうかと思いましたが、
ネット上に出てこない情報も含まれていることから、今回報告することにしたいと思います。
そのうち追いつけるよう努力しますので…

今回は北海道2日目、1月21日(土)の分です。

(1)(とかち号車内)  ホテルノースランド帯広 「中札内地養鶏弁当」850円
(2)池田駅    米倉屋  「十勝牛のワイン漬ステーキ辨當」1,050円
(3)(SL冬の湿原号車内) 釧祥館「SL冬の湿原号 感動弁当」1,000円
(4)摩周駅    ぽっぽ亭 「摩周の豚丼」1,050円

帯広から上り特急に乗って新得で下車。それから下りの特急に乗り換えて釧路に向かいました。
こう書くといかにも鉄道マニア的ですが、私の目的はただひとつ。
それは駅での販売がなく、特急列車のワゴンメニューとして、上りとかち・スーパーとかちだけに積み込むという(1)の弁当です。これは昨秋から売り出した新商品とのことで、以前あった「レストラン豆地蔵」の弁当と入れ替わりで登場した模様(豚丼はまだ売っていましたが)。
厳密には駅弁ではないでしょうから参考扱いで紹介しますと、ホテルノースランド帯広と客室乗務員による共同開発とのこと。
http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2005/051102.pdf
梅肉ソース・ゴマ・大葉を和えた鶏肉、ソーセージ、ホタテ、長芋、ポテトサラダ…
いずれも上品な味わいでご飯にもピッタリ。駅弁のレベルをはるかに超えたもので、値段からいっても満足度の高い弁当でした。

途中の池田では、乗車口受け渡しで(2)を入手。グリーン車乗車口での待機を指示され、行ってみると先客が。
ある程度は浸透してるんでしょうか? 今回は事前に(1)で満足しきっていたものの、こちらもさすがの美味しさです。
調製元のよねくらさんにはホテルでもお世話になったり(低料金ですが快適です。食事は2食ともレストランで…もちろん夕食はステーキ!)と大のお気に入りなんですが、いつでも変わらない味わいに感激しきりです。

釧路からは、この日最大の目的であるSL冬の湿原号に乗車しました。
この列車は冬期間かなりの本数が運転されるものの、川湯温泉行きは2日間だけなので、せっかくだからと狙ってみた次第。私のボックスには当初マニア風の客がいたものの、なぜか出発直後からいなくなったので快適そのもの。列車は4両編成で、自分のいる2号車売店で記念弁当の(3)を購入しました。

(3)は釧路駅などで駅弁を売っている釧祥館さんの調製ですが、駅での購入は不可。事前予約も原則不可(団体等は別途対応)とのことで、入手困難といえるもの。販売個数は50食ほどで、摩周に着くあたりで売り切れた模様です。内容は生サーモンたっぷりの鮭めし、カキご飯、ホタテ、フキ、わかさぎのフリッター、ニシン昆布巻、カニシウマイ等々で、釧祥館さんの駅弁のいいとこどり。値段と味が全然マッチしておらず、これまたお買い得の一品でした。

列車は摩周で40分の長時間停車。豚丼があるかも…と改札を出てみたら、さすがにSL利用客を当て込んでいたようで、売店のほうでお出迎え。皆さんはそれまでいろいろ腹に収めていたようで、飛ぶような売れ行きとはいかなかったものの、20個ほどあった弁当は間もなく完売しました。
(4)は十穀米使用で豚肉はロース5枚、ほんのり暖かいことを除けば駅弁大会のものと大差なし。
ただ1つ気になったのは、豚丼と並んでディスプレイの置かれていた「ラム肉丼」の販売がなかったこと。何個売っているのか、何時から売っているのか等たずねると、なんとも歯切れの悪い口調で「1個のみ販売」しかも「予約のみ」。質問後(別に問い詰めたつもりはありませんが)そそくさとディスプレイを撤去したあたりも少々アヤしい感じで、実際に入手するまでは何とも言えない気がします。

終着駅の川湯温泉は無人駅。構内で営業する喫茶店がビーフシチュー等を売っており、なかなか美味しそう。
私はSLでビールを飲み続けていたため、これ以上手が出ませんでしたが、食べていればいいネタになったかも。
川湯温泉からはそのままSLでUターンし、復路もビールざんまい。結局10本近く飲んだような…^^;
結局、この日は釧路から特急で札幌に出て、駅前の東横インに泊まりました。

>家主さま:
夜行列車が苦手なのは20代後半になってからで、今はよっぽどのことがない限り乗らないようにしています。
乗ったのは今回を含めて10年で3回だけ。家主さまは青春18きっぷでハードな車中泊を繰り返しているようですが、私にはとても真似できません。一体どうやって眠れるのか、コツをうかがいたいぐらいだと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
今期最後の駅弁大会情報 投稿者:駅弁のあら竹 ぴーちゃん 投稿日: 3月24日(金)11時29分34秒

のーむさん、みなさん、こんにちは。

あら竹の駅弁大会もいよいよラスト週です。
気温が上がってきますので、「霜ふり寿司」「モー太郎寿司」の出番が増えております。
お近くのお店をぜひとものぞいて見てくださいね〜♪♪

☆3月23日(木) 〜 3月29日(水) 和歌山近鉄百貨店

☆3月24日(金) 〜 3月25日(土) ミウィ 橋本

☆3月24日(金) 〜 3月27日(月) 島屋 泉北店

☆3月25日(土) 〜 3月26日(日) 大丸 山科店

☆3月25日(土) 〜 3月26日(日) 三重県全域のマックスバリュ各店

冬は現場の仕事が多いので、なかなか事務所でゆっくりPCに向かう時間が作れませんでしたが、『たまった宿題をこなす』ごとく、テレビ&雑誌などに取り上げていただいた報告レポートをぼちぼち作成しております。

これは、1月の阪神百貨店様の前哨戦のようなテレビ放送で、関西ローカルなんですが、ゴールデンタイムの放送で視聴率も相当よい番組ときいております。

1月26日放送 毎日放送 「水野真紀の魔法のレストラン」の放送レポート、ご笑覧いただきましたら幸いデス~~*

http://www.ekiben-aratake.com/tvannai/manouho-resutoran/mahouno-resutoran.htm
http://www.ekiben-aratake.com
--------------------------------------------------------------------------------
一月のリベンジ(収穫報告前編) 投稿者:のーむ(家主) 投稿日: 3月20日(月)16時35分39秒

皆様こんにちは。
出先でのネット接続の調子が悪く、ご報告が遅くなりました。m(__)m

今回の遠征は、一月に「ゲレンデ蔵王」から始まる予定を組んでいたものの、急な所用で
キャンセルせざるを得なかったコースの、いわばリターンマッチ。と言っても、この時期に
「ゲレンデ蔵王」の運転が無いので、「ムーンライトえちご」から始まるコースとしました。
以下、報告です。

※記載は購入順、カッコ内は消費時刻
3月18日(土)
(1)新潟駅 三新軒「幕の内風弁当 コシヒカリデラックス」950円(6:30)
(2)新潟駅 新潟三新軒「新潟鮭はらこ弁当」920円(9:30)
(3)米沢駅 新杵屋「栄太郎」1,000円(13:00)
(4)山形駅 森弁当部「ZAO紅花鶏弁当」850円(13:30)
(5)秋田駅 関根屋「白神浪漫」850円(17:00)
(6)秋田駅 泉秋軒「あきたの祭り」1,000円(20:00)
(7)大館駅 花善「特上鶏めし弁当」1,100円(22:00)

例のごとく早朝の新潟駅に降り立ち、駅弁売店の開店時間まで約一時間、駅前のファミリー
レストランで過ごすことに。

新潟駅の売店営業時間は、新幹線改札前のオレンジアベニューが6:00〜と、当処の情報でも
案内していましたが、今回訪問してみると5:30〜となっていました。
以前からそうだったのか、最近変更になったのかは定かではありませんが、こんな変化も
ままあるので、この仕事(?)は永遠に終わりがありません。

そんな売店でとりあえず二品を購入。
(1)は恐らく未食、ということで購入しました。理由はよく分かりませんが、三新軒さんの
昔からの定番には「デラックス」と名前が付いています。内容はあくまで幕の内ですが、
米どころ新潟の名に恥じない、コシヒカリのご飯が逸品です。おかずの方は、焼魚の鮭が
焼漬けでは無いことを除けば、「鮭の焼漬け弁当」と大きな差は無いように思います。

(2)の方も「推定未食」のため購入。ここ数年、急激に駅弁の消費量が増えているため、
記憶の方が追いついていないような気もします。プラスチック製ながらも、おひつ風の
容器に白ご飯を詰め、鮭のほぐし身といくらを盛るもので、際立った特徴こそ無いものの、
まずまず安心感のある味です。

新潟からは、新発田、坂町と乗り継いで米坂線へ。今回が二度目の乗車で、前回の印象が
非常に良かったので、楽しみにしていたのですが、早朝着の宿命か猛烈な眠気に教われ、
坂町発車直後から今泉まで熟睡してしまい、車窓風景を楽しむどころではありませんでした。

米沢では平等に両者から購入を、といつも考えているのですが、どういう訳かどちらかの
売店に売り子さんが不在で、片手落ちになってしまいます。
今回購入した(3)は、並んでいた品の中で唯一未食だったので購入。米沢の駅弁も種類は
豊富に見えて、常時店頭に並ぶのは二社合わせて十種類強というところ。
商品名からはどんな品か想像がつきませんが、カルビの焼肉を白ご飯の上に乗せ、その他に
炒り卵やとびっこなどを乗せたもの。牛肉の食感と味わいの深さに満足出来る一品です。

山形駅へ移動し、新幹線改札前の台売りを確認するも、「べんとー」の美声は聞けず。
お顔を見ると、いつもの方とは違う様子。たまたまお休みならば仕方ないところですが、
あの声が聞けないのは残念です。

(4)は改札外待合室の売店で購入。箱を見ると、こけしの容器で知られる「花笠こけし」
でも入っていそうなほど大きな品ですが、開けてみるとかなり上げ底な発泡容器で、50%
近く上がっているような気がします。容器の装飾上、多少の上げ底はやむを得ないとは
思いますが、ここまで来るといかがなものかと思います。
中身の方は三色そぼろに地鶏のぶつ切りを乗せたもので、平凡な印象は否めませんが、
味の方はまずまず。

天童駅で途中下車するも、駅弁らしき品の取り扱いは無し。それなりの知名度を持つ
観光地で、新幹線停車駅ならば、やり方ひとつで名物駅弁など、作れそうな気はしますが。

新庄駅では再度販売状況の確認。以前は昼時のホーム台売りのみでしたが、今はキオスクで
朝から置かれるようになり、ホーム台売りの時間も少し長くなったとのこと。品揃えは
山形駅と同じですが、やはり新幹線始発駅の駅弁需要は、それなりにあるようです。

新庄からは、久々に奥羽本線で県境を越えて、横手で途中下車。昨年は開駅百周年との
ことで「かまくら弁当」の復刻販売なども行われたそうですが、平時の横手駅には、駅弁
需要は感じられず。数年ぶりの訪問でしたが、駅前の凋落ぶりに寂しさを禁じ得ません。
駅前の温泉でひと風呂浴びた後、秋田まで夢の中で過ごし、秋田駅到着のアナウンスで
目を覚まし、慌てて駅弁調達に走りました。

「新作」の表示が目に付いた二品を購入しましたが、(5)は関根屋さんの新作で、リゾート
しらかみ号の「くまげら」編成デビューを記念して登場した品。「わっぱ舞茸」と同様な
きのこの炊き込み御飯に、しめじ、舞茸などをたっぷり乗せて、中央にはとんぶりといくらが
乗るもの。何が白神をイメージしているのかがやや曖昧ですが、値段相応の内容だとは
思います。

一方の(6)も「新作」とあったのですが、こちらは以前からある「竿灯祭り」のリニューアル。
異様に背丈のある紙箱が特徴的だったのですが、和紙製の巾着袋に改められ、インパクトは
弱くなった印象。中身の方は、三段重ねの小わっぱで、鶏めし、鰰寿司、おかず類が
それぞれ詰められた内容は、恐らく以前と変わらないと思います。
秋田からも奥羽本線を辿り、大館駅で途中下車し、この日唯一予約を入れた(7)を購入。
もう何度も食べているので、何も無理やり消費量を増やさずとも、と思わなくも無いの
ですが、大館を通る以上、やはりこれは外せません。特上か通常版かをいつも悩むの
ですが、最近は訪問する度、交互に購入しています。特上にしか無い茄子の田楽なども、
捨て難い魅力のひとつです。

この日の宿泊地は青森。何度と無く訪問してはいますが、宿泊するのは恐らく初めて。
とは言え、駅弁で満腹になっているので、夜の街に繰り出す元気はありませんでしたが。
--------------------------------------------------------------------------------
遠征してきます 投稿者:のーむ(家主) 投稿日: 3月17日(金)23時46分47秒

皆様こんばんは。のーむ@ムーンライトえちご、です。
今夜から、東北方面へ遠征に出掛けて来ます。
次の火曜日から、今月一杯サウジアラビアへの出張が控えているのに、我ながらよく出て
来るなあ、とは思いましたが、ここを逃すと今春はどこへも行けない可能性が出て来る
ので、溜まった仕事は強制終了して来ました。

収穫の報告は例のごとく現地からと考えていますが、その前に今週仕事の合間に収穫出来た
品の報告を。

3月16日(木)
(1)東京駅 NRE大増「さよなら出雲号記念弁当」1,000円

3月17日(金)
(2)高崎駅 高崎弁当「D51特製弁当」1,000円
(3)東京駅 NRE大増「さよなら出雲号記念弁当」1,000円

普段はあまり、記念弁当の類いに興味は示さないのですが、今回は日替り掛紙という
趣向も気になるところで、ようやく時間の出来たラスト二日分のみを購入。
経木折に、「出雲」の写真をあしらった掛紙を掛け、紅白の紐をかけるという、最近の
東京駅界隈ではまず見なくなった体裁が、記念弁当らしくて良いところです。
内容の方も、単なる幕の内かと思いきや、しじみのもぐり寿司風な炊き込みご飯や、鰻、
鮒の甘露煮など出雲沿線の名産を揃えた内容は、単なる便乗商売ではないこだわりを感じ
させます。

個人的に「出雲」は、終端部での単区間乗車しか思い出は無いのですが、かつては新婚
旅行の人気列車で、個室寝台が取りにくいと言われたほどの列車が、こうして歴史を閉じる
とは、残念という以外ありません。
夜行列車の存在意義については、時代の趨勢や需要の変化などで、大きく変わって来ている
とは思いますが、趣味に仕事に夜行列車を愛用してきた人間としては、抜本的な再生策を
期待して止みません。

今日は朝から群馬へ出張し、打ち合わせを昼で終えて東京へトンボ返り。その帰路で見かけた
(3)を昼食としました。
すっかり上越線の名物になったD51の名を冠した駅弁は、この二年くらい、リニューアルを
重ねながら定着したような様子です。
D51の写真を正面に配した掛紙をかけた、大ぶりな正方形紙箱の体裁。
中身は、鰻ご飯をメインに、名物の岩魚鮨が2カン、舞茸の天麩羅などお馴染みの食材が
並ぶ中、異彩を放っているのが、レア加減が丁度良いローストビーフ。これまで高崎駅弁
さんの品では見た記憶がありませんが、自家製風なソースとの相性も良く、印象に残りました。

明日は新潟から、宿泊地の青森まで、6〜7個の収穫を目指したいと思います。

>駅弁のあら竹 ぴーちゃん:
テレビ放送の情報をありがとうございます。
と、このコメントを書きながら、録画予約を忘れて来たことに気が付きました。(^^;
後ほど、貴社HPでのレポートで内容を確認したいと思います。

駅弁フィギアの方は、巡り合わせが悪いのか、まだ一度も見かけていません。でも、
今回の遠征では、山ほど入手することになりそうですが。
--------------------------------------------------------------------------------
お知らせ2題 投稿者:駅弁のあら竹 ぴーちゃん 投稿日: 3月15日(水)10時45分13秒

のーむさま、みなさま、こんにちは〜♪

のーむさまは、サウジの合間に日本の旅・・・・ご多忙ぶりを想像し、少しだけ心配もいたしますが、体調と胃腸の管理にくれぐれもお気をつけいただきまして、持ち前のバイタリティーで駅弁の応援とご利用の方の役に立つ案内所運営にお励みくださいませね〜♪

さて、あら竹よりご案内をふたつ。。。。

まずは、すでにご存知の方も多いと思いますが、某お茶メーカーの春のキャンペーンで、駅弁フィギュアがもれなくついておりまして、この24種類の中に、「モー太郎弁当」も仲間入りしております。
たいへんたいへん光栄なことでよろこんでおりますが、秋から立案されましたこの企画をまとめ上げるまでにたいへんな苦労がございまして・・・・担当ぴーちゃん、悩み多くて〜〜〜〜〜(笑い)
3月6日の全国販売開始まで、ナイショの内緒でしたので、少し遅くなりましたが、あら竹からも正式に弊社HPでもご紹介のページを作りました。
少しだけ内輪話も語っております^^;;;

http://www.ekiben-aratake.com/ibentojilyouhou/hajime.htm

そして、今週末のテレビのお知らせです。

☆3月18日(土) 19:00〜20:54

テレビ東京系列全国放送 「土曜スペシャル 絶対うまい! 全国駅弁の旅」
にあら竹の駅弁が登場いたします。
ロケはすでに松阪駅でありました。
南紀の旅の担当は、酒井ゆきえさん(元ピンポンパンのお姉さん)と見栄晴くんでした。
ワタシも勉強を兼ねて、必ずビデオに撮ろうと思ってます・・・(仕事中なので・・・^^;;;)
他の路線の旅もきっと面白いと思いますので、みなさまもご覧くださいませね〜〜〜♪♪
http://www.ekiben-aratake.com
--------------------------------------------------------------------------------
伊豆東海岸収穫紀行 投稿者:のーむ(家主) 投稿日: 3月14日(火)01時42分34秒

皆様こんばんは。日曜日は久しぶりに駅弁目当てで出掛けて来ました。
前々から行きたいと思いながら、朝思い立っても日帰り出来る近さが災いして、なかなか
調査に出向く事が出来なかった、伊豆急行線の各駅を訪ね歩いて来ました。以下、報告です。

※記載は購入順、カッコ内は消費時刻
3月12日(日)
(1)立川駅    NRE大増「釜めし弁当」880円(8:00)
(2)小田原駅   後藤商事「立田弁当」650円(9:00)
(3)伊東駅    祇園「ぼんかま」910円(10:00)
(4)伊豆熱川駅  伊豆急商事(ぷるみえ)「金目鯛押鮨」円(0:00)
(5)河津駅    伊豆急商事(ぷるみえ)「河津お花見弁当」1,000円(13:30)
(6)伊豆急下田駅 伊豆急商事(ぷるみえ)「つぼ焼さざえめし」1,050円(17:00)
(7)伊豆高原駅  伊豆急商事(れがーる)「伊豆づくし」1,700円(16:00)
(8)小田原駅   東華軒「まぐろステーキ丼」1,200円(21:00)

朝は地元立川駅から出発し、登戸経由で向ヶ丘遊園からロマンスカー乗車というルートの
ため、小田原まで朝食抜きもなんなので、紙箱のデザインが変わった(1)を購入。
数多くある「釜めし」の中で唯一「釜」に入らない「釜めし」という、ある意味では貴重な
存在(笑)ですが、日食時代から続くロングセラー商品だけに、一定の支持は受けている、
と言って良いのでしょう。
容器の件を除けば、中身は良く出来た「釜めし」であり、値段の手頃さと合わせて十分に
及第点をつけられると思います。

小田原でロマンスカーを降り、「伊豆東海岸フリーきっぷ」を購入した後、小田急改札前の
共同売店で品定め。東華軒さんの品が定番ばかりだったので、未食の多い後藤商事さんの
品から(2)を選択。

185系使用の普通列車伊東行に乗ろうと考えていたものの、車内は立客もいるほど混み合って
おり、後続の普通列車に予定変更し、車内で早速消費。
立田揚げ自体、弁当のおかずとしては珍しくは無いものの、これを商品名にした駅弁となると、
果して他にあったかどうか。
内容はその名の通り、大ぶりな鳥肉の立田揚げに醤油風味のご飯という、直球勝負な品。
醤油ご飯はやや単調な印象ですが、カラっと揚げられた立田揚げはイイ感じです。

伊東駅では5分間の停車時間を利用して、実は未食な(3)を購入。伊東駅も気が付くと二年半
振りの訪問で、上りホーム上にあったはずの駅弁売店は、跡形もなく消えていました。

不思議な商品名がいつも気になるところですが、中身は正統派で、わっぱ容器に詰められた
酢飯の上に、とびっ子、金目鯛などが乗るちらし寿司。朝から三個目ともなると、多少
ペースダウンするものですが、そんなこともなく、美味しくいただきました。

ここから先は、鉄道趣味的に未踏の地。伊豆には何度か来たことがあるものの、いずれも
車利用で、伊豆急行線内は、路線、駅弁とも全く未知のだったので、久しぶりにわくわく
した気持で楽しめました。

最初の下車駅は伊豆熱川。改札外コンコースの土産物店の一角に駅弁コーナーがあり、
ここでは(4)を購入。これは日持ちするので、翌日消費分に。
購入品の他に、下田駅構内のレストランで調製された品が5〜6種類並んでおり、朝は大体
10時前には入荷するとのこと。
続いては伊豆稲取に下車。こちらも販売状況は熱川と同様。

次の下車駅は河津ですが、当日は「河津桜祭り」開催と重なり、駅構内は大量の花見客で
ごった返していました。どうりで、車内で中年女性の騒々しい声が多かった訳で。
河津駅は先の二駅と異なり、切符売場脇に台を置いて販売していました。売り子さんに話を
聞くと、いつもここで販売しているとのことでしたが、この日は超繁忙期でしょうから、
一度平時の様子も見ておく必要があるかも知れません。
相変わらず観光をしないスタイルなので、せめて桜祭りの気分だけでも、と思い購入した
のが(5)。季節限定とありますが、桜祭り期間中限定ということでは無いようです。
中身の方は、食紅で色付けされた桜ご飯と、地海苔をまぶした白ご飯、これに金目鯛の
焼き物などが入るもの。菜の花のお浸しなどは春らしさを感じさせてくれます。

次は終点の伊豆急下田。到着までは、せっかくのフリー切符で、バス路線も乗り放題
なので、石廊崎にでも足を延ばしてみようか、などと思っていたのですが、強風に加えて
雨まで降り出したので、駅弁を収穫してそそくさと引き返すことに。
駅構内の食堂「ぷるみえ」で調製される伊豆急の駅弁ですが、販売は隣接するキヨスク型
売店と、改札内にあるやはりキヨスク型売店の二か所で行われています。

最初は、JTB時刻表創刊80周年記念弁当「伊豆づくし」を狙っていたのですが、本日分は
完売とのことで、帰路の伊豆高原に期待することとし、金目鯛系の品がずらりと並ぶ中で、
やや毛色の違う(6)を購入。
わっぱ型の容器に、さざえの炊き込みご飯と、さざえの壷焼きが丸ごと入る豪快な一品で、
さざえを堪能するには十分な満足感を得られる内容です。

帰路は伊豆高原まで引き返し、同じ伊豆急物産でも、他の駅は全て下田で調製し配送して
いるのですが、ここだけは駅構内にあるレストラン「れがーる」で調製されており、
オリジナル商品もあったりします。
先程下田駅で取り逃がした(7)を無事入手し、温泉入浴後に食しました。
既にJTB時刻表などで紹介されているので、ご存じの方も多いと思いますが、創刊号の表紙を
模した掛紙に、伊勢海老やさざえの壷焼き、金目鯛の押寿司などが入り、まさに伊豆の
名産品を詰め込んだ内容。半身の伊勢海老がある分、値段は高めですが、そう滅多にお目に
かかれる食材でも無いので、値段相応の価値は十分にあると思います。
しかし、JTB時刻表創刊80周年記念弁当が、なぜに伊豆急行で?という疑問は無いでも
ありません。疑問というよりは「意外」と言うべきかも知れませんが。

最後は小田原駅で、一日に二度も通りながら、東華軒さんを素通りするのもなんなので、
新幹線改札内の売店で(8)を収穫。
いかにも、昨今の駅弁大会仕様なパッケージは好みではありませんが、ガーリックバターの
風味でパンチを利かせたまぐろステーキは、加熱式ならではの味わいで、こんな調理法も
ありかな、と思わせるに十分な内容でした。

帰路は時間短縮と新横浜駅の再調査を兼ねて、新幹線を選択。
しかし、その選択のお陰で、小田原駅上り新幹線ホームの売店が消滅したことも確認しました。
乗車時間を考えるとやむを得ないでしょうし、不自由することは無いくらい、他の売店も
充実してはいるのですが、年々ホーム上の売店が減って行く様は、寂しさを禁じ得ません。

新横浜では収穫を見送りましたが、JRCPさんの売店に「シュウマイ弁当」なる品を発見。
無理に本家の目の前で、このような商品を売らなくとも、とは思いますが。

今月後半は再びサウジアラビアへ出張なので、冬に直前で断念した東北方面への遠征を
計画していますが、果たして決行できるかどうか、というところです。

>深川生まれさん:
初めまして、ご来処ありがとうございます。
また、「深川めし」甘露煮についてのコメントもありがとうございます。
ご指摘の通り、とんだ勘違いで大変失礼致しました。
思い込みとは恐ろしいもので、頭では理解していても、無意識で書き流していると、
気付かずにいることがままあります。
他にもそんな勘違いがあるかも知れませんが、何かの機会にお気付きの点などあり
ましたら、ご教示いただけると幸いに思います。
--------------------------------------------------------------------------------
甘露煮について 投稿者:深川生まれ 投稿日: 3月13日(月)00時29分12秒

>>家主さま

初めての書き込みです。
各駅の駅弁の販売状況に関し充実した情報をご提供いただき、心より感謝いたしております。

ところで、小生も好きなNREの「深川めし」に入っている甘露煮についてですが、ワカサギではなくハゼだと思われます。
やはり、「江戸前」を意識した弁当ですから、このあたりにもこだわりっているようです。
--------------------------------------------------------------------------------
先週の収穫など 投稿者:のーむ(家主) 投稿日: 3月 8日(水)08時23分19秒

皆様おはようございます。大変ご無沙汰しておりました。m(__)m
サウジアラビアへの出張からは予定通り帰国したものの、先週は通常業務に加えて臨時の
仕事も多く、多忙にかまけてご無沙汰しておりました。

気が付けば、先月は一個も駅弁を食べる機会に恵まれず、今月も「18きっぷ」のシーズンでは
ありながら、後半に再度サウジアラビア出張が控えているため、今のところ遠征のメドが
立っていません。
日帰りでも、どこかへ出掛けたいところではあるのですが。

先週後半は、銚子、日立と日帰り出張が相次いだ関係で、そこそこ駅弁を食べる機会が
ありました。

3月1日(水)
(1)新宿駅 日食田中屋「復刻鳥めし」500円(7:30)
3月2日(木)
(2)上野駅 NRE大増「深川めし」850円(12:00)
(3)日立駅 海華軒「うに貝焼弁当」1,200円(17:00)

水曜日は朝一番で銚子へ。特別な意図は無かったのですが、結果的に新宿駅で乗り換える
ルートを取ったため、ふと思い立って購入したのが(1)。
販売数量がさほど多くないのか、あまり見かける機会の少ない品ですが、コンビニ弁当
並みの価格で、しっかりと駅弁らしさを主張しているところは立派です。
内容はオーソドックスな鳥めしそのものですが、甘辛の鳥そぼろと炊き込みご飯の相性も
良く、価格以上の満足感が味わえます。

二時間弱の特急乗車で銚子に到着。駅構内を見回すも、駅弁販売の影は無し。一説に、
万葉軒さんの駅弁が売られることがある、と言う話を時折耳にするのですが、平日の
朝方ではそんな様子は窺えず。

翌日は、当日朝に急遽呼び出されて日立へ出張。
慌てて飛び出したので昼食は必然的に駅弁を選択することに。
上野駅中央改札内の売店で品定めをするものの、あまりの慌ただしさからか食欲が湧かず、
自分の中の超定番な(2)を購入。恐らく、私が最も数多く食べている駅弁かと思います。
分量が適度なのと、定番品としては特徴的なあさりの炊き込みご飯、わかさぎの甘露煮
など、登場時から愛して止まない一品です。
他に未食の品があっても、ついつい手を伸ばしてしまいます。

日立で無事に仕事を終え、海華軒さんのそば店を覗くと、数品の見本が夕刻にも関わらず
陳列されていました。
以前は、午後になると駅弁の入手すら厳しかったのが、いわき駅への進出を機に、時ならぬ
新作ラッシュという、今時珍しいほどの積極性が嬉しくなります。
未食の「風流弁当」もありましたが、ここはやはり未食の(3)を購入。

いわき駅の住吉屋さんが廃業するとき、名物の「うにめし弁当」が、水戸の鈴木屋さんに
引き継がれた際には、新聞などでも取り上げられましたが、一方でこの「貝焼弁当」に
ついては、ほとんど話題に上らなかったような気がします。厳密な意味での「引継ぎ」
商品であるかは不明ですが。

内容については、ハマグリの貝殻にうにを乗せて焼くというスタイルは同じながら、
表面はきっちり焼き固められており、住吉屋さんの物とは随分違った印象を受けます。
ただ、表面の食感と中身の蒸し焼きとの違いも楽しめて、悪くないところです。
体裁も、特徴的な八角形から正方形の折箱に変わりましたが、ちゃんと専用の掛紙がかかる
もので、これだけ新作を出しながら、その全てに専用の掛紙があるというのは、趣味者的に
ありがたいと同時に、正しい駅弁のあり方を守る姿勢には頭が下がります。

>駅弁のあら竹 ぴーちゃん:
駅弁大会の出品情報をありがとうございます。
時期的にはピークを過ぎつつあるとは思いますが、今期は初出品先が増えたり、調製量の
大幅増など、ますますご盛況な様子ですね。
それだけ多くの方々が、あら竹さんの駅弁を手にする機会が増えるということは、一方で
今まで以上に厳しい目で評価されるということでもありますので、更なる向上を期待して
おります。

サウジアラビアには鉄道はあるのですが、まだ乗車する機会が無いため、駅弁の有無も
不明です。
通常、個人の旅行者に入国を認めないお国なので、乗車するだけでも貴重だと思います
ので、いつか狙ってみたいところです。
--------------------------------------------------------------------------------
駅弁大会のお知らせ 投稿者:駅弁のあら竹 ぴーちゃん 投稿日: 2月20日(月)20時00分53秒

のーむさん、みなさん、こんばんわ。

のーむさんは、長旅となりますので、道中お気をつけて。。。。
また、サウジの駅弁話(!?)など、お聞かせくださいませね~~*

さて、あら竹より恒例の駅弁大会情報です。

☆開催中 〜 2月21日(火) 佐世保 玉屋

☆2月21日(火) 〜 2月26日(日) 佐賀 玉屋

☆2月21日(火) 〜 2月27日(月) 小倉井筒屋

☆2月22日(水) 〜 2月27日(月) 伊勢丹 立川店

☆2月23日(木) 〜 2月24日(金) 京急ストアー 久里浜店

☆2月23日(木) 〜 2月24日(金) 京急ストアー 屏風ヶ浦店

☆2月23日(木) 〜 2月29日(水) マルイファミリー 国分寺食遊館

☆2月24日(金) 〜 2月26日(日) マルイファミリー 海老名食遊館

☆2月24日(金) 〜 2月26日(日) 島屋 泉北店

☆2月25日(土) 〜 2月26日(日) 大丸心斎橋店

☆2月25日(土) 〜 2月26日(日) 中京地区のユニー・ユーストア(全店ではありません)

☆2月25日(土) 〜 2月26日(日) 遠鉄ストア各店

☆2月26日(日)1日限り ヤマナカ各店

特に今週末は、各お店からのご用命が重なりまして、あら竹には記録ともいえる製造数となります。
以前働いてくれてたおばちゃんまで動員しての、全社員の頑張りどころです。
1個でも、1000個でも、2000個でも、変わらずに、心を込めた仕事をして参るつもりでございますので、ご声援いただければ、本当にうれしいです〜♪

みなさまのお近くのお店にぜひともお立ち寄りくださいませね。
http://www.ekiben-aratake.com
--------------------------------------------------------------------------------
駅弁案内処の「意義」 投稿者:のーむ(家主) 投稿日: 2月19日(日)22時07分30秒

皆様こんばんは。のーむ@関西空港です。
今日から六日間の予定で、三度目のサウジアラビア出張に出かけてきます。

少し前の話なのですが、毎月購読している「鉄道ジャーナル」4月号の、読者投稿欄に
こんなタイトルの投稿がありました。

「駅弁を確実に買うために」

どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)、要旨としては次の通りです。
金・土・日限定なとある駅弁を「運良く」購入出来た話題がきっかけで、時刻表の駅弁
情報があまり充実していないことを指摘する内容で、そのためには、駅弁調製元がもっと
積極的に時刻表掲載情報の充実を図るべき、ということを述べておられました。

そもそも当処の開設動機と運営方針は「駅弁を現地で確実に買うための情報提供」な訳で、
この方のご意見には、相当部分応えられそうな気がします。恐らく当処をご覧いただけて
いないのでしょうが、ある面では、このように思う方がやはりいらっしゃる、ということを
感じた次第です。

当処開設前に比べると、まだまだ足りない点は見受けられますが、時刻表の駅弁情報は
格段に改善されて来ています。
ただ、紙媒体の制約やそれに割ける時間や労力を考えると、やはりこのようなサイトが
存在する意味があるのかなと、この投稿を読んで思いました。
鉄道趣味誌各誌では、なかなか駅弁の話題が取り上げられること自体少ないのですが、
駅弁も立派な鉄道趣味の一ジャンルですから、もう少し扱いが多くても良いように思い
ます。

さて、既にお気付きの方もいらっしゃると思いますが、トップページを「少し」ばかり
リニューアルし、同時に「サイト内検索」を設置しました。
お陰様で情報量だけはそれなりのものになってきましたので、情報を探し出すのに私自身が
苦労し始めたので(笑)、導入してみました。トップページ以外にも、必要と思われる場所に
検索窓を設置しましたので、どうぞご利用くださいませ。

>駅弁のあら竹 ぴーちゃん:
早速のご感想ありがとうございます。
以前からこのような形で「駅弁」を軸にした、地域情報との連携ということを考えており、
駅弁を入口にした地域情報のポータルサイト的な形に出来れば、当処なりの独自色を出すと
共に、もっと色々な可能性が広がるのでは、と思っております。
今回の試みはまだ第一歩ですが、順次拡大していきたいと思っています。

>倒壊ていおーさん:
雑誌掲載情報のご紹介をありがとうございます。早速書店に出向き入手してきましたが、
生まれて初めて「女性週刊誌」なるものを購入すると言う体験をしました。

掲載記事は、もっぱら京王百貨店での駅弁大会で取材・入手を試みた内容のようで、その
意味では、当処常連の皆様にとっては、特別新味は無いように感じました。
それにしても、肝心の催事終了後数週間も経ってから特集が組まれるとは、何とも間の
抜けた話のように感じるのは、私だけでしょうか。
--------------------------------------------------------------------------------
週刊女性2月21日号 投稿者:倒壊ていおー 投稿日: 2月11日(土)18時15分15秒

題名の雑誌に駅弁特集が掲載され、その数は50とあります。
定番といえるものから、首をかしげそうになりそうなものまで色々ありました。
女性誌にこういうネタがあるのはめずらしいこと。一度ごらんください。
--------------------------------------------------------------------------------
新設をさっそく拝見!! 投稿者:駅弁のあら竹 ぴーちゃん 投稿日: 2月 7日(火)21時00分29秒

のーむさん、みなさま、こんばんわ。

のーむさん、「地域情報・関連リンク」を新設いただき本当にありがとうございます!!!!
シャレのようですが、ご覧になる方にとって、この「新設情報」はとても「親切」な情報で(~~*/・・・・笑い)、弊社からもたいへんありがたいことと御礼を申し上げます。
丸中本店さんの松阪牛カレーはうちの売店でも販売しておりまして、ぴーちゃんもおすすめの絶品ですので、ご紹介いただき、とてもうれしいです!!!

さて、日本中で開催される駅弁大会、みなさまのお出かけのご参考に、あら竹よりのお知らせをぜひご活用くださいませ。

☆現在開催中 〜 2月8日(水) 仙台 藤崎

☆現在開催中 〜 2月14日(火) 熊本 鶴屋百貨店
(鶴屋ストア楠店など、一部店舗での同時開催あり)

☆2月8日(水) 〜 2月13日(月) 伊勢丹 吉祥寺店

☆2月8日(水) 〜 2月13日(月) 伊勢丹 府中店

☆2月8日(水) 〜 2月14日(火) 丸広 川越店

☆2月9日(水) 〜 2月12日(月) 京阪 守口店

☆2月9日(水) 〜 2月14日(火) 大和百貨店 高岡店

☆2月9日(木) 〜 2月15日(水) 甲府 岡島百貨店 (三重の物産展)

☆2月11日(土)12日(日) 関西スーパー

☆2月14日(火) 〜 2月20日(月) 北九州市 黒崎井筒屋

☆2月16日(木) 〜 2月21日(火) 佐世保 玉屋

☆2月16日(木) 〜 2月22日(水) 佐賀 玉屋
http://www.ekiben-aratake.com
--------------------------------------------------------------------------------
地域情報リンクの新設について 投稿者:のーむ(家主) 投稿日: 2月 6日(月)21時59分46秒

皆様こんばんは。

今週末は遠征の予定も無かったため、若干の更新作業に終始しました。
今回、久々にページ内の情報項目を増やすこととしましたので、変更の主旨などに
ついてお知らせ致します。

各販売駅情報のページに、「地域情報・関連リンク」という一項目を新設しました。
まだ、昨日更新した郡山、高崎、立川、八王子、松阪のみの掲載ですが、今後は
順次追記していきたいと思います。
近年の駅弁にとって「地域文化の担い手」という意義は少しずつではありますが、
増えて来ているように思います。
その中で、当処としても、もっと従来以上に地域情報とのリンクを意識して行きたい、
という考えが、以前からありました。相互には直接の関連が無いサイトであっても、
駅弁を通じて、よりその地域を知ることが出来れば、私自身にとっても、そして
ご来処いただく皆様にも、より一層利便性が高まるのでは、と考えて、対象となる
鉄道会社、自治体、そして地域情報サイトへのリンクを、各駅ページから張ることと
しました。

地域情報のサイトについては、非常に充実している地域と、まだまだ未発達な地域と
バラつきがありますが、この手の情報は、今後増えることはあっても減ることは
無いと考えますので、これらのリンクが、当地を訪れる皆様のご参考となれば幸いに
存じます。
また、私も全ての地域情報に精通している訳ではありませんので、皆様から各地域の
情報サイトについて、良いサイトがあればぜひお知らせをいただけると助かります。

なお、これと同時に広告の掲載も始めました。運営費の足しにはほとんどならないと
思いますが(笑)、その地域に関連のある広告を掲載することで、これも地域情報の
一種となることを期待しての取り組みです。あくまでも、本文である駅弁販売情報の
支障とならないよう、内容の吟味を心がけて行きたいと思います。

>1/24 ゆういちさん:
コメントが遅くなり大変失礼致しました。m(__)m
引き続きの収穫報告ありがとうございます。
「あっぱれ多幸」はついつい容器に目が行きがちではありますが、内容もなかなかだと
思います。趣味者的にはついつい「珍辨たこめし」と類似の内容に飽き足らない部分も
感じたりしますが、そもそも実力のある商品ですから、容器に惹かれて購入した方も
満足出来るレベルだと思います。

米原駅の未食二品は、私も存在すら知りませんでした。「ご出世あそばせ」は山内一豊
関連の品とのことですが、近江と一豊の接点は、何かの記事で読んだような気がします。

広島駅のような事例は、全国各地で広がっているので当処としても把握し切れないの
ですが、基本的に従前の調製元が駅弁を供給している駅では、新規参入業者の品について
よほど特徴的な商品か、少なくとも1〜2年の販売実績があるもので無い限り、積極的に
「駅弁」として取り上げる考えはありません。
大きな理由としては、移り変わりが激しくなかなか定着している事例が少ないことがあり、
「駅弁」には、ある程度の歴史も必要である、というのが当処の基本的なスタンスです。

>1/30 食べ歩き見習さん:
阪神百貨店のご報告ありがとうございます。
毎年賑わいを増している催事だけに、一度は足を運んでみようとはいつも思うのですが、
「18きっぷ」のシーズン直後のため、いつも遠征資金が枯渇しており断念しています。
それにしても、購入商品が王道中の王道とあって、逆に新鮮な気がします。

「魔法のレストラン弁当」は、駅弁資料館のまっこうくじら館長の報告によると、
新神戸駅での販売があったとのことで、昨今の偽装駅弁騒ぎを意識したかは不明ですが、
期間や数量限定であったとしても、メディアの力を利用して、現実の駅弁にも好影響が
あるならば歓迎したい企画だと思います。

>1/31 ゆういちさん:
引き続きの収穫報告をありがとうございます。
しかし、ゆういちさんほど全国を旅している方が、夜行列車が苦手とは、とても意外な
感じがします。それでも、適度な疲れと個室の空間が睡魔を呼び寄せたのでしょうか。

まるいさんは毎年何らかの新作を出されてはいるようですが、公式サイトなどの情報源が
ないので、現地に出向かない限りこれらの情報を把握するのは難しいところですね。
「小樽漁華」は現地での予約購入が可能なのですね。京王で食べた内容からすると、
かなり手の込んだ商品だけに、もちろん味は良いものの、常時販売するにはやや手が
掛かり過ぎる、というところなのでしょうか。本来はその点も考慮して、出来る限り
常時販売できる商品を、新作として開発して欲しいところではありますが。

札幌では予約不可な上に一日6食限定と言う、超がつくほど入手困難な「ぶりかま弁当」を
入手されたのですね。羨ましい限りです。また「氷下魚めし」も、駅弁に通常用いられない
食材ですので、希少な品をよくぞ駅弁に仕立てた、札幌駅立売商会さんの意欲には頭が
下がりますね。

旭川の三品は、報告を読む限りややすっきりしない印象のようで・・・。
「いかめし」は同系列の釧路駅でも販売されていますが、どうも森駅の「いかめし」に
便乗した印象が強くて、個人的には好感が持てません。
「ジンギスカン ホット弁当」も、昨今の催事で「ジンギス飯」という名で実演販売されて
いる品と、使い分けているのかどうかなど、考えすぎでしょうか。
それと、同じ調製元の異なるラインナップが販売されているのは、なぜなのでしょうね。
いくら考えても、理由が想像つきません。

>1/31 東筑軒さん:
催事実演情報のご案内をありがとうございます。
個人的には馴染みの無い百貨店ですが、九州ともあまり縁が無さそうな当地にて、立売
実演まで為さるとは、力の入った取り組みようがうかがえますね。

「九州駅弁シールラリー」については、当掲示板でもかなり厳しく指摘しましたが、途中
から改善された点も見受けられたものの、全体を通して評すれば「お粗末」という印象を
免れません。
キャンペーン主催者と参加した調製元各社との温度差を感じたりもしましたが、いくつかの
調製元では、普段からの姿勢にも問題があった、とも感じます。

次の機会があるとすれば、今回露呈した問題を、いかに教訓として生かすかが重要だと
思います。お詫びをいただいておきながら恐縮ですが、次回以降の奮起を願って、あえて
厳しく書き記したいと思います。

>2/5 食べ歩き見習さん:
姫路駅情報のご提供ありがとうございます。
私も元旦に訪問した際、ここには書きませんでしたが、連絡通路上から新ホームを見た
際に「駅そば」の看板を見て、安心した覚えがあります。
高架化工事完成後は、駅自体が全体的にスリム化されるものとは思いますが、それでも
概ね現在の販売形態が維持されるようですね。
記念弁当は、この投稿をまねきさんが読んでいてくれることを期待したいですね(笑)。
--------------------------------------------------------------------------------
姫路駅高架最新情報 投稿者:食べ歩き見習 投稿日: 2月 5日(日)18時50分25秒

皆様、こんばんは。

関西では福知山に続いてJR姫路駅も3月26日に高架化されますが、
今日工事中の姫路駅を観察してきましたのでご報告します。

姫路駅の在来線ホームには駅弁売り場と名物「えきそば」のスタンドが
ありますが、新しい高架ホームにも既に「駅弁」「えきそば」と入った
プレハブの小屋が設置されていました。

福知山の駅弁販売や「鬼そば」が消えてしまったので心配していましたが
姫路はほぼ今のまま残ることになりそうです。よかったです。
高架化記念弁当…出してくれたら嬉しいですね。
--------------------------------------------------------------------------------

2006年1月の記事  最新の記事  2006年4月の記事


最初のページ更新履歴当サイトのご案内です駅弁をお探しの方はこちらへ掲示板です
駅弁に関する話題駅弁についての読み物ですリンク集ですご意見・お問い合わせはこちらへ